鼻プロテーゼ抜去についてのよくある質問と回答

Question
7年前に入れたプロテーゼを
抜去する場合について教えてください。
手術するまえの元の鼻と、
全く同じに綺麗にもどることは可能なのでしょうか?
変形やその他リスクを詳しく教えてください
Answer
プロテーゼを抜去する方法は、
鼻腔内の7-8mmほどの小切開から行います。
抜去することで手術する前の鼻と
ほとんど同じ形に戻ることが多いと思われますが、
入れているプロテーゼによっては鼻骨に変形を残したり、
L型のプロテーゼを入れている場合、
鼻先の軟骨を、
入れる手術の際に切ってしまっていたり、
L型プロテーゼにより鼻先の軟骨を
押し潰してしまうことによる
軟骨の変形が残ることが見られます。
鼻先が上を向いてしまい、
鼻の穴が正面から見えやすくなることもしばしばです。
こういった場合、
軽微な変形ならそのまま放置する方が多いですが、
変形が高度の場合は修正術が必要となることもあります。
修正手術は自分の軟骨を用いた
鼻中隔延長術によって改善を図ります。
L型プロテーゼは長く入れれば入れるほど、
そういった変形のリスクも高くなってしまいます。
抜去を行い、ヒアルロン酸の同時注入などで
変化をmildにすることもあります。
ご不明な点などございましたら遠慮なくお問い合わせください。
プリモ麻布十番クリニック
鼻プロテーゼ抜去術

モニター患者さま募集中です!


Author 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

More posts by 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

Leave a Reply

© 2017 Primo All rights reserved.