豊胸術の際にプロテーゼのサイズを決めるのは、

 

患者さん本人にとってはとても大切な事柄ですね。

 

折角やるんだったら大きな方がいい、

 

という考え方は心情的に理解できます。

 

しかし、何事もやりすぎはダメで、

 

大きければ大きいほど良いというものでもありません。

 

大きなプロテーゼを選びすぎると、

 

upper pole fullnessといって、

 

鳩胸のように、

 

バストの上半分が盛り上がって見えてしまいます。汗

 

これはアナトミカルタイプのバックを選んでも、

 

起こってしまうんですね。

 

解決法は、

 

術中にご自分でサイズを確認し、

 

試着する感覚で選ぶやり方です。

 

この方法なら、

 

自分のボディーイメージに最適なサイズを、

 

確実に選ぶことができます。ビックリマーク

 

折角やるのなら、

 

自分で選んだほうがいい、

 

が正解ではないでしょうか。(o^-‘)b

 


Author 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

More posts by 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

Leave a Reply

© 2017 Primo All rights reserved.