バストの解剖は、

 

皮膚の下に薄い皮下脂肪組織があり、

 

その下に乳腺があります。

 

乳腺の下に大胸筋という大きな筋肉があり、

 

その下が肋骨です。

 

脂肪をできるだけ生着させるため、

 

血行の良い組織を狙って入れることが大切です。

 

まとめて入れると脂肪が壊死してしこりとなりますので、

 

できるだけ細かく丁寧に注入するとこもとても大切です。

 

 

 

 

 

 

目標は1カップアップです。

 

なかには1度で2-3カップアップしたという患者さまもいらっしゃって、

 

どんなメンテナンスでそこまで残したのかこちらが是非伺いたいといった方も存在します。

栄養と安静でしょうか。

脂肪注入によるバストアップ


Author 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

More posts by 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

© 2017 Primo All rights reserved.