被膜拘縮について |豊胸・バストアップ | プリモ麻布十番クリニック

豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン)の解説コラム

術後、バストが硬くなる

被膜拘縮について

被膜拘縮カプセル拘縮)はプロテーゼを用いた豊胸術において最も注意が必要な合併症のひとつです。

発生原因

感染血腫、漿液腫などがいわれております。スムースタイプのプロテーゼ、乳腺下に入れる豊胸術で多いとされています。

1. テクスチャードタイプのプロテーゼを採用

テクスチャードタイプのプロテーゼは被膜拘縮の発生率を下げるために開発された膜構造で、インプラントの表面積が広くなっており、表面に形成される被膜線維の走行も不規則と なることで被膜拘縮を予防しているとされています。

2. 被膜拘縮予防のための内服薬服用(3ヶ月)

被膜拘縮はプロテーゼ周囲に形成された被膜の線維が収縮することで発生します。この被膜が厚ければ厚いほど収縮したときに硬くなってしまいます。また被膜は手術の際の炎症反応が大きければ大きいほど厚く強くなってしまいますので、この炎症反応をいかに小さく抑えるかが大切なポイントになります。この炎症を抑える内服薬にロイコトリエン阻害剤であるアコレート、TGFβ阻害剤であるトラニラストというお薬の有効性が海外の論文で報告されております。

当院では炎症反応のおさまる手術後3ヶ月まで、これらの内服薬を処方しており、被膜拘縮の予防を図っております。

3. 高周波温熱療法

高周波温熱療法(CET)による深部加温で、細胞の活性化や、組織の代謝が上昇します。 同時に施術部位の血流、リンパ流を促進させる効果があり、早期の炎症鎮静化を促します。

手術中の予防策

炎症反応を最小限に抑えるためには、迅速かつ丁寧な手術操作を常におこなうことが必要です。

細菌感染防止の観点から、当院の手術中の予防策として、術前からの抗生剤点滴、プロテーゼ挿入前の手術野の再消毒、術者、助手の手袋交換を行います。さらにプロテーゼ挿入後の生理食塩水によるポケット内洗浄、抗生剤加生理食塩水注入をおこなっております。血腫予防として正確かつ丁寧な剥離操作によるポケット作成、生理食塩水洗浄による血腫除去、止血剤ポケット内注入、ドレーン留置などの対策を全症例におこなっております。

インプラントを入れる層について

当院では乳腺下法は用いず大胸筋筋膜下法または大胸筋下法を採用しております。

乳腺下の豊胸術に被膜拘縮が多い原因として推測されているのは、正常乳腺に存在する常在細菌の存在です。乳腺組織に直接接する乳腺下法では、経乳腺的にプロテーゼが細菌感染をきたし被膜拘縮が発生する可能性が報告されています。大胸筋筋膜は非常に薄い膜ですが、特に上半分はしっかりとしていて確実な剥離層を安定して作成することが可能です。乳腺組織との遮断、あるいは接触面積の減少が被膜拘縮発生率の低下につながると考えております。

ドクターが答える深掘りQ&A

高周波温熱療法(CET)はどれくらいの頻度で受ければ効果的でしょうか

CETは術後の痛みや炎症を抑えるという意味でも術後3か月以内に受けていただくことをおすすめしています。術後2週間で行う初回は無料サービスとなり、その後は週2回から2週間に1回程度のペースで受けていただくことが多い様です。

ただ、CETを受けないことで悪化するというわけではありません。内出血や痛みが早くおさまるなど、回復が早くなるということなので、余裕がある場合に受けていただくようおすすめてしています。

CETは医療機関で肌質の改善や部分痩せ施術としても行われている高周波医療機器です。深部加温から血行を促進し、創傷治癒を促し、内出血や腫れなどを早期に消退させる機械です。体の中からじんわりと温めてくれ、とても気持ちがいいとご好評いただいています。

被膜拘縮になってしまうと、見た目、感触にも違和感がでるのでしょうか。放っておくと、再手術も必要になってきますか

体の防御反応によってできる被膜は、それ自体が薄い場合、見た目や手触りなどに不具合は見られません。

約4%の割合で起こると言われている重症の被膜拘縮(厚く形成された被膜によりバストが変形をきたす状態)は見た目も不自然に丸く、まるでボールが入っているように変形してしまい、違和感があります。感触もかなり硬くなります。

被膜拘縮の改善はプロテーゼを挿入したときの切開部からアプローチし、被膜を切開しポケットを拡大したり、プロテーゼを別の層に入れ替えるなどの修正術で対応しています。

被膜拘縮以外に、考えられる合併症はありますか

被膜拘縮以外の合併症として考えられるのは、プロテーゼの位置異常、感覚の麻痺や鈍麻といった知覚異常、感染症、切開した傷口がきれいに治らないといったことなどが考えられます。

感染症が起こってしまった場合、いったんプロテーゼを抜去する必要があります。当院では最大限の予防をしておりますので、開院以来豊胸術において感染症が起きたことはございません。

