診療のご案内

脂肪吸引

ぜい肉を減らし体の輪郭を整える手術です。

脂肪吸引は、ぜい肉を減らし体の輪郭を整える手術です。一度余分な脂肪を取り除いてしまえば、リバウンドすることはなく、脂肪の付きにくい状態が維持されます。
ただ沢山とればとるほど良いというものではありません。必要な部分の脂肪はちゃんと残し、いらないところのみを吸引し、なめらかなボディラインを形成することが目的となります。

脂肪吸引 当院の特徴

吸引するための傷は最小限、シワに隠すように配慮します。
細い吸引管を使用、場所に応じ直径3.0mm, 2.0mm, 1.6mm使い分けます。
Tumescent法によるウエットメソッドで安全に吸引。
時間をかけて丁寧に体のラインを彫刻します。
アフターケアは、高周波温熱療法(CET)で腫れ、内出血を早く引かせます。

脂肪吸引 方法

麻酔は硬膜外麻酔と静脈麻酔を併用し手術を施行いたしますので、無痛で眠っている間に手術は終了いたします。 必要最小限の小切開(約3mm)から脂肪を吸引します。切開部はスキンプロテクターを用い摩擦によるヤケドなどから皮膚を守ります。

吸引前にはチューメセント液という生理食塩水に局所麻酔薬、血管収縮薬を混ぜた特別溶液を局所に注入し、組織が吸引に適した状態にしてから吸引を行います。 用いる吸引管は直径3.0mm以下の細い吸引管を使用します。これにより凸凹にならず、滑らかな仕上がりにすることができるともに、主要な神経や血管を傷つけることなく安全に行うことができます。

吸引後、形成外科的縫合を行い、傷を最小限とし、抜糸後は肌色の専用保護テープによる傷の保護カモフラージュを行います。 施術時間は上腕(二の腕)で約2時間、お腹全体で約2時間、腰からウエストで約2時間、大腿(太もも)全周で約4時間、下腿(ふくらはぎ)で約3時間ほどが目安となります。丁寧に皮膚を保護し、細い吸引管で丁寧に吸引を行うため、時間がどうしてもかかってしまいます。

脂肪吸引 部位

大腿全周脂肪吸引
下腿脂肪吸引
上腕脂肪吸引
大腿部全周脂肪吸引
頬アゴ脂肪吸引
頬脂肪吸引
下顎(アゴ)脂肪吸引
頬脂肪吸引
大腿内側脂肪吸引
下腹部脂肪吸引
ミニ脂肪吸引

脂肪吸引 症例写真

G 眉間プロテーゼ+隆鼻術+頬アゴ脂肪吸引 症例経過写真

ゴアテックス製プロテーゼによって隆鼻術+眉間プロテーゼ手術を行いました。 頬+アゴ脂肪吸引も行っております。21歳女性(nose_01_1)(nose_12_3)(liposuction_9)

J 大腿全周脂肪吸引 症例経過写真

21歳女性(1)

013 頬脂肪吸引

(13)

002 脂肪吸引

26歳女性(2)

ミニ脂肪吸引

手のひら範囲ずつ治療範囲をご相談いただける、脂肪吸引手術です。部分痩せをお考えの患者さまに、おすすめの方法です。

脂肪吸引 Q&A

手術後の腫れ、内出血はどのくらいでひきますか?

手術後およそ2週間でひいてしまいます。高周波温熱療法(CET)を行うことで腫れ、内出血の消退を早めます。

術後は痛いですか?どのくらいで仕事に復帰できますか?

肉痛の様な痛みは出現しますが、強力な鎮痛剤を使用しますので、日常生活は翌日から普通におくれます。デスクワークなどは術後2-3日より復帰可能です。体をよく使う仕事の方は1週間程度お休みがあると安心です。

運動はいつからできますか?

脂肪吸引部位は直後から軽めの運動OKですが、激しい運動は2週間ほど控えていただいております。運動をすると浮腫みが取れやすくなります。

手術は痛いですか?

基本的に硬膜外麻酔と静脈麻酔の併用で行っておりますので、術中痛みを感じることはありません。ご希望により全身麻酔で行うこともあります。

傷は目立ちますか?

吸引する際の切開場所も、シワに沿わせ、目立たない部位を選択いたします。手術終了時の縫合も形成外科的縫合を行い、抜糸後は傷跡を綺麗にするテープを貼りますので、傷は最小限となります。

でこぼこになったりしないでしょうか?

施術時間を短時間で終了しないといけない場合、太い吸引管(3.5mm, 4.0mmなど)で脂肪を短時間で吸引しようとするため、ムラを生じたり、でこぼこになったり、とりすぎて筋肉が出てくるといった弊害が生じる恐れがあります。
当院では直径3.0mm以下(3.0mm, 2.0mm, 1.6mm)の細い吸引管を用い、部位ごとに丁寧に時間をかけて吸引しておりますので、でこぼこになることはありません。

脂肪を残らず吸引できますでしょうか?

