耳垂ケロイド修正術 耳の整形 | プリモ麻布十番クリニック

診療のご案内

 

耳垂ケロイド修正術

ピアスの穴が埋まってだんだんと盛り上がってきた

耳垂(みみたぶ)はケロイドがしばしば発生する部位です。ケロイドの原因は不明ですが、体質が関与するとされています。
本来ケロイドは外科的切除をしてはいけないとされておりますが、例外的に耳垂のケロイドは適切な切除をおこない、
術後ケアをしっかりと行うことで治癒させることができます。

耳垂ケロイド修正術 方法

局所麻酔あるいは静脈麻酔を行ったうえ手術をおこないます。ケロイド病変を正常皮膚との境界で切除します。

単純に縫合すると、耳垂の辺縁にくぼみ(notch)ができることがありますので、Z形成術などを応用し丁寧に耳垂の形態を整えます。

当院は内部処理として中縫いを高性能吸収性極細糸でしっかりと行い、外縫いはさらに極細非吸収糸で行う、創傷治癒に最良な形成外科的縫合を採用しております。

抜糸は5日前後で可能です。術後テーピング、イアリングによる圧迫などの再発防止ケアが必要となります。

耳垂ケロイド修正術 症例写真

A 耳垂ケロイド形成術

耳垂(耳たぶ)のケロイド切除術、Z形成術により治療しました。 耳垂(耳たぶ)のケロイドは、 手術してはいけないといわれているケロイドのなかで唯一外科的切除が有効な部位です。 ただ、耳たぶのように遊離縁になっている組織は、 単純に切除を行い縫合するだけでは、 notchといわれるくぼみが縁のところにできやすく、 あまり綺麗ではありません。 この変形を防ぐためにZ形成術を行います。 もちろんケロイドの術後は再発を注意しないといけませんので、 術後の圧迫療法、必要に応じ内服療法などを行います。

耳垂ケロイド修正術の処置期間・アフターケアア

《手術当日》

患部の状態

耳垂切除部位を縫合しております。通常5日目で抜糸となります。

術後耳垂の感覚が鈍くなることがありますが多くは一時的です。

麻酔の影響により、のどが痛くなることがございます。通常数日で改善します。

術後処置・アフターケア

手術当日帰宅直前に医師による検診があります。

抗生剤(細菌感染予防のため)・鎮痛剤・胃薬(鎮痛剤などによる副作用を抑制するため)を術後4日間内服していただきます。

日常生活

当日より洗顔が可能です。翌日以降から洗髪、シャワー浴が可能です。入浴は1週間程度お控え下さい。

術後は安静が必要です。激しい運動は1~2ヶ月お控え下さい。

横向きでの就寝は創部にストレスがかかるため、術後1~3か月間はお控えください。

飲酒・喫煙は1週間程度お控えください。

《5日目》【抜糸のためご来院】

患部の状態

術後2~4日で大きな腫れは引いてきます。浮腫みは1~2週間気になる場合があります。仕上がりは約6ヶ月です。

内出血が生じると創部周囲などが黄色っぽくなります。個人差はありますが、通常1~2週間で自然に吸収され消失します。

術後1~3ヶ月は傷跡に赤みがあります。経過とともに目立たなくなってきます。

術後処置・アフターケア

医師による診察があります。

耳垂切除部位の抜糸を行います。抜糸後から専用イアリングによる圧迫などの再発防止ケアを行います。6ヶ月程度継続していただきます。

日常生活

術後7日目以降、通常通り入浴が可能になります。

横向きでの就寝は創部にストレスがかかるため、術後1~3か月間はお控えください。

《1~3ヶ月》【検診のためご来院】

患部の状態

傷跡の赤みは個人差がありますが、約1~3か月で落ち着きます。

稀に傷跡が赤く盛り上がることがあります。傷の治りを良くするクリーム、注射、内服薬などで治療を行います。

術後処置・アフターケア

医師による検診があります。

術後処置はございません。

日常生活

専用イアリングによる圧迫を継続してください。

横向きでの就寝は創部にストレスがかかるため、術後1~3か月間はお控えください。

《6ヶ月》【検診のためご来院】

患部の状態

ほぼ完成となります。

術後処置・アフターケア

医師による検診があります。

術後処置はございません。

日常生活

すべて通常通り可能ですが、念のため耳をぶつけたり、潰したりしないよう守るようにしてください。

必要に応じ専用イアリングによる圧迫を継続します。

耳垂ケロイド修正術 Q&A

傷は目立ちますか?

