診療のご案内

鼻中隔延長術

鼻を下向きに、鼻の穴が目立ちにくく、鼻先を高く

鼻中隔延長術とは

生まれつき鼻が上向きの方、L型プロテーゼによる変形で鼻が上を向いてしまった方。

鼻先が低く鼻先の高さが欲しい方、鼻柱が上にあがっているので下げたい方に良い適応があります。

鼻の穴が正面から見えやすい方は、この手術により鼻の穴が見えにくくなります。

鼻中隔延長は鼻先をしっかりと高く、美しくする方法です。

鼻中隔延長術

大場教弘 理事長

鼻中隔延長術 当院での手術の特徴

オープン法、クローズ法が選択可能です。
鼻先の高さ、向きを大きく変化させることができます。
軟骨採取部位は基本的に耳甲介、耳珠からで傷は目立ちません。
L型プロテーゼによる変形の修正に適しています。
手術は気道の確保を安全に行うため、全身麻酔下におこないます。

鼻中隔延長術 手術の方法

求める変化の大きさ、もともとの鼻の状態に応じ、採取部位を耳介軟骨肋軟骨、あるいは鼻中隔軟骨から選択し、必要量のみ採取いたします。(上の図は耳介軟骨を採取して鼻中隔延長をするイメージ)

耳介軟骨
耳介軟骨からとる場合は、耳の後ろのしわに沿って約2cm程の傷から採取します。傷はほとんどわからなくなり、耳の変形も、機能障害もきたしません。

肋軟骨

肋軟骨からとる場合は、バストのアンダーの位置に約3 cm程の傷から採取します。傷は最小限になるよう形成外科縫合を行います。移植材料となる軟骨が大きくとれるので、大きな変化を求める場合や、術後の修正例の場合に適しております。採取部の変形などはありません。

鼻中隔軟骨

鼻中隔軟骨から採取する場合は、軟骨が小さいため、それほど大きな変化を望まない場合などになります。別の所に採取部の傷を残さない良い方法です。(下の図は鼻中隔)

アプローチは経鼻柱切開(オープンアプローチ)から、術野を広く展開し、確実に操作を行います。鼻中隔軟骨に移植軟骨を組み合わせ延長し鼻の向き、高さを変えていきます。ご希望に応じ鼻の脂肪を部分的に除去し細っそりとさせたり、インプラントによる隆鼻術を併用し、より印象的な鼻に変化させます。鼻柱の傷あとはあまり目立ちません。

日本人はもともと鼻中隔軟骨や、鼻翼軟骨といった鼻の骨格が小さく、そして弱い傾向があります。そのため上向きの鼻であったり、低い鼻であったり、団子鼻であったりする人が多くみられます。

鼻先にただ軟骨を乗せるように移植しても鼻翼軟骨が支えきれず変形し、思うように鼻先を高くできない場合が多いようです。また乗せた軟骨が不安定なため、上下、左右に移動しやすくなります。

青い部分が移植した軟骨です。この軟骨の固定により、鼻の高さ、細さ、向きが大きく調節できます。

鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術

大場教弘 理事長が第101回日本美容外科学会で報告した方法「鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術」

鼻中隔延長術は、通常I型プロテーゼを用いた隆鼻術と併用されることが多い術式ですが、異物であるプロテーゼの使用に抵抗感がある場合に、プロテーゼを用いず自家組織のみで鼻の下半分を高く形成することができます。

鼻中隔延長術により鼻尖が高くなった分、鼻尖と鼻背の高さにギャップが生じる際に、鼻骨下部から延長軟骨までの鼻背部に自家軟骨を移植する手術を行い、鼻背の輪郭形成をおこなっています。

鼻中隔延長術の鼻整形や鼻修正の症例写真一覧

プロテーゼを入れる場合、プロテーゼを入れ替える場合、耳介軟骨の移植の場合、鼻中隔軟骨の移植の場合、肋軟骨の移植の場合
など鼻中隔延長の手術はお客様のご要望や当院によるリスクの少ないご提案により、様々な症例がありますので
症例ごとに、手術の方法、術後の経過、ダウンタイムなどを、術前、術後、3日後、1週間後、1カ月後、3カ月後、6カ月後などと時系列にまとめてありますので、参考までにご覧いただければ思います。