プロテーゼが入ることによる膜の形成なので、被膜拘縮はプロテーゼ豊胸に特有の合併症ということでしょうか

バストが硬くなる被膜拘縮はプロテーゼの周りにできた被膜(カプセルのようなもの)の繊維が収縮し、締め付けられることで起こります。

プロテーゼは体にとっては異物でしかありません。そのため体は被膜を作って自らを守ろうとします。人体がもつ自然な防御反応なので、プロテーゼを用いれば必ずどんな方にもどんな場所にも被膜は形成されます。

被膜拘縮は異物に対する防御反応であるため、もともと体にある成分である脂肪注入でも、脂肪の壊死や変性などによってしこりとして発生したり、ヒアルロン酸注入による豊胸でも起こることがあります。

開院以来、たくさんの豊胸術症例があると思いますが、術後の重症の被膜拘縮の報告はないということですが、術中、多少時間はかかっても注意に注意を重ねているということですね

シリコンプロテーゼによる豊胸術の最大のデメリットともいえる被膜拘縮が起こる原因はいくつかありますが、その原因をひとつひとつ取り除いていくことが、被膜拘縮が起こるリスクを下げるための方法だと思っています。

例えば、プロテーゼを入れる際に術野を再消毒する、全員手袋を履き替える、細菌の混入を防ぐためプロテーゼが皮膚に触れないようにする、挿入時には抗菌剤を混ぜたゼリーで滑りをよくする、トラニラスト、CET……こうしたすべてのプロセスが被膜拘縮を防ぐことにつながっていると考えます。

ラウンド型、アナトミカル型で被膜拘縮のできやすさに差はありますか

プロテーゼの形によって被膜拘縮が起こりやすいということは無いと思います。プロテーゼそのものにおいて被膜拘縮に影響するのはスムースタイプかテクスチャードタイプかという表面加工の問題ではあると思います。

被膜拘縮がひどい状態の修正手術も行っていますか

被膜拘縮の修正手術ももちろん対応しています。腋から入れ替えができない場合、乳房下溝(アンダーバストのライン)を切開して、状態を把握し、被膜を切開するか、層を変えて入れ替えるかなどの判断をします。

なかにはバストがカチカチになって被膜を破る際になかなか簡単ではないケースもあります。

通常、当院でのプロテーゼによる豊胸術は2時間程度ですが、入れ替えの場合、抜去、洗浄などの工程がありますので、全身麻酔で3~4時間程度かけて丁寧な手術を行っています。

カチカチだったバストの方が当院で修正手術を受け、その後も経過観察に来ていただいていますが、モニターで行った方などは3年半以上経った現在でも、柔らかいバストをキープしていらっしゃいます。私のブログでも紹介していますので、是非ご覧ください。

たとえばプロテーゼを入れて、数年単位で、定期的に検査(乳がん、位置ズレやバッグの破損などのチェック)をしたほうがベターなのでしょうか

30歳以上の方には年1回エコーで乳がん検査を受けていただくことをおすすめしています。

20代の方が毎年、エコーでバッグの位置を確認する必要はないと思いますが、30代以降はやはり乳がんの検査を受けていただいた方がいいと思います。

シリコンバッグを入れていても検査が受けられるクリニックをご案内していますので、ご希望の方はご相談ください。

 

被膜拘縮は一般的にどれくらいの割合で起こりますか? また術後に起きやすい期間はありますか?

見た目がボールのようになって変形してしまうような重度の被膜拘縮が起こる割合は一般的に20人に1人程度と言われています。被膜拘縮と分かってくる期間は術後1年以内が多いかと思います。

術後3か月は拘縮予防のための薬(TGF-betaブロッカー)をしっかりと服用する、高周波温熱療法(CET)をうけていただくことで被膜拘縮の発生を最小限に抑えるようにしています。

被膜拘縮はそのままにしていて、治ったりなくなったりすることはありますか

被膜拘縮は悪化することはあっても、そのまま放置しておいて治ったりなくなったりすることはありません。

放置しておくと、バストの中にボールが入っているような不自然な見た目となり、感触もカチカチになってしまいます。そのような状態になった場合、シリコンプロテーゼの抜去、入れ替えをするなどして対処することになります。

豊胸・バスト整形 最新情報

2020年3月12日 in 豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン)

BX シリコンプロテーゼによる豊胸術後1ヶ月の経過写真

手術前の正面です。 バストを大きくしたいというご要望から、 ... Read More
2020年2月22日 in 豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン)

BX シリコンプロテーゼによる豊胸術後2週間の経過写真

手術前の正面です。 バストを大きくしたいというご要望から、 ... Read More
2020年2月14日 in 豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン)

BX シリコンプロテーゼによる豊胸術後1週間の経過写真

手術前の正面です。 バストを大きくしたいというご要望から、 ... Read More

© 2018 Primo All rights reserved.

メールで相談 カウンセリング予約 0120-062-069