こめかみリフト | プリモ麻布十番クリニック

診療のご案内

 

こめかみリフト

こめかみを上外側方向に引き上げ、下がった目尻、眉毛の外側のたるみを改善します。若々しく華やかな印象になります。

加齢とともに目元や眉毛のたるみは目立ち始めます。

目尻や眉毛の外側、頬上部の垂れ下がりが気になる方にはこめかみリフトが適しています。

こめかみリフトは、毛髪の生え際あるいは毛髪内から切開し、SMAS(表情筋の筋膜)を引き上げ、余った皮膚を取り除くことで、目元のしわやたるみ、垂れ下がった眉毛を改善するリフトアップ手術です。目元がすっきりとすることで若い時の印象に近づきます。

傷跡は毛髪の生え際に残りますが、通常ほとんど目立ちません。

こめかみリフト 方法

全身麻酔下に手術を行います。手術時間は2時間です。

1

側頭部の毛髪の生え際あるいは毛髪内を5-8cmほど切開します。

2

眉毛の外側から目尻方向にかけて皮膚の下を剥離します。

3

SMAS(表情筋の筋膜)を糸で牽引した後、皮膚の余剰部分を切除します。顔面神経の走行する場所を注意し、損傷しないように施術します。

4

丁寧に形成外科的に縫合を行い手術を終了します。当院は内部処理として中縫いを高性能吸収糸でしっかりと行い、外縫いは極細非吸収糸で行う、創傷治癒に最良な形成外科的縫合を採用しております。

こめかみリフト  処置期間・アフターケア

《手術当日》

患部の状態

側頭部の生え際あるいは毛髪内に傷があります。創部の近くにドレーンと呼ばれる溜まった血を抜く管を挿入しています。溜まっていらなくなった血液や組織液を排出することで、腫れや内出血を最小限にする大切なものです。ご自身で抜いたりしないでください。通常術後1~2日に抜去します。必要に応じて圧迫固定をいたします。手術後痛み、違和感のある時期です。数日で消失することが多いです。術後腫れが目立つのははじめの3日程度で、およそ1~2週間で消失してきます。患部の感覚が鈍くなることがありますが、多くは一時的です。通常は手術後6ヶ月までに自然回復していきます。

全身麻酔で手術された方は、麻酔の影響により、のどが痛くなることがあります。通常数日で改善します。

術後処置・アフターケア

手術当日、帰宅直前に医師による診察があります。帰宅直前にドレーンの排液量を確認いたします。包帯で圧迫固定をしている場合は、固定の包帯がずれていないか装着状態をチェックします。抗生剤(細菌感染予防のため)・鎮痛剤・胃薬(鎮痛剤などによる副作用を抑制するため)を内服していただきます。

日常生活

ドレーンが抜けるまでは、首から下のみシャワー浴が可能です。入浴はお控え下さい。手術後は安静が必要です。激しい運動は1~2ヶ月お控えください。就寝時はクッション等を用いて上半身を高くしてお休みください。飲酒・喫煙は1週間程度お控えください。

《翌日~3日目》【点滴のためご来院】

患部の状態

包帯で圧迫固定をしている場合は、術後1日目に巻いてある包帯を除去します。ドレーンは術後1~3日目に抜去いたします。患部に腫れがあります。手術後10~14日で大きな腫れは引いていきます。浮腫みは1~3ヶ月続きます。完成は約6ヶ月です。内出血が生じるとこめかみや目元が紫色になります。個人差はありますが、通常1~2週間で自然に吸収され消失します。患部の感覚が鈍くなることがありますが、多くは一時的です。通常は手術後6ヶ月までに自然回復していきます。

術後処置・アフターケア

創部の状態をチェックいたします。

術後1日目に抗生剤の点滴投与をいたします。必要があれば、2日目にも点滴をする場合がございます。手術当日に処方された内服薬を継続して内服してください。副作用などを疑うような症状があればお申し出ください。

日常生活

シャワーはドレーン抜去翌日から可能です。入浴は抜糸後から可能です。傷口は強くこすらないようにして下さい。術後は安静が必要です。創部やお顔のマッサージはお控えください。ダウンタイムが長引く恐れがあります。就寝時はクッション等を用いて上半身を高くして仰臥位でお休みください。うつ伏せ、横向きでの就寝は創部に過度なストレスがかかりますのでご注意ください。かさぶたがつくことがありますが無理にはがさないでください。飲酒・喫煙は1週間程度お控えください。

《7日目》【抜糸のためご来院】

患部の状態

傷跡に赤みがあります。赤みは個人差がありますが、通常約1~2ヶ月で落ち着いていきます。稀に若干の凸凹を生じることがあります。傷口辺りの硬さが出てきますが一時的なもので自然に吸収されていきます。術後こめかみの感覚が鈍くなることがありますが、多くは一時的です。通常は6ヶ月までに自然回復していきます。腫れはまだある時期です。およそ10~14日で大きな腫れは引いていきますが浮腫みが1~3ヶ月続きますので仕上がりは6ヶ月です。

