当院の施術・手術・看護について

Primo Quality

プリモ麻布十番クリニックにおいて手術前後に行っている、安全のために、そしてより良い結果のために配慮している点や工夫などを紹介いたします。

医師、看護師、美容カウンセラーそれぞれが、その立場からより良い医療サービスを提供するために日々一生懸命努力を重ねております。

術後の抗生剤について

術後に起こる合併症の一つとして術後感染症があげられます。

術後感染症は、手術部位が汚染されて細菌が入り感染が成立してしまうことです。

細菌は人間の鼻腔内、口腔内、耳孔、皮膚の表面だけでなく、部屋の空気中にも存在しています。

手術を行う部位、周囲には必ず細菌が存在しているといっても過言ではありません。

当院では手術中の消毒を徹底するとともに、術後には抗生剤を必ず処方いたしております。
吸引ドレーン器具を挿入している方や、プロテーゼなどの異物を挿入するような術後感染症のリスクが比較的高い術式に対しては、
内服に加え手術後2日間程度点滴での抗生剤の投与を無料で行っております。

各種専用ベッドについて

当院にある手術用ベッドは上半身を自動で起こせるタイプのベッドを使用しております。

これによって手術中にご自身でデザインや仕上がりの確認をしていただく際に、

もたれかかったまま上半身を座位にすることが可能です。

豊胸術のサイズチェックの際や、目の手術などで重宝いたします。

当院の手術後お休みいただく回復室のベッドも自動で上半身を起こせるタイプのベッドを使用しております。

このベッドにより、手術後は腹圧がかからず楽に呼吸することができます。

また、術後の浮腫みの軽減にも効果的です。

美容皮膚科の施術に使用している個室の施術ベッドも同じく自由に角度を変えることができますので、

施術の際に座位で注入することも可能です。

診察や施術の待ち時間もリラックスしてお過ごしいただけます。

褥瘡予防対策について

全身麻酔や静脈麻酔下での手術中は痛みも感じず、患者様自身で意識的に動くことができなくなります。

その間、骨が突出している部分や体重がかかる部位の皮膚に圧力が加わります。

長時間そのままにしておくと圧迫を受けた皮膚は血行不良状態が続き、

最悪の場合、皮膚が虚血壊死し、褥瘡(床ずれ)が発生します。

当院では手術中の褥瘡発生を予防するために、看護師が定期的に患者様の体を他動的に動かして除圧するとともに、

除圧バッグを骨の突出部に敷くなどして褥瘡発生の予防に努めています。

手術で使用した針をカウントいたします

手術中に使用した針糸の体内遺残を防ぐため、術前と術後で針糸の数が異なっていないか、

直接介助についた看護師がすべての手術において責任をもってカウントしております。

術前の説明に術式の詳細なパンフレットを用いています

手術を受けられる患者様全員に術後の注意事項や手術内容に関する詳細、手術当日~経過について書かれたパンフレットをお渡しし、

不安など少ない状態で手術当日を迎えられるよう努めております。

点滴の針

当院では手術時に使用する留置針は基本的に22Gを使用しております。

投与する薬剤の濃度や投与量、手術時間に応じて適切な太さを選択しますが、

患者様への負担や苦痛を軽減させる目的でやや細めの針を使用しております。

また、痛みに弱い患者様には、ご希望によって麻酔科医が吸入麻酔剤を用いて入眠させてから点滴を留置するなどの配慮もいたしております。

針抜去時には内出血を防ぐため、長めに確実な圧迫止血を行っております。

© 2018 Primo All rights reserved.