脂肪吸引術は、脂肪の量をたくさん取れば良い手術ではなく、あくまでBody Contouring(体の輪郭形成)ですから、女性的美しさに必要な脂肪は大切に残し、美しさに不必要な脂肪のみ確実にしっかりと吸引していきます。
メリハリのある体の輪郭を治療のゴールに設定し、十分に時間をかけ施術しております。

全身の脂肪吸引を一日でできますか?

安全面を考慮し、全身の脂肪吸引は一度に行っておりません。当院の方法は丁寧に一ヵ所、一ヵ所時間をおかけし彫刻していきます(およその施術時間:ふくらはぎ3時間、太腿4時間、全腹部2時間、ウエスト腰背部2時間、二の腕2時間)。一度に吸引する脂肪の量も3000ccを超えると体への負担が大きくなります。
よく行うパターンとしては、太腿+ふくらはぎで一日、全腹部+ウエスト腰背部+二の腕で一日と分けて行うことがお勧めになります。

脂肪吸引 料金

メソセラピー(1本) ¥25,000
ミニ脂肪吸引(手のひら範囲) ¥200,000
頬部 ¥250,000
下顎 ¥200,000
頬+下顎 ¥400,000
バッカルファット ¥300,000
上腕 以下BMIで料金異なる ¥500,000~
上腹部 ¥300,000~
ウエスト(腰背部) ¥300,000~
下腹部 ¥400,000~
全腹部 ¥650,000~
ヒップロール ¥300,000~
臀部または臀部移行部 ¥400,000~
大腿ポイント法 1ヶ所 ¥400,000~
2ヶ所 ¥500,000~
3ヶ所 ¥600,000~
4ヶ所 ¥700,000~
大腿全周 ¥700,000~
下腿 ¥500,000~

※価格は全て税別です。

脂肪吸引 術後経過・リスク・副作用・合併症

起こり得る可能性のあることを列挙しております。
当院ではこれらの症状を起こさないよう、それぞれについてしっかりと対策をとり、細心の注意を払い施術を行っております。
万一症状が起きた場合にも対処法をご用意しております。症状の改善を図るよう全力で診療を行います。

術後経過について
手術後の腫れ、内出血
手術後およそ2~3週間で引きます。当院では高周波温熱療法(CET)を行うことで腫れ、内出血の消退を早める対策をおこなっております。
浮腫み
浮腫みは6か月~1年で解消していきます。その間、当院では、弾性ストッキング、ボディースーツ、サポーターなどで圧迫固定を指導いたします。
術後の痛み
筋肉痛の様な痛みは出現しますので、強力な鎮痛剤を使用いたします。デスクワークなどは術後2~3日より復帰可能です。吸引部位をよく使う仕事の方は1週間程度お休みがあると安心です。
創の赤み、盛り上がり
赤みは2~3か月の経過で落ち着いていきます。吸収性糸の縫合による盛り上がりは術後6か月前後で平らになってまいります。当院では、形成外科的な縫合で傷を目立たなくするよう縫合しております。抜糸後は専用テープによるテーピング指導を6か月間行っております。
術後のかゆみ
手術部位の創傷治癒が進む過程でかゆみを生じることがあります。保湿を心掛けるようにして下さい。数か月で落ち着いてくる症状です。
リスク・副作用・合併症について
皮膚の張りのなさ
皮下脂肪を吸引しボリュームがなくなった分、皮膚の張りは低下します。タルミが顕著にでないよう吸引を行います。
吸引部位のしびれ、知覚低下
術後に出現することがあります。時間の経過とともに改善してまいります。当院では知覚神経の本幹を損傷しないよう吸引する場所を考慮して行っております。
感染
稀ですがどのような手術でも感染のリスクがあります。感染が起きた場合、抗生剤による治療や、膿がたまっている場合は小切開排膿を行い、感染源の摘出が必要となる場合があります。
凹凸が生じる
太い吸引管で荒く吸引すると起こることがあります。その場合、部分的な脂肪吸引、脂肪注入などで治療をおこないます。当院では細い吸引管(直径3.0mm以下)を用い、時間をしっかりとかけて吸引を行っております(吸引時間の目安 上腕:2時間、腹部:2時間、腰背部:2時間、大腿:4時間、下腿:3時間)。凹凸が大きく生じることはないよう丁寧に手術を行っております。
左右差
左右差が生じた場合には、外科的に治療が必要となります。当院では細い吸引管を用い、時間をしっかりとかけて吸引を行っております。左右差が大きく生じることはないよう丁寧に手術を行っております。

脂肪吸引 最新情報

T上腕脂肪吸引術後3ヶ月の経過写真
2016年12月30日
T上腕脂肪吸引術後2ヶ月の経過写真
2016年11月30日
T上腕脂肪吸引術後2週間の経過写真
2016年10月15日

© 2017 Primo All rights reserved.