鼻中隔延長術(手術既往あり プロテーゼあり)の症例写真

鼻の整形手術を以前したことがあり、当院でプロテーゼを用いて鼻中隔延長術の鼻修正をした症例経過写真の一覧です。

C 鼻翼修正術+鼻中隔延長術+他院鼻プロテーゼ入れ替え術+眉間プロテーゼ手術 症例経過写真

術前は他院で鼻尖縮小術、耳介軟骨移植術、鼻プロテーゼ手術、鼻翼縮小術を受けていらっしゃました。当院で鼻翼修正術、鼻中隔延長術、他院鼻プロテーゼ入れ替え術、眉間プロテーゼ手術を併用して修正しております。

EZ 鼻中隔延長術+他院鼻プロテーゼ入れ替え術+眉間プロテーゼ 症例経過写真

術前は他院でL型プロテーゼによる隆鼻術を受けていらっしゃいましたが、 鼻先が薄くなってきていること、 鼻先が上を向いていることを治したいとのご希望から、 当院で鼻中隔延長術+他院鼻プロテーゼ入れ替え術+眉間プロテーゼ手術を行いました。

EK 鼻中隔延長術+他院鼻プロテーゼ入れ替え術+眉間プロテーゼ手術 症例経過写真

術前は他院で数回プロテーゼ入れ替え術などの鼻の手術を受けていましたが、形態に満足できず修正を希望されました。 当院で鼻中隔延長術+他院鼻プロテーゼ入れ替え術+眉間プロテーゼ手術を行い希望に近い状態になりました。

EI 鼻中隔延長術+他院鼻プロテーゼ入れ替え術+眉間プロテーゼ手術 症例経過写真

術前は他院で鼻尖縮小術、I型プロテーゼによる隆鼻術が行われていました。 プロテーゼが若干曲がっており、鼻先ももう少しすっきりとさせたいという希望から、 当院で鼻中隔延長術+他院鼻プロテーゼ入れ替え術+眉間プロテーゼ手術を行いました。

鼻中隔延長術(手術既往あり プロテーゼなし)の症例写真

鼻の整形手術を以前したことがあり、鼻中隔延長術の鼻修正をした症例経過写真の一覧です。

EW 他院鼻中隔延長術修正術+鼻背部軟骨移植術 症例経過写真

術前は5年前に他院で鼻中隔延長術を受けていらっしゃいました。 ややアップノーズにしたいというご希望により、 当院で鼻中隔延長修正術+鼻背部軟骨移植術を行いました。

ET 鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術 症例経過写真

4~5年前に他院でフレックスノーズを受けていらっしゃいました。 鼻先を高くしたいことと、笑った時に広がる小鼻を改善したいという希望から、 鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術を行いました。

ER 鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術+他院鼻プロテーゼ抜去術 症例経過写真

他院でL型プロテーゼを入れて、10年経過していました。 鼻先の皮膚が薄くなっており、異物を使用せずに鼻先を高くしたいということで、 当院で鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術+他院鼻プロテーゼ抜去術を行いました。

EO 鼻中隔延長術(肋軟骨)+鼻背部軟骨移植術 症例経過写真

以前に鼻先に糸で軟骨を縛る手術を受けていらっしゃいました。 効果がなかったとのことで、鼻の下半部を高く下向きにしたいという希望から、 当院で鼻中隔延長術(肋軟骨)+鼻背部軟骨移植術を行いました。

