シルエットリフト エイジングケア | プリモ麻布十番クリニック

診療のご案内

シルエットリフト

頬・ほうれい線・マリオネットライン・首の若返り・強力な糸を用い、しっかりと引き上げます

糸を用いてタルミをリフトアップさせる方法の中でも、最も強力に引き上げる、効果の大きな方法がシルエットリフトです。

シルエットリフトの糸は、従来のトゲのある糸とは異なり、トゲの代わりにコーンと言われる円錐形の突起物が糸についています。このコーンが皮下組織に引っかかりリフトアップする際の固定源となります。

シルエットリフトの効果が出やすい場所としては、頬からアゴにかけて全体に引けるため、法令線やマリオネットラインといった口の周囲に形成される深いしわ、頬、首のタルミの改善に効果的です。



効果の持続期間も、従来の糸では半年から1年程度といわれていますが、シルエットリフトの効果は2〜3年持続することが認められています。

シルエットリフト 方法

静脈麻酔下に手術を行います。側頭部の髪の中に約1.5cmほどの切開をおこない、そこから、頬あるいは頚部に専用の針を用いて糸を通していきます。

左右それぞれ2〜4本通して引き上げます。側頭部の深側頭筋膜に糸を固定し、皮膚を縫合して終了です。

シルエットリフト 症例写真

F スレッドリフト 症例経過写真

F スレッドリフト 症例経過写真

術前は他院で3回スレッドリフトを受けていらっしゃいました。 マリオネットラインを改善する目的で当院でスレッドリフトを行いました。 ミニリフトも併用しています。

費用(税込、麻酔代別)
スレッドリフト 1本¥33,000~82,500
リスク・副作用(起こり得る可能性のあること)
腫れ、内出血、違和感、糸の露出、肌の凹凸、左右差

シルエットリフトの処置期間・アフターケア

《手術当日》

患部の状態

耳上3~5㎝の側頭部と耳の辺縁に傷があります。痛みはほとんどありませんが、押さえると軽い圧痛が数日続きます。術直後~1か月程度は大きく口を開けたり笑うときに、つっぱり感や違和感があります。腫れは1~3日程度ありますが、大きく腫れることはありません。糸を通した部分に内出血が出現することがあります。個人差はありますが、通常1~2週間で消失していきます。静脈麻酔で手術された方は、麻酔の影響により、のどが痛くなることがあります。通常数日で改善します。糸を使ったリフトでは、限られたポイントを引き上げるので、強く引き上げると皮膚に凹みが生じる場合がございます。

術後処置・アフターケア

手術当日、帰宅直前に医師による診察があります。抗生剤(細菌感染予防のため)・鎮痛剤・胃薬(鎮痛剤などによる副作用を抑制するため)を内服していただきます。

日常生活

手術後は安静が必要です。就寝時はクッション等を用いて上半身を高くしてお休みください。横向きでの就寝は創部に過度なストレスがかかりますのでご注意ください。シャワー浴・洗顔は当日から、メイクは翌日から可能です。傷の赤みなどが気になる場合は、医療用コンシーラーのご用意がありますのでご相談ください。押さえると軽い圧痛がありますので、数日は強いマッサージなどはお控えください。手術直後から軽めの運動は可能ですが、激しい運動は1週間ほどお控えください。側頭筋の筋膜に糸を引き上げ固定しますので、2~3週間食事の際に違和感が生じることがありますが、自然に軽快いたします。飲酒・喫煙は1週間程度お控えください。

《7日目》【耳の辺縁の抜糸のためご来院】

患部の状態

傷跡に赤みがあります。個人差がありますが通常1~2か月は赤みが続き、6か月程度で白く変化していきます。糸を使ったリフトでは、限られたポイントを引き上げるので、強く引き上げると皮膚に凹みが生じる場合がございます。大きく口を開けたり、笑うなどした際につっぱり感や違和感があります。糸を通した部分に内出血が出現することがあります。個人差はありますが、通常1~2週間で自然に吸収されます。軽い浮腫みがありますが徐々に落ち着いていきます。仕上がりは3か月程度です。

