目の外側を切開して広げる手術。
目を横方向に大きくし、切れ長の目にする。上下方向にも多少広がる。
切開できる範囲は個人差があり、人によっては十分な効果が得られないこともある。また、瘢痕拘縮が原因で後戻りが生じる可能性がある。
下眼瞼拡大術(たれ目形成術)を併用することで、目尻を下方に拡大し、より大きく印象的になる。後戻りの可能性も小さくなる。


Author 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

More posts by 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

© 2018 Primo All rights reserved.