下眼瞼拡大修正術 目の整形 | プリモ麻布十番クリニック

診療のご案内

下眼瞼拡大修正術

下がりすぎたまぶたを自然な形態に戻したい

たれ目形成(下眼瞼拡大術、下眼瞼下制術、グラマラスライン形成術)により下がりすぎたまぶたを自然な形態に戻す手術です。

たれ目を元に戻したい方、自然なたれ目にしたい方、三白眼が気になる方、表情が不自然に感じる方が適応になります。

下眼瞼拡大修正術 症状

三白眼の程度が強いと不自然に感じることがあります。

過度なたれ目形成により、微笑んだ時の目元の表情が不自然に感じる場合があります。

下眼瞼拡大修正術 当院の特徴

下がりすぎたまぶたを自然な形態に戻す手術です。
固定糸の抜去、瘢痕、癒着の解除、不足した組織の補充(粘膜の移植など)、外眼角固定などを必要に応じて組み合わせて行います。
手術は静脈麻酔を用い、意識、痛みのない状態で行います。

下眼瞼拡大修正術 方法

経結膜的に瘢痕を剥離し、癒着を解除します。

結膜の不足がある場合は、口蓋の粘膜を移植して、下まぶたの位置を調整します。

外眼角部の固定を行い、後戻りを予防します。

硬口蓋粘膜の採取

下眼瞼拡大修正術 症例写真

O 他院下眼瞼拡大修正術(たれ目形成修正) 症例経過写真

他院で半年ほど前にたれ目形成を受けていらっしゃいましたが、下がりすぎているのを修正してより自然な状態にしたいとご来院されました。三白眼にならないくらいでたれ目にしたいとのご希望でした。当院で他院下眼瞼拡大修正術(たれ目形成修正)を施行しました。たれ目を戻すために、瘢痕解除、粘膜移植、外眼角固定を複合的に行いました。

下眼瞼拡大修正術 処置期間、アフターケア

《手術当日》

患部の状態

結膜部に移植片固定の糸。皮膚側には二重ライン外側の小さな縫合部に糸がつきます。
口腔内粘膜採取部に人工真皮(フィルム用の膜)があたります。
埋没する糸で外側へ固定するため、つっぱった感じがあります。
術後若干後戻りする可能性がありますので、直後はやや過矯正とすることが多くなります。
浮腫みにより、白目が一時的にゼリー状になる場合がありますが、時間の経過とともに消失していきます。
血液の混ざったような目やにが出る場合がありますが、異常ではありませんので優しく拭き取ってください。
まれに内出血が出ることがあります。白目の部分に赤く出ることもあります。個人差はありますが、約1~2週間で消失します。

術後処置・アフターケア

手術当日帰宅直前に医師による検診があります。

抗生剤(細菌感染予防のため)・鎮痛剤(通常痛みは軽度ですが、念のため処方しています)・胃薬(鎮痛剤などによる副作用を抑制するため)を術後3日間内服していただきます。

術後はドライアイ用の点眼薬2種類、眼軟膏を使用して頂きます。

眼軟膏は就寝前に目の中に直接入れて、お渡しするテープで閉瞼した状態を保ちお休みください。

日常生活

当日より洗顔、洗髪、全身のシャワーが可能です。

入浴・激しい運動は1週間程度お控え下さい。

当日からメイクが可能です。目元のメイクは翌日から可能です。

コンタクトレンズは、移植組織が安定するまで、少なくとも2週間は控えてください。

目元をこすらないようにしてください。稀に出血したり、縫合している糸が外れたりする可能性があります。又、傷に悪影響を及ぼす可能性がありますので、安静を保つようにして下さい。