鼻中隔延長術(手術既往なし プロテーゼあり)の症例写真

当院でプロテーゼを用いて鼻中隔延長術の鼻整形をした症例経過写真の一覧です。

EY 鼻中隔延長術+隆鼻術+眉間プロテーゼ 症例経過写真

鼻を全体的に高くしたいというご希望により、 当院で鼻中隔延長術+隆鼻術+眉間プロテーゼ手術を行いました。

EV 鼻中隔延長術+隆鼻術+眉間プロテーゼ 症例経過写真

鼻を全体的に高く、鼻先を下向きにしたいというご希望により、 当院で鼻中隔延長術+隆鼻術+眉間プロテーゼ手術を行いました。

EU 鼻中隔延長術+隆鼻術+眉間プロテーゼ 症例経過写真

鼻を全体的に高く、鼻先を下向きにしたいという希望から、 鼻中隔延長術+鼻尖縮小術+隆鼻術+眉間プロテーゼ手術を行いました。

EQ 鼻中隔延長術+隆鼻術+眉間プロテーゼ手術 症例経過写真

鼻全体をバランスよく高くしたいという希望から、当院で鼻中隔延長術、隆鼻術、眉間プロテーゼ手術を行いました。

鼻中隔延長術(手術既往なし プロテーゼなし)症例写真

当院で自家組織(耳介軟骨、肋軟骨、鼻中隔軟骨)を採取し鼻中隔延長術の鼻整形をした症例経過写真の一覧です。

FA 鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術 症例経過写真

鼻先をバランス良く高くしたいということで、 当院で鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術を行いました。

ES 鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術 症例経過写真

術前はヒアルロン酸注入を受けていました。 全体的にバランス良く鼻先を高く、鼻の穴を少し見えなくしたいというご希望により、 当院で鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術を行いました。

EN 鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術 症例経過写真

術前はヒアルロン酸やレディエッセ注入を受けていらっしゃいました。 プロテーゼを使わずに鼻を高くしたいということで、 鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術を行いました。 上眼瞼リフトを併せて行っています。

EH 鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術 症例経過写真

鼻先を高く下向きにしたいというご要望から、 当院で鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術を行いました。

鼻中隔延長術の処置期間・アフターケア

《手術当日》

患部の状態

鼻の形を整え、腫れ・内出血を防ぐため、鼻全体をギプスで固定します。通常5日間固定し、処置の際に丁寧に外しますので、自分では外さないでください。もしも外してしまうと腫れが長引く、鼻先の形が変わってしまう、曲がるなどのリスクが、少し上がってしまいます。
鼻腔内にドレーンと呼ばれる溜まった血液を抜く管を挿入させていただくことがございます。溜まっていらなくなった血液や組織液を排出することで、腫れや内出血を最小限にする大切なものです。ご自身で抜いたり外したりしないでください。通常術後2~3日目に抜去します。
鼻孔にレティナという装具を縫合固定しています。レティナは固定除去後も3~6か月間適宜ご自宅などでご使用いただきます。
鼻腔内も青色の糸で縫合しております。通常は7日目で抜糸となります。
オープンアプローチで行う手術のため、鼻腔内および鼻柱に傷がある状態です。傷はレティナ、ギプスなどで保護しますので、外から見えたり触れることはありません。
鼻中隔延長術の移植軟骨に、耳介軟骨を使用した場合は、耳に耳介血腫予防のための綿を縫合固定します。ご自身で取り外したりしないようにしてください。
移植軟骨に肋軟骨を使用した場合、胸部に防水シートによる保護を行います。
麻酔の影響により、のどが痛くなることがございます。通常数日で改善します。
プロテーゼを用いた手術を併用した場合、腫れが目元に大きく生じることがありますが、数日で改善いたします。

術後処置・アフターケア

手術当日帰宅直前に医師による検診があります。
帰宅直前に新しいドレーンスピッツに交換いたします。
ギプス、レティナの装着状態をチェックいたします。
抗生剤(細菌感染予防のため)・鎮痛剤(通常痛みは軽度ですが、念のため処方しています)・胃薬(鎮痛剤などによる副作用を抑制するため)を術後4日間内服していただきます。

日常生活

ギプスが取れるまでは、顔を水に濡らさないようご注意ください。シャワーは首から下のみ、ドレーンがついている場合は胸より下のみ可能です。入浴は1週間お控えください。顔は拭く程度にしてください。
ギプス・耳に固定の綿がついている間は、洗髪をお控えください。美容室などでギプス・耳に固定の綿を濡らさないように保護できるようでしたら、美容室などでの洗髪は可能です。
痛みに関しては、それほど強くないため通常の内服鎮痛剤で十分にコントロールしていただけます。
鼻血や血液が混ざった鼻水が出ることがあります。その際は、鼻をかんだり、ティッシュを詰めたりせず、優しく拭き取るようにしてください。
就寝時はクッション等を用いて上半身を高くして上向きでお休みください。うつ伏せ、横向きでの就眠は鼻にストレスがかかりますので禁止させていただいております。
手術後は腫れの影響で鼻づまりが起こります。元々の鼻中隔軟骨が左右対称ではなく少し傾いていることが多いので、左右どちらかがよりつまりやすくなります。
飲酒・喫煙は1週間程度お控えください。

