診療のご案内

逆さまつ毛手術

まつ毛を外向きに、パッチリと角膜障害の治療に、目をとにかく大きくしたい

逆さまつ毛は、奥目の方に多く、瞼の皮膚の厚み、タルミに押されて、まつ毛が眼球に当たる状態です。
この状態は眼球角膜の損傷をきたしやすく、早期の改善が必要です。
また見た目も下まつ毛が上向きに生えていたり、上のまつ毛が下向きに生えていることで、目のなかに黒いまつ毛がバーコード状に入ってくるため、目が暗い印象であったり、パッチリしない印象であったりします。
上まぶたの逆さまつ毛は、アイプチやテープなどを使用したために、まぶたの皮膚がたるんでしまいまつ毛にかかっている方、二重の埋没法を幅広く作成したため、ラインの下の皮膚が余ってしまい、まつ毛に乗っている方などが比較的多くみられます。

逆さまつ毛手術 方法

まつ毛の生え際で皮膚、眼輪筋を数ミリ切除し、形成外科的縫合をおこないます。傷はほとんどわからなくなります。手術により眼球角膜に傷をつけることがなくなり、見た目的にも、目がパッチリとし、まつ毛が外に開くのでアイライン的な効果も得られます。
上眼瞼の逆さまつ毛も上記と同様に、まつ毛の生え際での皮膚切除を行う手術方法で改善いたします。この場合、まぶたに二重は形成されず、逆さまつ毛が改善されます。
二重を形成しても良い場合は、埋没法や全切開法によって二重を形成しながら逆さまつ毛の改善を図ります。二重を形成しながら治す場合、二重の幅を広くしすぎると、逆さまつ毛が改善しにくくなるので注意が必要です。

逆さまつ毛手術 当院の特徴

局所麻酔は34G極細針を採用(針の細さ0.2mm)、痛みは最小限です。
少しの痛みも怖く不安な方に、表面麻酔、静脈麻酔をおこないます。
翌日からシャワー、洗顔、まぶた以外の化粧ができます。
6-0 PDSという極細吸収糸で中縫いをしっかりと行うため、抜糸は4-5日目に可能です(形成外科的縫合)。そのため傷あとは最小限となります。
抜糸翌日よりまぶたの化粧ができます。

逆さまつ毛手術 症例写真

CB 全切開+上眼瞼脱脂術+ROOF切除術+目頭切開+目尻切開+下眼瞼拡大術+下眼瞼逆さまつ毛手術 症例経過写真

術前は他院で埋没法を受けていらっしゃいました。 はっきりとした二重にしたい、 目の横幅を広げたいというご希望から、 当院で全切開+上眼瞼脱脂術+ROOF切除術+目頭切開+目尻切開+下眼瞼拡大術+下眼瞼逆さまつ毛手術を行いました。

BU 全切開+上眼瞼脱脂術+下眼瞼拡大術+目尻切開+下眼瞼逆さまつ毛手術 症例経過写真

術前は他院で二重埋没法、目頭切開を受けていらっしゃいました。二重の幅を広くしたい、また、しっかり下まぶたを下げて目を大きくしたいとのご希望から、全切開+上眼瞼脱脂術+下眼瞼拡大術(たれ目形成)+目尻切開+下眼瞼逆さまつ毛手術を行いました。

BT 下眼瞼拡大術+目尻切開+下眼瞼逆さまつ毛手術 症例経過写真

2017年2月20日

BQ 二重修正術+下眼瞼拡大術+目尻切開+下眼瞼逆さまつ毛手術

他院で二重全切開、眼瞼下垂手術、目頭切開を受けていらっしゃいましたが、 二重の幅が広いので狭くしてより自然な幅にしたい、 たれ目にしたい、外側に見える白目を大きくしたいとのご希望から、 二重修正術+下眼瞼拡大術+目尻切開+逆さまつ毛手術を行いました。

逆さまつ毛手術 Q&A

たれ目形成を施術していただきたいと考えているのですが、他院で結膜側のみだと戻ると言われました。逆さまつげじゃなかったら外側の皮膚を切り取ってくれないのでしょうか?

基本的に当院の下眼瞼拡大術(たれ目形成術)は結膜側からのみで行っておりますが、内部処理をしっかりと行っておりますので、戻りやすいということはございません。皮膚切除をしないと戻りやすいということはないようです。。 結膜側からアプローチすることのメリットとして皮膚表面に傷は残りません。 ただし下眼瞼拡大術(たれ目形成術)を行う事で、逆さまつ毛になることがございますので、その場合は、同時もしくは後日、逆さまつ毛手術をお受けいただきます。およそ下眼瞼拡大術をお受けになられる1/4くらいの方が逆さまつげ手術を受けられます。下眼瞼の皮膚切除(逆さまつげ手術)は希望があればもちろん同時に手術対応可能です。

タレ目形成を考えています。元に戻る可能性、逆さまつ毛になる可能性が高いと聞くのですが本当ですか?

