バストのプロテーゼの入れ替えは剥離器具も大切です

プロテーゼによる豊胸術の後、

 

位置の異常や、

 

被膜拘縮

 

破損などで入れ替えが必要な場合があります。

 

こういった手術は一筋縄でいかない場合が多く、

 

術前の状態の正確な診断が大切です。

 

手術も解剖を正確に把握し、

 

丁寧な手術操作が必要です。

 

トラブルによっては、

 

プロテーゼを入れる層の変更が必要であったり、

 

それが難しく、

 

既存の被膜を破ってポケットを広げたりすることもあります。

 

乳房下溝を切開して行うとより安全で確実な手術になりますが、

 

その部分を切りたくない方が多いので、

 

難しい腋窩からの修正を選択することが多いのが実情です。

 

入っていたプロテーゼにより

 

肋骨にプロテーゼの型がついていたり、

 

硬い被膜により前のプロテーゼの形が浮きでたりすることもあります。

 

このような場合、ポケットを新しく作成する道具である剥離子も、

 

ハート型のモノや、先のやや尖ったモノといったやや特殊な形のモノが

 

脇からの操作では、私は使いやすいと思い愛用しております。

 

 

 

プリモ麻布十番クリニック

 

/bust/bust_04/

 


Author 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

More posts by 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

Leave a Reply

© 2017 Primo All rights reserved.