術後処置・アフターケア

医師による診察があります。

縫合部位の抜糸を行います。

日常生活

術後7日目以降入浴が可能になります。抜糸したばかりなので傷口は強くこすらないようにして下さい。かさぶたがつくことがありますが無理にはがさないでください。傷の赤みなどが気になる場合は、医療用コンシーラーのご用意がありますのでご相談ください。うつ伏せ、横向きでの就寝は創部に過度なストレスがかかりますのでお控えください。手術直後から軽めの運動は可能ですが、激しい運動は1週間ほどお控えください。押さえると強い圧痛がありますので、数日は強いマッサージなどはお控えください。

《2週間目》【頭髪部の抜糸のためご来院】

患部の状態

傷跡に赤みがあります。赤みは個人差がありますが通常1~2か月続き、6か月程度で白く変化していきます。腫れや内出血はおおよそ引いてきます。軽い浮腫みはありますが、徐々に落ち着いていきます。糸を使ったリフトでは、限られたポイントを引き上げるので、強く引き上げると皮膚に凹みが生じる場合がございます。仕上がりは約3か月です。

術後処置・アフターケア

医師による診察があります。

縫合部位の抜糸を行います。

日常生活

傷の赤みが気になる場合は医療用コンシーラーのご用意がありますのでご相談ください。うつ伏せ、横向きでの就寝は創部に過度なストレスがかかりますのでお控えください。術直後~1か月程度は大きく口を開けたり笑うときに、つっぱり感や違和感があります。

《1~3ヶ月》【検診のためご来院】

患部の状態

徐々に完成に近づきますが、まだ若干の浮腫みや腫れがございます。

傷跡の赤み、盛り上がりは個人差がありますが、通常約6か月以内に落ち着きます。

傷口辺りの硬さが徐々に落ち着いてきます。

術後処置・アフターケア

医師による診察があります。

術後処置はございません。

日常生活

うつ伏せ、横向きでの就寝は創部に過度なストレスがかかりますのでお控えください。お顔のマッサージは可能になります。

《6ヶ月》【検診のためご来院】

患部の状態

違和感はほぼなくなり完成となります。

術後処置・アフターケア

医師による診察があります。

術後処置はございません。

日常生活

日常生活に制限はございません。

シルエットリフト Q&A

術後は痛いですか?

痛みはほとんどありませんが、念のため鎮痛剤を処方しております。押さえると軽い圧痛が数日ありますので、あまり強いフェイスマッサージなどはお控えください。側頭筋の筋膜に糸を引き上げ固定しますので、2-3週間食事の際に違和感が生じることがありますが、自然に軽快いたします。

運動はいつからできますか?

直後から軽めの運動OKです。激しい運動は念のため1週間ほど控えていただいております。

入れた糸が動いたり、ずれたりしないですか?

刺入した糸が動いたり、ずれたりすることはありません。浅い所にひっかかるとはじめくぼみとなる事がありますが、数週間で徐々に改善するのを待つか、ポイントマッサージを行いひっかかりを解除する方法があります。

手術は痛いですか?

基本的に静脈麻酔で行っておりますので、術中痛みを感じることはありません。ご希望により局所麻酔でも施術可能です。当院の局所麻酔は、痛みを最小限とする極細針を使用し、場所に応じ持続時間の長い麻酔剤を使用するなど痛みを和らげる様々な工夫をいたしております。

傷は目立ちますか?

糸を通した針穴が初めのうち多少赤みがありますが数日で目立たなく治癒します。翌日からメイクが可能になります。側頭部は髪の中なので傷はほとんどわからなく治癒します。

施術後腫れますか?