下眼瞼拡大術(たれ目形成術)は術後多少の後戻りがあります。 それを見越して調整をいたします。 逆さまつ毛になる可能性は30%程度ですが、元の状態にもよってまいります。 しっかりと下げて拡大した場合には、逆さまつ毛手術を併用した方が良い場合が多いかと思います。

切るたれ目は皮膚切開しないので、 垂れたり目の下に線ができる可能性があると伺ったのですが、 切らないたれ目形成でもそのような可能性はありますか?

切らない垂れ目形成でも可能性は低いですがあります。 その場合糸を調整するか、逆さまつ毛手術によって皮膚を切除することを考慮します。

たれ目形成に興味があるのですが、 たれ目形成は、切開する方法ですか? 糸だけでする方法ですか?

当院では結膜側から切開させて頂いて、内部処理をしっかりと行います。 CPFと瞼板とをナイロン糸で2-3箇所縫合固定しております。 この際に下眼瞼が大きく拡大し、表側の皮膚が余った場合には、 逆さまつ毛手術によって余剰皮膚の切除を行います。 この手術の傷跡はとても目立ちにくく治癒いたします。

私は上のまつげが逆さまつ毛なのですが、 その場合どのような手術になるのでしょうか? 二重になると聞いたのですが、もとから二重の私はどうなるのですか?

上の逆さまつ毛の改善方法は、 まつ毛のすぐ上で余っている皮膚を切除する方法が逆さまつ毛手術になります。 また二重の幅を広げたいあるいは狭くしたいなどの調整を含め逆さまつ毛の改善を行う場合、 全切開術が適応になります。

質問なのですが、渡部いずみさんのブログによると「術後カサブタがあると傷跡が残りやすい」とのことだったのですが、 まぶたの手術後はいつから洗顔した方が良いのですか? それと洗顔はどのようにしたら良いでしょうか?(水洗いなのか、石鹸を使うのか、触れるように洗うのかなど) 詳しく教えていただけないでしょうか?

洗顔はまぶたの手術(埋没法、全切開、小切開、目頭切開、蒙古襞形成術、二重修正術、目尻切開、眼瞼下垂手術、下眼瞼拡大術、下眼瞼脱脂術、逆さまつ毛手術、下眼瞼切開術、上眼瞼リフト、ブローリフトなど)を終えたその夜から可能となっております。 ただし手術後の夜は水洗いでお願いしております。 洗顔フォームは翌日の朝より利用可能となります。 洗顔方法ですが、通常の洗顔方法で大丈夫です。 ごしごしとこすらず、泡で優しく洗うように洗顔をしてください。

普段はときどき目に上の睫毛が入ってしまい、 コンタクト時にはほぼ目に入って痛い時があります。 一重なのですが二重にしないでまつ毛を外に向けるだけの手術はあるのでしょうか?

上眼瞼の逆さまつ毛のご相談ですね。 もちろん二重を形成しないで逆さまつ毛を改善する方法はございます。 睫毛のすぐ上で余剰皮膚を切除する逆さまつ毛手術法になります。 改善度は軽度になりますが上眼瞼リフト(眉毛下切開)も有効です。 二重ができてもよければ埋没法や全切開などの重瞼術により逆さまつ毛はしっかりと改善いたします。

20年ほど前に他院で下まぶたの逆さまつげ手術を受けたのですが、 その時の傷跡が、下まぶたなのに二重みたいな感じで残っています。 この傷跡を何とか直す方法、もしくは目立たなくする方法はありますか?

逆さまつ毛手術後の二重の様な傷跡は、創部の瘢痕拘縮が原因と思われます。 線状の瘢痕切除による修正手術により目立たなくできると考えます。

眼科でさかまつげと診断され、手術をすすめられました。 しかし、今大学生ということもあり、 夏期休暇などの長期休暇でないと手術が難しい状況です。 夏期休暇はだいたい1ヶ月ほどなのですが、 手術して傷などは目立たないでしょうか。 また、左右の下まぶたと、上まぶたの目頭がさかまつげなのですが、 手術はいっぺんにすることは困難ですか。

逆さまつ毛手術の術後の傷跡はかなり綺麗に仕上がります。 通常1か月もするとほとんど分かりにくくなります。 下まぶたの逆さまつ毛と上まぶたの逆さまつ毛は、 同時に手術で改善させることが可能です。

傷は目立ちますか?

手術後1~3か月間は術後の炎症による赤みや硬さがありますが、皮膚の傷はとても綺麗に治る場所で、落ち着けば目立つことはあまりないところです。赤みの続く体質の方には術後検診で適切な治療をさせていただきます(無料)。

元々、逆さまつ毛ではなかったのですが、 眼瞼下垂の手術後、元々厚かったまぶたが二重になることでよけい厚くなり、 厚いまぶたの皮膚が内反を生じさせて、 まつ毛がまぶたの皮膚によって押し込まれてしまうような形の睫毛内反症が起こっています。 ちなみに上まぶたで、睫毛が刺さる感じではなく皮膚に押し込まれて目の表面に触れる感じです。 これは全切開か上眼瞼リフトでたるみ、脂肪をとれば改善はされますか? それと、目の画像を送る事で全切開か上眼瞼リフトが向いているか判断することはさすがに難しいでしょうか?

