豊胸術における麻酔について|豊胸・バストアップ | プリモ麻布十番クリニック

豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン)の解説コラム

豊胸術における麻酔について

当院では硬膜外麻酔、静脈麻酔の併用により行います。

麻酔について

当院では硬膜外麻酔、静脈麻酔の併用により行います。手術中の確認が可能になります。

静脈麻酔

点滴を静脈にとり、そこから麻酔剤を投与し痛みを無くし、眠った状態を維持することができます。局所 麻酔などと併用しながら施術を行います。覚醒のよい麻酔剤を用いておりますので、途中起きる際も短時 間でしっかりと選べる状況になります。手術終了後からご帰宅までの時間もそれほど長くかかりません。

硬膜外麻酔

背骨の隙間から局所麻酔剤を投与し脊髄神経を強力にブロックする方法です。豊胸術の際に有効な麻酔方法です。この麻酔方法を用いることで、豊胸術では術中に痛みなく覚醒でき、ご自身でサイズを選ぶことが可能となります。追加投与ができるので、術後の痛みを緩和するのにも大変有効な麻酔方法です。

全身麻酔

麻酔ガスを呼吸することで、痛み、意識をとる方法です。気道をしっかりと確保し、安全に手術を遂行するための麻酔方法です。施術内容にもよりますが、麻酔薬を低濃度で維持するため、回復が早く、豊胸術の場合、基本的に入院の必要はありません。

ドクターが答える深掘りQ&A

術中バストの確認以外は、まったくの無痛で終わりたいです。その場合は全身麻酔がよいのでしょうか

当院ではマンマリーサイザーを使ってバストのサイズ確認をしていただくため、局所麻酔である硬膜外麻酔と意識を取り眠ったような状態にするための静脈麻酔を併用しています。この組み合わせで、術中に起きた際にも痛みを感じることはありません。

全身麻酔は手術中を通じ痛みとともに意識もなくなってしまうため、サイズ確認をしていただくことができなくなってしまいます。硬膜外麻酔と静脈麻酔を併用すれば、途中静脈麻酔のみを止めることで意識が復活し、サイズを確認することができます。その際痛みを感じることはありませんので、ご安心ください。

 

硬膜外麻酔は背中から注入するとのことですが、入れるときに痛みはないのでしょうか

当院ではまず、硬膜外麻酔を行う前に、強力な鎮痛効果のある静脈麻酔を完全に意識を失わない程度に用います。

そしてまず、細い針を使って局所麻酔を刺入部に入れていきます。その後、局所麻酔がしっかりと効いてから硬膜外麻酔チューブを入れていきます。そのため、麻酔時にも痛みを感じることは少ないと思います。。

直後は麻酔が効いているので、痛みは薄いと思いますが、帰宅してからが不安です。麻酔が切れてからの痛みはどれくらいでしょうか

当院では、術後の痛みのコントロールもしっかり行っています。硬膜外麻酔が切れてくると、当然痛みを感じるようになりますが、同時に強力な鎮痛剤も併用していますので、身動きできないような痛みが出ることはないと思います。これまで「痛みで動けない」「次の日、起き上がれない」という方はいらっしゃらないようです。

手術後、血液や浸出液を体外に出すためのドレーン(管)を入れていますが、当院では手術翌日にこのドレーンのチェックをするために来院していただいています。その際も皆さん問題なく元気に来られているので安心してください。また手術後3日目くらいまで、ご来院いただいた折角の機会なので、感染予防のために強力な抗生物質点滴を無料で投与しています。

術後、全身麻酔等が切れても気分が優れない場合、クリニックに1泊することもできるのでしょうか

当院では全身麻酔下での豊胸術もしばしば行っていますが、術後リカバリールームで十分に休んでいただきますので、これまで入院が必要になった方は一人もおられません。多少気分が悪くなることはありますが、吐き気止めなどを使用するなどして対処しています。

各種麻酔で気分が悪くなったときも同様ですが、これまで帰宅できないというほど具合が悪くなった方はいらっしゃいません。ただ遠方の方には術後通院のこともありますので、近くのホテルをとっていただくようにしています。

各種麻酔で、気分が悪くなったりということはありますか

当院の麻酔には気分が悪くならないような配慮や、薬剤の選択がなされています。術後の気分不良は多くはありません。万一麻酔で気分が悪くなった場合には、しっかりとリカバリールームで休んでいただき、必要な処方、処置で対応しております。

豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン) 料金

豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン)   ¥700,000

※価格は全て税別です。

術後経過・リスク・副作用・合併症

起こり得る可能性のあることを列挙しております。

当院ではこれらの症状を起こさないよう、それぞれについてしっかりと対策をとり、細心の注意を払い施術を行っております。

万一症状が起きた場合にも対処法をご用意しております。症状の改善を図るよう全力で診療を行います。

術後経過について

手術後およそ2〜3週間で引きます。当院では高周波温熱療法(CET)を行うことで腫れ、内出血の消退を早める対策をおこなっております。

術後の痛み
筋肉痛の様な痛みは出現しますので、強力な鎮痛剤を使用いたします。プロテーゼを大胸筋下に入れた場合、筋膜下に比べて痛みがやや強くでますが、デスクワークなどは術後2〜3日より復帰可能です。腕をよく使う仕事の方は1週間程度お休みがあると安心です。
皮膚のツッパリ感、テカリ
皮膚に余裕がない方、あるいは非常に大きなプロテーゼを選択した方は、皮膚がのばされるため突っ張る感じやテカリが生じることがあります。時間の経過とともに緩和する症状です。
脇の可動域制限
脇の下からプロテーゼを入れる場合、脇の可動域が制限されます。術後から伸展、回旋運動をおこないます。これにより徐々に元通りの可動域に戻ります。
バストや上腕のしびれ、知覚低下
術後に出現することがあります。時間の経過とともに改善してまいります。
脇の創の赤み、盛り上がり
赤みは2〜3か月の経過で落ち着いていきます。吸収性糸の縫合による盛り上がりは術後6か月前後で平らになってまいります。

リスク・副作用・合併症について

術後2週間程は動く可能性がありますので、その間バストバンドをしていただいております。一度落ち着いたプロテーゼが動いたり、ずれたりすることはありません。位置異常が発生した場合は、外科的に治療が必要となることがあります。

被膜拘縮
被膜拘縮の原因は感染、血腫、漿液腫などが言われております。被膜拘縮が発生すると硬く感じる、位置異常が生じるなどがあります。治療はプロテーゼの被膜を拡大する方法、プロテーゼの層を入れ替える方法などがあります。
リップリング、プロテーゼの輪郭がわかる
皮下脂肪が薄い方、もともとの乳腺が小さい方で発生することがあります。発生した場合、ヒアルロン酸注入などで改善を図ることができます。
感染
感染が起きた場合、プロテーゼの抜去が必要となります。経過を見ながら落ち着いたら再挿入が可能です。
プロテーゼの破損
プロテーゼが破損した場合、摘出、入れ替えが必要となります。
大きさが気に入らなくなった
入れ替えを行い対応します。当院では手術中にご自身でおこなうサイズチェックを行っており、大きさに対するイメージ違いは皆無となりました。
知覚異常
肋間神経外側皮枝、内側皮枝、上腕皮神経などを損傷すると、知覚異常が生じることがあります。大きなサイズのプロテーゼを選択するとリスクは高くなります。
左右差
もともと左右差が大きい場合は、左右でサイズの違うプロテーゼを選択します。もともとの微妙な大きさの左右差、乳頭位置の左右差、胸郭の左右差などは調節が難しい場合があります。プロテーゼを左右同じサイズで豊胸した場合、元の左右差は残ります。
豊胸術後の形の不満
もともとの乳腺の大きさがいびつであったり、下半分にボリュームが不足していたり、乳輪、乳頭が変形している場合、希望の形に豊胸できない場合があります。

豊胸・バスト整形 最新情報

2020年3月12日 in 豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン)

BX シリコンプロテーゼによる豊胸術後1ヶ月の経過写真

手術前の正面です。 バストを大きくしたいというご要望から、 ... Read More
2020年2月22日 in 豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン)

BX シリコンプロテーゼによる豊胸術後2週間の経過写真

手術前の正面です。 バストを大きくしたいというご要望から、 ... Read More
2020年2月14日 in 豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン)

BX シリコンプロテーゼによる豊胸術後1週間の経過写真

手術前の正面です。 バストを大きくしたいというご要望から、 ... Read More

© 2018 Primo All rights reserved.

メールで相談 カウンセリング予約 0120-062-069