手術後1~3か月間は術後の炎症による赤みや硬さがありますが、落ち着けば目立つことはあまりないところです。赤みの続く体質の方には術後検診で適切な治療をさせていただきます(無料)。経過中、再発の予防のため、テーピングやイアリングによる圧迫を行います。

術後はどのくらいから化粧ができますか?

手術部位以外は当日からメイクOKです。通常術後5日目に抜糸を行います。抜糸翌日から耳垂のメイクもOKとなります(コンシーラーをご用意しております)。

腫れはどのくらい続きますか?

通常、1週間前後でほとんど腫れは解消します。

術後痛いですか?

術後の痛みはほとんどありません。念のため軽い鎮痛消炎剤を服用いただきます。

手術中は痛いですか?手術時間はどのくらいですか?

手術は静脈麻酔を用い、意識、痛みのない状態でおこないます。ご希望により局所麻酔でおこないます。手術時間はおよそ30分です。

ピアスをまたあけられますか?

傷が落ち着けば再度ピアスの穴をあけることができます。ただし体質的にケロイドができやすい場合、再発の可能性高くなりますのであまりお勧めできません。

耳垂ケロイド修正術 料金

耳垂ケロイド修正術   ¥150,000

※価格は全て税別です。

耳垂ケロイド修正術 術後経過・リスク・副作用・合併症

起こり得る可能性のあることを列挙しております。
当院ではこれらの症状を起こさないよう、それぞれについてしっかりと対策をとり、細心の注意を払い施術を行っております。
万一症状が起きた場合にも対処法をご用意しております。症状の改善を図るよう全力で診療を行います。

術後経過について

手術後の腫れ
手術後およそ2~4日で大きな腫れは引いていきます。浮腫みは1~2週間気になる場合があります。完成は約6か月です。
手術後の内出血
稀に出現することがあります。1~2週間で消失していきます。
傷跡
術後1~3か月は赤みが分かります。経過とともに目立たなくなっていきます。

リスク・副作用・合併症について

埋没した吸収糸の露出
抜糸を行う、または露出部分を切除し対処いたします。
感染
稀ですがどのような手術でも感染のリスクがあります。感染が起きた場合、抗生剤による治療や、膿がたまっている場合は小切開排膿を行い、感染源の摘出が必要となる場合があります。
感覚
耳たぶの感覚が一時的に鈍くなることがあります。経過とともに改善してまいります。
再発
ケロイド体質の方は、再発のリスクがあります。適切な術後圧迫療法を行います。再発した場合、ケロイドに対する内服、注射、局所療法などを行います。
左右差
人間の身体は元々左右差があるため、手術においても完全な左右対象を保証することは困難です。必要に応じ左右差を調整する修正手術をおこないます。
血腫
血腫を生じると除去が必要な場合があります。
肥厚性瘢痕
傷跡が赤く盛り上がることがあります。傷の治りを良くするクリーム、注射、内服薬などで治療を行います。必要があれば切除再縫合で改善を図ります。

耳垂ケロイド修正術 最新情報

耳の整形 施術一覧

耳整形の各施術ごとに症例写真・症例経過写真・処置期間・術後経過・ダウンタイムアフターケア・リスク・副作用・合併症など詳細を記載しております。

 

© 2018 Primo All rights reserved.

メールで相談 カウンセリング予約 公式LINE 0120-062-069