《翌日~3日目》【点滴のためご来院】

患部の状態

鼻の創部はギプス、レティナを装着された状態です。
耳介の軟骨採取部には綿球が固定されています。
肋軟骨採取部は防水シートによって保護されています。
腫れのピークの時期です。目元まで腫れる事が多いです。腫れは7~10日である程度引いてきます。
鼻根部や眉間まで手術の範囲が及んだ場合には、目元や頬にも腫れが生じ、内出血で紫色になったり、黄色になることがございます。

術後処置・アフターケア

手術翌日、必要に応じ2日目以降もドレーンの状態を確認いたします。ドレーンからの排出量が少なくなれば抜去いたします。
手術翌日、2日目に抗生剤の点滴投与をいたします。
ギプス、レティナ、耳介の綿球、創部の状態をチェックいたします。
手術当日に処方された内服薬を継続して内服してください。副作用などを疑うような症状があればお申し出ください。

日常生活

首から下のみシャワーを浴びることは可能ですが、入浴は1週間お控えください。
シャワーの際はギプス・耳の綿球が濡れないようにご注意ください。
鼻血や血液が混ざった鼻水が出ることがあります。その際は、鼻をかんだり、ティッシュを詰めたりせず、優しく拭き取るようにしてください。鼻をかむことは手術後1ヵ月間はお控えください。
横向きでの就寝、うつ伏せ寝、鼻を強く押さえることは術後3ヵ月間はお控えください。

《5日目》【ギプス除去のためご来院】

患部の状態

術後の腫れにより、鼻筋が太い、鼻先が丸いなど不自然さを感じる時期です。経過とともに、必ず腫れが引き改善していきます。
内出血が生じると鼻周囲、頬などが黄色っぽくなります。個人差はございますが、通常1~2週間で自然に吸収され消失します。
一時的に鼻先などの感覚が鈍くなることがございます。経過とともに改善してまいります。
耳介軟骨を使用した場合、耳介の感覚が鈍くなる、しびれが出ることがございます。触ると圧痛がしばらくの間あります。経過とともに改善してまいります。

術後処置・アフターケア

医師による検診があります。
鼻を保護しているギプス・鼻孔レティナを取り外します。
耳介軟骨を採取している場合、耳介血腫予防のための綿を取り外します。
鼻柱部の抜糸を行います。

日常生活

術後5日目以降、洗髪・洗顔が通常通り可能になります。
術後は安静が必要です。激しい運動は1~2か月お控えください。
就寝時や、ご自宅にいる間は鼻孔レティナを装着してください。
翌日(術後6日目)から創部のメイクが可能です。鼻柱の傷の赤みなどが気になる場合には医療用コンシーラーのご用意がありますのでご相談下さい。
かさぶたは無理に剥がさないでください。
鼻血・鼻水は軽く押さえて拭き取るようにし、綿棒などは使用しないようにしてください。
鼻をかむ事は術後1ヵ月間はしないようにしてください。

《7日目》【抜糸のためご来院】

患部の状態

術後の腫れにより、鼻筋が太い、鼻先が丸いなど不自然さを感じる時期です。経過とともに、徐々に腫れが引き改善していきます。
内出血が生じた周囲、頬などが黄色っぽくなります。個人差はございますが、通常1~2週間で自然に吸収され消失します。

術後処置・アフターケア

鼻腔内の抜糸をいたします。
耳介軟骨採取部、肋軟骨採取部などの抜糸を行います。

日常生活

術後7日目以降、通常通り入浴が可能になります。
鼻掃除、鼻をかむなどは術後1ヵ月はしないようにしてください。
鼻を触る、うつ伏せ・横向きでの就寝は鼻にストレスがかかるため、術後3か月間はお控えください。
横向きは耳の創部の痛みを生じることもありますので、仰向けで就寝ください。
就寝時や、ご自宅にいる間は鼻孔レティナを装着してください。