内出血が生じるとこめかみや目元が紫色になります。個人差はありますが、通常1~2週間で自然に吸収され消失します。

術後処置・アフターケア

医師による診察があります。

こめかみリフトの縫合部位の抜糸を行います。

日常生活

術後7日目以降入浴が可能になります。抜糸したばかりなので洗髪時、傷口は強くこすらないようにして下さい。かさぶたがつくことがありますが無理にはがさないでください。抜糸後(術後7日目以降)から創部のメイクが可能です。傷の赤みなどが気になる場合は、医療用コンシーラーのご用意がありますのでご相談ください。お顔のマッサージは過度なストレスがかかりますのでお控えください。うつ伏せ、横向きでの就寝は創部に過度なストレスがかかりますのでお控えください。軽い運動は可能ですが、激しい運動は1~2ヶ月お控えください。術後の影響によりつっぱり感や感覚が鈍くなっています。

《2週間目》【検診のためご来院】

患部の状態

傷跡に赤みがあります。赤みは個人差がありますが、通常約1~2ヶ月で落ち着いていきます。腫れや内出血はおおよそ引いてきます。浮腫みは1~3ヶ月続きます。仕上がりは6ヶ月です。

術後処置・アフターケア

医師による検診があります。

術後処置はございません。

日常生活

傷の赤みが気になる場合は医療用コンシーラーのご用意がありますのでご相談ください。お顔のマッサージは過度なストレスがかかりますのでお控えください。うつ伏せ、横向きでの就寝は創部に過度なストレスがかかりますのでお控えください。軽い運動は可能ですが、激しい運動は1~2ヶ月お控えください。

《1~3ヶ月》【検診のためご来院】

患部の状態

徐々に完成に近づきますが、まだ若干の浮腫みや腫れがございます。

傷跡の赤み、盛り上がりは個人差がありますが、通常約6ヶ月以内に落ち着きます。

傷口辺りの硬さが徐々に落ち着いてきます。

術後処置・アフターケア

医師による検診があります。
術後処置はございません。

日常生活

軽い運動は可能ですが、激しい運動は1~2ヶ月お控えください。お顔のマッサージは可能になります。

《6ヶ月》【検診のためご来院】

患部の状態

違和感はほぼなくなり完成となります。

術後処置・アフターケア

医師による検診があります。
術後処置はございません。

日常生活

運動の制限はなくなります。

こめかみリフト Q&A

手術は痛いですか?

基本的に全身麻酔で行っておりますので、術中痛みを感じることはありません。ご希望により静脈麻酔、あるいは局所麻酔で行うことも可能です。

術後は痛いですか?

術後の痛みは強くはありませんが、念のため軽い鎮痛消炎剤を服用いただきます。

傷は目立ちますか?

こめかみリフトは、毛髪の生え際あるいは毛髪内に傷が残るデザインで行います。形成外科的縫合で丁寧に行いますので傷跡は最小限です。傷の落ち着く1~2ヶ月は赤みがありますので、コンシーラーでカバーすると良いかもしれません。コンシーラーは当院にご用意がありますのでお尋ねください。

腫れはどのくらい続きますか?

術後の腫れが目立つのは、初めの7日程度で、およそ2週間で消退します。

術後の違和感はありますか?どのくらい続きますか?

術後につっぱり感、知覚低下を感じることがあります。炎症の消退とともに徐々に消失しますが、完全になくなるまでには3~6ヶ月要することもあります。

こめかみリフト 料金

こめかみリフト   ¥550,000

※価格は全て税込です。

こめかみリフト 術後経過・リスク・副作用・合併症

起こり得る可能性のあることを列挙しております。
当院ではこれらの症状を起こさないよう、それぞれについてしっかりと対策をとり、細心の注意を払い施術を行っております。
万一症状が起きた場合にも対処法をご用意しております。症状の改善を図るよう全力で診療を行います。

術後経過について

手術後の腫れ

手術後およそ10~14日で大きな腫れは引いていきます。浮腫みが1~3ヶ月ほど続きます。

完成は約6ヶ月です。

手術後の内出血
出現することがあります。1~2週間で消失していきます。
瞼の違和感
こめかみリフトを行ったすぐは、患部に鈍い痛み、つっぱり感を生じます。時間の経過とともに緩和する症状です。
傷跡
術後1~2ヶ月は赤みが分かります。経過とともに目立たなくなっていきます。稀に若干の凸凹が生じることがあります。
感覚異常
感覚が鈍くなることがありますが多くは一時的です。通常は手術後6ヶ月までに自然回復していきます。

リスク・副作用・合併症について

埋没した吸収糸の露出
抜糸を行う、または露出部分を切除し対処いたします。
感染
稀ですがどのような手術でも感染のリスクがあります。感染が起きた場合、抗生剤による治療や、膿がたまっている場合は小切開排膿を行い、感染源の摘出が必要となる場合があります。
顔面神経麻痺
極稀ですが、表情筋を支配する顔面神経を損傷すると麻痺が出現します。手術後6ヶ月までに自然回復することがあります。
血腫
血腫を生じると除去が必要な場合があります。
皮膚の壊死
皮膚の血行が悪くなると皮膚の壊死が起きることがあります。タバコはお控え下さい。部分的な壊死の場合、経過とともに治癒し目立たなくなります。やや大きい範囲で壊死をきたした場合は皮膚移植が必要となる可能性があります。
肥厚性瘢痕
傷跡が赤く盛り上がることがあります。傷の治りを良くするクリーム、注射、内服薬などで治療を行います。必要があれば切除再縫合で改善を図ります。
左右差
人の身体は元々左右差があるため、完全な左右対象は困難です。また、タルミを引き上げる量には限界があります。手術で修正可能な場合、修正手術を行います。

© 2018 Primo All rights reserved.

メールで相談 カウンセリング予約 公式LINE 0120-062-069