腫れは1-3日少しむくんだ程度出現いたします。大きく腫れることはありません。

本数の目安を教えてください。

頬全体を引き上げる場合、片側で、法令線の改善に2本、マリオネットライン改善に2本、合計4本入れると効果的です。気になるポイントのみ引き上げる場合は、気になるところの周辺に片側2本ずつ施術します。

シルエットリフト 料金

シルエットリフト(1本)   ¥ 82,500

※価格は全て税込です。

シルエットリフト 術後経過・リスク・副作用・合併症

起こり得る可能性のあることを列挙しております。
当院ではこれらの症状を起こさないよう、それぞれについてしっかりと対策をとり、細心の注意を払い施術を行っております。
万一症状が起きた場合にも対処法をご用意しております。症状の改善を図るよう全力で診療を行います。

術後経過について

手術後の腫れ
手術後およそ7〜10日で大きな腫れは引いていきます。
手術後の内出血
糸を通した部分に内出血が出現することがあります。1〜2週間で消失していきます。
違和感
鈍い痛み、違和感を生じることがあります。時間の経過とともに緩和していきます。
傷跡
シルエットリフトの場合、耳介上部被髪部およびもみあげ付近に傷が残ります。数か月は赤みがあり、6か月程度で白く変化していきます。

リスク・副作用・合併症について

糸の露出
挿入した糸が皮膚の表に出てくることがあります。その場合は表に出た部分の糸をカットして中に埋める処置をします。
肌の凹凸が気になる
糸を使ったリフトでは、限られたポイントを引き上げることになるので、強く引き上げると、皮膚に凹みが生じます。深い凹みが目立つ場合は、へこんだ部分の皮膚を引っ張って糸の引掛りを外すことで凹みを修復することができます。術後早い時期に引掛りを緩めてしまいますと、リフト効果が減ってしまう可能性があります。
感染
埋め込んだ糸が感染を起こすことがあります。抗生剤投与、必要に応じて糸の除去などの処置を行います。
左右差
人の身体は元々左右差があるため、完全な左右対象は困難です。また、タルミを引き上げる量には限界があります。手術で修正可能な場合、修正手術を行います。
手術の効果が少ない
糸のリフトは強く引き上げることで、皮膚に凹凸が生じたり、余った皮膚が盛り上がったりする可能性があります。また糸の本数が少ないとリフト効果が少ないと感じることがあります。その場合は、糸の追加挿入をお勧めいたします。糸での引上げには限界があるので、より強い効果をご希望の場合は外科的フェイスリフトをお勧めいたします。

監修医師

当院の形成外科専門医による監修のもと、医療広告ガイドラインに準じて、WEBサイトを運営しております。

大場教弘 理事長/院長

資格・所属学会

医学博士

日本形成外科学会認定 形成外科専門医

日本美容外科学会認定 美容外科専門医(JSAPS

日本美容外科学会認定 美容外科専門医(JSAS

厚生労働省麻酔科標榜医

国際美容外科学会(ISAPS)正会員

アメリカ形成外科学会(ASPS)国際会員

頭蓋骨顔面外科学会会員

日本レーザー医学会会員

経歴

1996年 大阪市立大学医学部卒業

1996年〜1999年 大阪市立大学医学部付属病院 形成外科

1999年〜2003年 大阪市立大学大学院医学研究科

2003年〜2005年 大阪市立大学医学部付属病院 形成外科

佐野記念病院 形成外科(非常勤)

大東中央病院 形成外科(非常勤)

2005年〜2008年 リッツ美容外科 東京院

2009年〜 プリモ麻布十番クリニック

2011年 医療法人社団プリモ 理事長

2020年 神戸大学医学部附属病院 美容外科 非常勤講師

神戸大学医学部附属病院 美容外科

2020年〜 プリモ麻布十番クリニック 理事長、院長兼務

© 2018 Primo All rights reserved.

メールで相談 カウンセリング予約 公式LINE 0120-062-069