豊胸術を行う際、

 

プロテーゼを入れるルートは、

 

脇から、

 

乳房下溝(バストのアンダーの位置)から、

 

そして、乳輪周囲からが代表的です。

 

乳房下溝から入れる方法は、

 

欧米ではスタンダードです。

 

手術操作が確実で、

 

術者からするとやりやすい方法です。

 

白人は傷がとても綺麗に治りますので、

 

そこから入れてもあまり目立ちません。

 

我々黄色人種は、

 

傷がやや目立つ傾向があり、

 

東アジア(中国、韓国、日本)では、

 

傷の目立たない脇からが多いようです。

 

ただ操作がブラインドになるため、

 

上手く行うには熟練が必要です。

 

この脇の傷も、

 

プロテーゼの種類によって、

 

多少長さが変わりますが、

 

現在主流のコヒーシヴシリコンプロテーゼでは、

 

通常3-4cmの長さが必要です。

 

脇の傷も体に近い位置を切ると、

 

手術操作は少しやり易くなります。

 

但し、やや目立つ場所に出てきてしまいます。

 

脇の一番深いところのシワに沿って、

 

腋毛の生えている範囲内で、

 

切開するのが一番目立ちにくく、

 

リンパの流れも妨げないと言われています。

 


Author 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

More posts by 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

Leave a Reply

© 2017 Primo All rights reserved.