口腔内のきずが治癒するまで飲水食後はその都度うがいを行ってください。

治癒するまで、硬い食べ物も避けてください。

歯ブラシは口蓋の粘膜採取部にあたらないように気をつけてください。

目に力を入れて強く閉瞼することも避けてください。

就寝時はクッション等を用いて上半身を高くしてお休みください。

飲酒・喫煙は1週間程度お控えください。

《7日目》【検診のためご来院】

患部の状態

腫れは1~2週間で引いていきます。

術後若干後戻りする可能性があります。

浮腫みにより、白目が一時的にゼリー状になる場合がありますが、時間の経過とともに消失してきます。

血液の混ざったような目やにが出る場合がありますが、異常ではありませんので優しく拭き取ってください。

まれに内出血が出ることがあります。白目の部分に赤く出ることもあります。個人差はありますが、約1~2週間で消失します。

術後処置・アフターケア

医師による診察があります。

上まぶた小切開部の抜糸を行います。口腔内の人工真皮を除去しますが、創部が治癒するまではあと1週間近くかかる見込みです。

日常生活

術後7日目以降、通常通り入浴、運動が可能になります。

ドライアイを防ぐため、引き続き点眼薬、眼軟膏を使用してください。

目元をこすらないようにしてください。稀に出血したり、縫合している糸が外れたりする可能性があります。

口腔内の創部が治癒するまで、飲水食後にうがいを継続してください。

《1~3ヶ月》【検診のためご来院】

患部の状態

徐々に完成に近づきますが、まだ若干の浮腫みや腫れがございます。

術後処置・アフターケア

医師による検診があります。

術後処置はございません。

日常生活

ドライアイが気になる方は、引き続き点眼薬を使用してください。

コンタクトレンズの装着が可能となります。

目元をこすらないようにしてください。稀に出血したり、縫合している糸が外れたりする可能性があります。

《6ヶ月》【検診のためご来院】

患部の状態

ほぼ完成となります。

術後処置・アフターケア

医師による検診があります。

術後処置はございません。

日常生活

すべて通常通り可能です。

下眼瞼拡大修正術 Q&A

たれ目を元に戻したいのですが、手術を受けてからだいぶ時間がたっています。元に戻せるでしょうか。

時間がたっている場合でも、状態を正確に把握し適切な方法を組み合わせることでかなり元の状態に戻すことができます。
状態を拝見することでより正確なご提案ができますので一度カウンセリングにお越しください。

口腔内の粘膜を採取した場合、食事はできるのでしょうか?歯磨きはどうなりますか?

創部が治癒するまで硬いものは控えていただきますが、当日から柔らかいものを食べていただくことが可能です。

また、治癒するまで飲水食後には、その都度うがいを行っていただきます。歯磨きは創部にあたらないように行うことができます。

下眼瞼拡大修正術(たれ目形成修正術) 料金

下眼瞼拡大修正術(たれ目形成修正術) ¥450,000

下眼瞼拡大修正術(たれ目形成修正術)

組織の移植をともなう複雑なもの

¥600,000

※価格は全て税別です。

下眼瞼拡大修正術 術後経過・リスク・副作用・合併症

起こりうる可能性のあることを列挙しております。

当院ではこれらの合併症を起こさないよう、それぞれについてしっかりと対策を取り、細心の注意を払い施術を行っております。

万一症状が起きた場合にも対処法をご用意しております。症状の改善を図るように全力で診療を行います。

術後経過について

手術後の腫れ
手術後およそ2~4日で大きな腫れは引いていきます。浮腫みは1~2週間気になる場合があります。完成は約6か月です。
手術後の結膜の浮腫み、内出血
稀に出現することがあります。1~2週間で消失していきます。
瞼の違和感
術後早期は、瞼に違和感を生じます。外眼角部の固定を行った場合は、つっぱる感じがあります。これらは時間の経過とともに緩和する症状です。
傷跡
結膜と二重ラインの外側に小さな傷ができます。経過とともに目立たなくなっていきます。

リスク・副作用・合併症について

埋没した吸収糸の露出
抜糸を行う、または露出部分を切除し対処いたします。
感染
稀ですがどのような手術でも感染のリスクがあります。感染が起きた場合、抗生剤による治療や、膿がたまっている場合は小切開排膿を行い、感染源の摘出が必要となる場合があります。
移植組織の生着不良、壊死
移植した組織に感染を生じた場合など壊死に陥ることがあります。その場合、後戻りを生じて効果が不十分となる可能性があります。必要に応じて修正手術を検討します。
後戻り、変化が乏しい、変化しすぎる
状況に応じて再度修正術を行うことで調整を行います。
瞼の形態の変化
目は自然な大きさになり、元の顔の印象に近づきます。涙袋の形態も変化する場合があります。
逆さまつ毛
まぶたが元々の状態に近づくため、通常改善する方向になります。もし、手術後も残存した場合は、逆さまつ毛手術を追加することによってさらに改善することが可能です。
複視
外眼筋に手術の影響が及ぶと起こることがあります。

 

組織採取部位のリスクについて
口蓋粘膜
採取部位が治るまで1~2週間を要します。治癒するまで、特に食事摂取の際に鈍痛が生じる可能性があります。

© 2018 Primo All rights reserved.

0120-062-069
お問い合わせ