《2週間目》【検診のためご来院】

患部の状態

腫れや内出血がかなり落ち着いてきます。傷跡の赤みがあるのは通常です。
耳を下にお休みいただくと痛みが生じますのでお控えください。

術後処置・アフターケア

医師による検診があります。
術後処置はございません。

日常生活

鼻をかむなどは術後1ヵ月しないようにしてください。また鼻を触る、うつ伏せ・横向きでの就寝は鼻にストレスがかかるため、術後3か月間はお控えください。
横向きは耳の創部の痛みを生じることもありますので、仰向けで就寝ください。
就寝時や、ご自宅にいる間は鼻孔レティナを装着してください。

《1・2・3か月》【検診のためご来院】

患部の状態

徐々に完成に近づきますが、まだ浮腫みや腫れがございます。
眉間の腫れがやや気になる徐々に完成に近づきますが、まだ浮腫みや腫れがございます。
眉間の腫れがやや気になることがありますが、徐々に落ち着きます。

術後処置・アフターケア

医師による検診があります。
術後処置はございません。

日常生活

術後1ヵ月以降は通常通り鼻をかんだり、鼻掃除が可能になります。
鼻を触る、うつ伏せ・横向きでの就寝は鼻にストレスがかかるため、術後3か月間はお控えください。
横向きは耳の創部の痛みを生じることもありますので、仰向けで就寝ください。
就寝時や、ご自宅にいる間は鼻孔レティナを装着してください。

《6ヶ月》【検診のためご来院】

患部の状態

ほぼ完成となります。鼻の柔らかさもだんだんと出てまいります。
鼻づまりも改善してまいります。

術後処置・アフターケア

医師による検診があります。
術後処置はございません。

日常生活

すべて通常通り可能ですが、念のため鼻をぶつけたり、潰したりしないよう守るようにしてください。
鼻孔レティナは装着終了となります。

鼻中隔延長術 よくある質問Q&A

全身麻酔で手術を行う理由はなんですか?

手技が細かく、ポイントの多い手術で、2~4時間ほどの手術時間を要します。その間の気道を確実に確保し、手術を安全に遂行するために全身麻酔で行っております。大きな痛みを伴う手術ではなく、麻酔の濃度は低く維持されますので、術後2~3時間回復室でお休みいただき帰宅可能です。

手術は痛いですか?

手術は基本的に全身麻酔で行っておりますので、痛みを感じることはありません。

移植した軟骨が動いたり、ずれたりしないですか?

軟骨移植は自家組織移植なので、自分の組織同士がなじみくっつきます。術後一度落ち着いた移植軟骨が動いたり、ずれたりすることはありません。

手術後の腫れはどのくらいでひきますか?

手術後およそ1週間ほどでひいてしまいます。

お化粧はいつからできますか?

鼻尖の手術後、通常3~5日間ほどギプス固定を行います。ギプス除去後に化粧を行ってもOKです。

傷は目立ちますか?

鼻中隔延長術は、ほとんど鼻の中から手術をおこないますが、一部鼻柱の部分を切開し、術野の展開を行います。鼻柱の傷は正面からは見えにくく、傷も目立ちにくく治る部位といえます。

鼻中隔延長術 料金

鼻中隔延長術 耳介軟骨の場合 ¥600,000
肋軟骨の場合 ¥800,000
他院修正費 ¥300,000
鼻背部軟骨移植術 ¥300,000

※価格は全て税別です。

鼻中隔延長術 術後経過・リスク・副作用・合併症

起こり得る可能性のあることを列挙しております。
当院ではこれらの症状を起こさないよう、それぞれについてしっかりと対策をとり、細心の注意を払い施術を行っております。
万一症状が起きた場合にも対処法をご用意しております。症状の改善を図るよう全力で診療を行います。

