豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン) 豊胸・バストアップ | プリモ麻布十番クリニック

診療のご案内

 

豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン)

最新のプロテーゼにより、美しいバストアップ

当院で使用しているプロテーゼは、ソフトコヒーシヴシリコンという材質でできております。シリコンがちょうどグミのような状態になっており、万一破損した場合でも、内容物であるシリコンが漏出しにくい構造で、安全性の高い製品です。

形態は日本人の体形にあったアナトミカルタイプです。


プロテーゼの表面にはテクスチャード加工が施されており、ザラザラの表面に薄い被膜が覆う形になり、膜の表面積が拡大し、被膜線維の方向も一定の向きに揃わないため被膜拘縮の予防となります。

当院の豊胸術のアフターケアはバストバンドを着けるのみ、マッサージは全く不要です。

被膜拘縮について

プロテーゼの最適なサイズを決める事はとても重要なことです。ご自身の体型に合ったサイズを選ぶために、我々は術中に試着感覚で患者さまに直接大きくなったバストを確認していただき、サイズを変化させながら、最適な大きさを選んでいただく方法で行っております。

この方法を用いることで、術後大きすぎる、あるいは小さすぎると後悔することはありません。はっきりとしない状態で選ぶのではと心配される方がおられますが、しっかりと受け答えができ、ご自身で自信もって選べる状態に回復するまでお待ちいたしますのでご安心ください。

プロテーゼの挿入層は、乳腺下法大胸筋筋膜下法、大胸筋下法が代表的方法です。個々の体型に合わせて適切な挿入層をご提案させていただきます。

豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン) 当院の特徴

プロテーゼによる豊胸術において最大の問題として被膜拘縮があります。プロテーゼは生体にとって異物なので、体に入れると異物反応がおこり、プロテーゼを包むように周囲に被膜が形成されます。
この反応はすべての方に起きる反応です。この被膜自体は害のあるものではありませんが、時間経過により繊維が縮む性質があります。このことを被膜拘縮と呼びます。この程度が個人差として表れ、場合によっては硬くなってしまうことがあります。

この被膜拘縮を減らすために当院では、

テクスチャード加工のプロテーゼを採用しています。

被膜拘縮を予防する内服薬を手術から3か月間服用します。

高周波温熱療法を術後経過中施行し、高周波の作用で炎症を抑え、創傷治癒を促し被膜が厚く硬くなるのを予防します。

などで万全のフォローをさせていただきます。

高周波温熱療法により、術後の痛みの緩和をはかり、腫脹の軽減、内出血の消退を早め、被膜拘縮を予防します。

プリモが使用するシリコンプロテーゼとは?

当院の採用するシリコンプロテーゼの特殊配合ジェルは、アラガン社、メンター社、ユーロシリコン社などにかつて属した経験豊かなプロフェッショナルが集結・設立した Establishment Labs社で作る、世界最新の豊胸プロテーゼです。

乳腺に近い柔らかさ(感触)で、今までにない更なる自然な動きと柔らかさを実現します。

横になるとラウンドタイプ、起き上がるとアナトミカルタイプの形になる最新のシリコンプロテーゼです。

プリモが採用するシリコンプロテーゼの特徴と利点

ジェル充填率100%

リップリングが起きにくく、foldingの問題を解決しプロテーゼの破損を防ぎます。
これによりデコルテラインからのボリュームをしっかりと作れます。

バッグ表面加工は最新のプリントによるマイクロテクスチャー(スムースシルク)

遅発性漿液腫やダブルカプセルの可能性を大幅に軽減します。スムース・シルクは、EL社と英国 マンチェスター国立大学(The PLASTIC AND RECONSTRUCTIVE RESEARCH CENTER AT the University of Manchester)との共同研究で生まれましたので、更なる安全性と安心感を患者様へ提供します。

ダブルカプセル、拘縮の改善!

FDA承認済 NuSil社製 医療用コヒーシブシリコンを使用

当院の採用するシリコンプロテーゼの特殊配合ジェルは、史上最高の柔らかさを実現し、自然な動きを実現しました。乳腺に近い柔らかさ(感触)の豊胸プロテーゼです。

伸長率は平均約65%と、より強固な豊胸プロテーゼを実現

破損の可能性を大きく軽減しました。

ジェル形状は6層構造

ジェル漏れを防止するバリアレイヤーにブルーシールを採用しています。バリアレーヤーの存在を肉眼で確認でき、更なる品質向上と安全性を確立しました。

豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン) 方法

脇のしわに沿って3-4cmほど切開いたします。この後は指を用いて、優しくプロテーゼを入れるポケットを作成します。届く限りの範囲、すべて指でポケットを作成するため、出血は極わずかとなり、術後の痛みも最小限とすることが可能です。

ポケット作成後はサイズを決めるテストプロテーゼを入れ、この時点で眠りから起きていただきます。意識がはっきりとした後、座っていただき鏡でサイズを確認し、お好みのサイズのプロテーゼを選んでいただきます。その後は再び眠りにつき、テストプロテーゼを取り出し、本物のプロテーゼをお入れいたします。プロテーゼを入れる際にも、皮膚を摩擦から守る反転縫合を施し挿入します。