逆さまつ毛については、 原因となっている皮膚の部分を引き上げる手術をすることで改善する見込みがあります。 その原因となっている皮膚の場所によって、 上眼瞼リフトが良いのか、二重修正術が良いのか、 あるいはその両方が必要なのかが分かるかと思います。 目もとの写真を開瞼時、閉瞼時、それぞれ正面、側面の写真をお送りいただけると、 ある程度の診断はつく可能性があります。 お手数でなければお送りくださいますようお願い申し上げます。

もともと逆まつげなのですが、たれ目手術すると酷くなりませんか?

たれ目形成術(下眼瞼拡大術)の術後は逆さまつ毛傾向になることがあります。 そういった場合、同時に逆さまつ毛手術を行っております。 まずは下眼瞼拡大術を行い、後日逆さまつ毛手術を行うことも可能です。 どちらでも下眼瞼拡大術を当院で行った場合、セット割引50%OFFで対応させていただきます。

逆さまつ毛の手術を行いたいのですが、下瞼の手術も行っておりますか?

当院では上下ともに逆さまつ毛手術を対応しております。 下眼瞼のみの逆さまつ毛手術をお受けになられる方が多数いらっしゃいます。 傷がとても目立ちにくく自然に逆さまつ毛の改善が図れます。

術後はどのくらいから化粧ができますか?

手術部位以外は当日からメイクOKです。通常術後5日目に抜糸を行います。抜糸翌日から下眼瞼のメイクもOKとなります。

腫れはどのくらい続きますか?

通常、1~2週間前後でほとんど腫れは解消します。

術後痛いですか?

術後の痛みはほとんどありません。念のため軽い鎮痛消炎剤を服用いただきます。

手術中は痛いですか?手術時間はどのくらいですか?

麻酔は静脈麻酔で行いますので、意識、痛みはありません。手術時間はおよそ1時間です。

内出血はでますか?

まれに内出血がでることがあります。皮膚に出た場合はコンシーラーで隠せますが、吸収されるまでに1~2週間を要します。

逆さまつ毛手術 料金

逆さまつげ手術 ¥200,000

※価格は全て税別です。

逆さまつ毛手術 術後経過・リスク・副作用・合併症

起こり得る可能性のあることを列挙しております。
当院ではこれらの症状を起こさないよう、それぞれについてしっかりと対策をとり、細心の注意を払い施術を行っております。
万一症状が起きた場合にも対処法をご用意しております。症状の改善を図るよう全力で診療を行います。

術後経過について

手術後の腫れ
手術後およそ2~4日で大きな腫れは引いていきます。浮腫みは1~2週間気になる場合があります。完成は約6か月です。
手術後の内出血
稀に出現することがあります。1~2週間で消失していきます。
瞼の違和感
逆さまつ毛手術を行ったすぐは、瞼に違和感を生じます。時間の経過とともに緩和する症状です。
傷跡
術後1~2か月は赤みが分かります。経過とともに目立たなくなっていきます。
睫毛側皮膚の知覚異常
切開を行った睫毛側の皮膚の知覚が鈍くなります。経過とともに改善していきます。

リスク・副作用・合併症について

埋没した吸収糸の露出
抜糸を行う、または露出部分を切除し対処いたします。
感染
稀ですがどのような手術でも感染のリスクがあります。感染が起きた場合、抗生剤による治療や、膿がたまっている場合は小切開排膿を行い、感染源の摘出が必要となる場合があります。
瞼の形態の変化
睫毛が起きやすくなり、眼瞼縁の粘膜が気になることがあります。
外反
余剰皮膚の切除をしすぎると外反することがあります。

逆さまつ毛手術 最新情報

2018年6月26日 in 下眼瞼拡大術(たれ目形成), 目整形, 逆さまつ毛手術

CF 下眼瞼拡大術(たれ目形成)+下眼瞼逆さまつ毛手術術後2か月の経過写真

関連項目:CF 下&#3052…

Read More
2018年6月4日 in 下眼瞼拡大術(たれ目形成), 目整形, 逆さまつ毛手術

CF 下眼瞼拡大術(たれ目形成)+下眼瞼逆さまつ毛手術術後1か月の経過写真

関連項目:CF 下&#3052…

Read More
2018年5月28日 in 上眼瞼脱脂術, 下眼瞼拡大術(たれ目形成), 全切開, 目尻切開, 目整形, 逆さまつ毛手術

BU 全切開+上眼瞼脱脂+下眼瞼拡大術(たれ目形成)+目尻切開+下眼瞼逆さまつ毛手術術後6か月の経過写真

関連項目:BU 全&#2099…

Read More

© 2018 Primo All rights reserved.