眉毛上隆起とは、

 

眉毛のあたりの前頭骨の隆起部分(骨のでっぱり)です。

 

でっぱりが大きいと

 

いかつい感じになります。

 

ゴリラみないな感じを想像させます。

 

男性の性的特徴でもあります。

 

これが発達している女性は、

 

この眉毛上隆起の改善を希望し美容外科を訪れます。

 

治療方法は、

 

後頭部あたりを切開する冠状切開から

 

頭蓋骨の骨膜下に剥離を前方に進め、

 

目の上の骨をすべて露出させます。

 

こうしておいて、

 

ドリルで骨を削ってひっこめます。

 

重症の人は、

 

前頭洞という副鼻腔を開窓します。

 

その上で前頭洞の骨、中隔をドリルで削ってひっこめ、

 

前壁を再固定します。

 

全身麻酔で手術は行います。

 

およそ3時間くらいで終了です。

 

女性らしい丸みのある輪郭が得られ、

 

いかつい感じが解消します。

 

傷は後頭部のみで、

 

髪の毛でカバーでき目立ちにくいといえます。

 

顔には一切傷は残りません。

 

眉毛上隆起の外側部分のみの改善でよければ、

 

後頭部を切ってアプローチしなくても、

 

眉毛の下を切ってドリルで骨を削ることができます。

 

輪郭を変える骨削り、骨きりの手術は、

 

術前、術後の形態変化が大きな手術ですね。

 

 


Author 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

More posts by 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

© 2017 Primo All rights reserved.