診療のご案内

耳垂縮小術

大きな耳垂を小さくしたい

耳垂(みみたぶ)が大きすぎる場合、小さくする目的で耳垂縮小術をおこないます。

耳垂縮小術 方法

局所麻酔下あるいは静脈麻酔下に耳垂基部で余剰組織を切除します。
縫合は中縫いを極細吸収糸で形成外科的に丁寧に行います。所要時間は片側約30分です。

耳垂縮小術 症例写真

A-耳垂縮小術 症例経過写真

28歳男性

耳垂縮小術 Q&A

傷は目立ちますか?

手術後1~3か月間は術後の炎症による赤みや硬さがありますが、落ち着けば目立つことはあまりないところです。赤みの続く体質の方には術後検診で適切な治療をさせていただきます(無料)。

術後はどのくらいから化粧ができますか?

手術部位以外は当日からメイクOKです。通常術後5日目に抜糸を行います。抜糸翌日から耳垂のメイクもOKとなります(コンシーラーをご用意しております)。

腫れはどのくらい続きますか?

通常、1週間前後でほとんど腫れは解消します。

術後痛いですか?

術後の痛みはほとんどありません。念のため軽い鎮痛消炎剤を服用いただきます。

手術中は痛いですか?手術時間はどのくらいですか?

手術は静脈麻酔を用い、意識、痛みのない状態でおこないます。ご希望により局所麻酔でおこないます。手術時間はおよそ30分です。

耳垂縮小術 料金

耳垂縮小術 片側 ¥120,000

※価格は全て税別です。

耳垂縮小術 術後経過・リスク・副作用・合併症

起こり得る可能性のあることを列挙しております。
当院ではこれらの症状を起こさないよう、それぞれについてしっかりと対策をとり、細心の注意を払い施術を行っております。
万一症状が起きた場合にも対処法をご用意しております。症状の改善を図るよう全力で診療を行います。

術後経過について

手術後の腫れ
手術後およそ2~4日で大きな腫れは引いていきます。浮腫みは1~2週間気になる場合があります。完成は約6か月です。
手術後の内出血
稀に出現することがあります。1~2週間で消失していきます。
傷跡
術後1~3月は赤みが分かります。経過とともに目立たなくなっていきます。

リスク・副作用・合併症について

埋没した吸収糸の露出
抜糸を行う、または露出部分を切除し対処いたします。
感染
稀ですがどのような手術でも感染のリスクがあります。感染が起きた場合、抗生剤による治療や、膿がたまっている場合は小切開排膿を行い、感染源の摘出が必要となる場合があります。
ケロイド
体質によりケロイド状になることがあります。ケロイドに対する内服、注射、局所療法などを行います。
肥厚性瘢痕
傷跡が赤く盛り上がることがあります。傷の治りを良くするクリーム、注射、内服薬などで治療を行います。必要があれば切除再縫合で改善を図ります。
耳介変形
耳が変形しないように埋没縫合でしっかりと寄せ、皮膚縫合に緊張がかからないように行います。必要に応じ変形を修正する手術をおこないます。
感覚異常
耳たぶの感覚が一時的に鈍くなることがあります。経過とともに改善してまいります。
血腫
血腫を生じると除去が必要な場合があります。
縮小しすぎる
腫れが引くのを待ったうえ形を評価し、小さくなりすぎた場合、ヒアルロン酸や脂肪注入などで修正を図ります。
縮小し足りない
腫れがある時期を待ったうえ形を評価し、足りない場合、追加切除を行い対応いたします。

耳垂縮小術 最新情報

© 2017 Primo All rights reserved.