術後経過について

手術後の腫れ
7〜10日で引いていきます。仕上がりは約6か月です。
手術後の内出血
稀にでることがあります。内出血が生じると鼻周囲、頬など黄色っぽくなります。個人差はありますが、通常1〜2週間で自然に吸収され消失いたします。
手術後の違和感
手術後鈍い痛み、違和感を生じることがあります。数日で消失することが多いです。
傷跡
オープンアプローチで行う手術のため、鼻柱に傷が残ります。軟骨採取部位(耳介軟骨の場合は耳介後面、肋軟骨の場合バストの下)に傷が残ります。数か月は傷の赤みがあり、その後時間の経過とともに薄茶色から白い瘢痕に変化します。3〜6ヵ月かけて、傷が目立ちにくくなっていきます。肋軟骨採取部には、6ヵ月程度専用テープを貼付いたします。
鼻先の感覚が鈍くなる
術後、鼻先の感覚が鈍くなることがありますが、多くは一時的です。経過とともに改善していきます。
鼻出血
手術後、鼻出血がみられることがあります。鼻の穴に指などを入れないようにしてください。

リスク・副作用・合併症について

手術後の鼻の傾き
皮膚の伸びが悪い状態で無理に高くすることでリスクは高くなります。必要に応じ修正手術で矯正いたします。場合によっては鼻の高さを低くする必要があります。
鼻づまり
手術後鼻づまりが起こります。6か月待っても改善されない場合、移植軟骨の切除などで改善を図る場合があります。鼻づまりが改善されない場合、改善させるための手術が必要となることがあります。
感染
どのような手術でも感染のリスクがあります。感染した場合、抗生物質点滴、洗浄処置、場合によっては異物の除去などの処置が必要です。再手術は通常6ヵ月あけて状態が改善した後行います。その場合は肋軟骨を用いて手術を行う場合があります。
鼻尖部の拳上ができない
鼻先は軟骨移植を行うため、もともとの鼻より硬くなります。状態が落ち着くことで横方向の柔らかさは出ていきます。
傷跡が目立つ
傷跡が赤く盛り上がることがあります。傷の治りを良くするクリーム、注射、内服薬などで治療を行います。必要があれば切除再縫合で改善を図ります。稀に段差が残ることがあります。
鼻先が高すぎる
必要に応じ低くする修正手術をおこないます。
鼻が下向きすぎる、上向き過ぎる
必要に応じ向きを調整する修正手術をおこないます。
鼻の穴が目立つ
延長することで鼻柱が下に降り、鼻の穴が横方向から見えやすくなります。必要に応じ移植軟骨の出方を調整する修正手術をおこないます。
鼻の形の左右差
手術後に鼻の形の左右差が生じる事があります。元々の鼻の穴の大きさや形、手術操作の量や位置のわずかな差などが原因と考えられます。できるだけ左右対称になるよう行いますが、わずかな左右差については、必要に応じ修正手術で矯正いたします。
軟骨組織採取部のリスクについて
耳介軟骨

耳介後面に傷が残ります。

耳介の感覚が鈍くなることがあります。軽い圧痛があります。

耳たぶ周囲から主に軟骨を採取するため、術後イヤホンを装着しにくくなることがあります。

 

鼻中隔軟骨

軟骨採取時に鼻粘膜に傷が残ることがあります。

鼻中隔穿孔のリスクがあります。術後に指やモノを指しいれないようにしてください。

 

肋軟骨

バストの下に傷が残ります。体質によりケロイドとなる可能性があります。

極稀に軟骨採取の際、気胸を来す可能性があります。

術後若干運動の際に痛みがあります。

鼻中隔延長 最新情報

2018年6月22日 in 鼻中隔延長術, 鼻尖縮小術3D法, 鼻翼縮小術, 鼻背部軟骨移植術

J 鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術+鼻翼縮小術(外側法)+鼻尖縮小術手術後2週間の経過写真

関連項目:J 鼻&#20013…

Read More
2018年6月19日 in 鼻中隔延長術, 鼻尖縮小術3D法, 鼻翼縮小術, 鼻背部軟骨移植術

G 鼻翼縮小術(外側法)+鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術+鼻尖縮小術後6ヶ月の経過写真

関連項目:G 鼻&#32764…

Read More
2018年6月17日 in 眉間プロテーゼ, 鼻プロテーゼ入れ替え術, 鼻中隔延長術

FM 鼻中隔延長術+他院鼻プロテーゼ入れ替え術+眉間プロテーゼ手術後2週間の経過写真

関連項目:FM 鼻&#2001…

Read More

© 2017 Primo All rights reserved.