コーンビームCT KaVo OP 3D Vision | プリモ麻布十番クリニック

診療のご案内

コーンビームCT KaVo OP 3D Vision

コーンビームCTとは

コーンビームCTとは、円錐形のX線ビーム(コーンビーム)を照射しながら回転撮影を行う装置です。

通常のX線撮影では立体的な体を2次元の平面で撮影するため、詳細な情報を得られず診断が難しくなることがあります。一方CT撮影では、撮影した画像データから高画質な3D画像を作成し、得られた画像から患者様の頭部の骨の状態を、骨の内側の細部まで、3次元的に把握し診断することができます。顔面輪郭形成において、CT撮影は非常に有用になります。

高画質な撮影、360°全周囲スキャニングにより金属アーチファクトを低減

CT撮影時には、患者様が動かないように固定することは、ブレのない高画質な画像を得るために非常に重要です。撮影は座った状態で行い、患者様を安定して固定するためにチンレスト(顎の固定)とヘッドレスト(頭部の固定)で前後から包み込むように固定します。撮影時間は4.9秒~26.9秒(撮影条件による)で、患者様への負担の少ない撮影方法です。

広範囲な撮影領域

撮影領域は診断目的に応じて選択でき、口腔内に焦点を当てた直径8cm×高さ8cmの小範囲から、最大で直径23cm×高さ17cmの範囲をカバーします。頭部のほぼ全ての画像データを取得することができ、顎顔面領域の矯正治療において非常に有用になります。

被曝量の低減

  • X線を連続照射するのではなく、パルス状に発振することにより、放射線量を大きく低減し、被曝量を最小限に抑えています。
  • 撮影領域を考慮して、X線管球側を鉛のシャッターで絞り込むことで、不要な撮影を防ぎ、余計な被曝を抑えます。
  • コーンビームCT KaVo OP 3D Visionにはプレビュー機能が搭載されています。
  • 撮影前に撮影領域が的確に入っているか確認でき、再撮影のリスクを抑え、不要な被曝を防ぎます。プレビュー画像を確認しながら撮影範囲を調整し、必要な撮影領域を確実に選択できます。
  • 放射線量をさらに低減する「QuickScan+モード」では、X線照射時間はわずか2秒、パノラマ撮影の約半分の被曝線量(11μSv)で撮影ができます。
被曝線量比較
医科用CT胸部撮影 6.9mSv
一人当たりの年間自然放射線(世界平均) 2.4mSv
一人当たりの年間自然放射線(日本平均) 1.48mSv
胃のX線 0.6mSv
東京―ニューヨーク間航空機往復 0.19mSv
コーンビームCT KaVo OP 3D Vision EFOVモード 0.074mSv
コーンビームCT KaVo OP 3D Vision QuickScan+モード 0.011mSv

コーンビームCT 料金

CT撮影 ¥ 22,000

※価格は全て税込です。

監修医師

当院の形成外科専門医による監修のもと、医療広告ガイドラインに準じて、WEBサイトを運営しております。

大場教弘 理事長/院長

資格・所属学会

医学博士

日本形成外科学会認定 形成外科専門医

日本美容外科学会認定 美容外科専門医(JSAPS

日本美容外科学会認定 美容外科専門医(JSAS

厚生労働省麻酔科標榜医

国際美容外科学会(ISAPS)正会員

アメリカ形成外科学会(ASPS)国際会員

頭蓋骨顔面外科学会会員

日本レーザー医学会会員

経歴

1996年 大阪市立大学医学部卒業

1996年〜1999年 大阪市立大学医学部付属病院 形成外科

1999年〜2003年 大阪市立大学大学院医学研究科

2003年〜2005年 大阪市立大学医学部付属病院 形成外科

佐野記念病院 形成外科(非常勤)

大東中央病院 形成外科(非常勤)

2005年〜2008年 リッツ美容外科 東京院

2009年〜 プリモ麻布十番クリニック

2011年 医療法人社団プリモ 理事長

2020年 神戸大学医学部附属病院 美容外科 非常勤講師

神戸大学医学部附属病院 美容外科

2020年〜 プリモ麻布十番クリニック 理事長、院長兼務

© 2018 Primo All rights reserved.

メールで相談 カウンセリング予約 公式LINE 0120-062-069