胸部には内側、外側に

肋間神経の枝である内側皮枝、外側皮枝があります。

これらの神経を損傷しないよう注意を払って

プロテーゼを入れるポケットを作成します。

内側皮枝は胸部正中から約1.5cmのところから出てくるとされています。

外側皮枝は中腋窩線というラインを目安に現れます。

これらのラインを術前にマーキングし、

術中このラインを越えて剥離腔を作らないよう注意が必要です。

でもときどき感覚神経はいいので、

でっかいプロテーゼを入れて欲しいという注文があるのも事実です・・・。

こだわり、諸事情などある場合仕方ありません。

それでもできるだけ神経を守りながら、

大きなプロテーゼを入れています。

なかなか大変な手術になります。

プリモ麻布十番クリニック

http://www.primo-clinic.jp/bust/bust_01/


Author 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

More posts by 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

Leave a Reply

© 2017 Primo All rights reserved.