挿入後、抗生剤と止血剤を入れた生理食塩水で片側500 mlづつ洗浄をおこない、形成外科縫合で丁寧に縫合して手術を終了します。

豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン) 症例写真

J シリコンプロテーゼによる豊胸術 症例経過写真

アナトミカルタイプのソフトコヒーシヴシリコンプロテーゼが大胸筋筋膜下に入っています。サイズは彼と手術中に相談し、少し大きめの285ccのプロテーゼを選択されました。23歳女性(bust_01_10)

BE シリコンプロテーゼによる豊胸術 症例経過写真

腋の下からアナトミカルタイプのシリコンプロテーゼを大胸筋筋膜下へ入れています。サイズは術中にご自身で見て選択され190cc を選ばれました。31歳女性(bust_01_1)

BD シリコンプロテーゼによる豊胸術 症例経過写真

腋の下から大胸筋筋膜下にアナトミカルタイプのソフトコヒーシヴシリコンプロテーゼを入れています。 サイズは旦那様と一緒に手術中に見て選択し、210cc の大きさを選ばれました。36歳女性(bust_01_2)

BB シリコンプロテーゼによる豊胸術 症例経過写真

アナトミカルタイプのシリコンプロテーゼを大胸筋筋膜下に入れています。プロテーゼのサイズは術中にご自身で見て選択され285ccの大きさを選ばれました。27歳女性(bust_01_3)

豊胸術(プロテーゼ挿入)の処置期間・アフターケア

《手術当日》

患部の状態

腋の下またはバストのアンダーに傷があります。
創の近くにドレーンと呼ばれる溜まった血液を抜く管を挿入しています。溜まっていらなくなった血液や組織液を排出することで、腫れや内出血を最小限にする大切なものです。ご自身で抜いたり外したりしないでください。通常術後2~4日目に抜去します。
プロテーゼの位置を安定させるため、胸に包帯が巻いてあります。
手術後痛み、違和感のある時期です。数日で消失する事が多いです。
稀に上腕、バスト周囲のしびれ、感覚低下を生じることがあります。
全身麻酔で手術された方は、麻酔の影響により、のどが痛くなることがあります。通常数日で改善します。

術後処置・アフターケア

手術当日帰宅直前に医師による診察があります。

帰宅直前にドレーンの排液量を確認いたします。

抗生剤(細菌感染予防のため)・鎮痛剤・胃薬(鎮痛剤などによる副作用を抑制するため)を術後4日間、被膜拘縮予防の内服薬を術後3か月内服していただきます。

上記鎮痛剤に加え、強力な痛み止めを頓用で処方いたします。

日常生活

ドレーンが抜けるまでは、下半身のみシャワー浴が可能です。入浴は1週間お控え下さい。

術後は安静が必要です。腕をよく使う激しい運動は3か月お控え下さい。

就寝時はクッション等を用いて上半身を高くして仰臥位でお休みください。うつ伏せ、横向きでの就眠はバストにストレスがかかります。プロテーゼの位置異常の原因にもなる可能性がありますのでご注意ください。

飲酒・喫煙は1週間程度お控えください。

《翌日~3日目》【点滴のためご来院】

患部の状態

プロテーゼの位置を安定させるため、胸に包帯が巻いてあります。

バスト周囲に腫れがあります。およそ10~14日で引いていきます。仕上がりは6か月です。

内出血が生じるとバスト周囲などが紫あるいは黄色っぽくなります。個人差はありますが、通常1~2週間で自然に吸収され消失します。

術後処置・アフターケア

創部の状態をチェックいたします。

胸の包帯が緩んでいる場合、巻き直しを行います。ドレーン抜去後からバストバンドに付け替えます。

バストバンドの固定を通常1か月間行います。術後2週間は24時間装着してください。術後2週間以降は夜間就寝時に装着してください。装着しないあるいは適切でなかった場合、プロテーゼの位置異常を生じる可能性があります。

術後1日目、2日目に抗生剤の点滴投与をいたします。

術後1日目、必要に応じ2日目以降もドレーンの状態を確認いたします。ドレーンからの排液量が少なくなれば抜去いたします。ドレーンを用いますが、血腫、漿液腫のリスクはゼロではございません。必要があれば除去手術を行います。

ワイヤー入りなどバストへ負担のかかるブラジャーは、位置異常や、褥瘡(床ずれ)の予防のため禁止させていただいております。

手術当日に処方された内服薬を継続して内服してください。副作用などを疑うような症状があればお申し出ください。

日常生活

ドレーンが抜けるまでは、下半身のみシャワー浴が可能です。ドレーン抜去の翌日から全身のシャワー浴が可能です。傷口は強くこすらないようにして下さい。

術後は安静が必要です。腕をよく使う激しい運動は3か月お控え下さい。

ドレーン抜去後から脇のストレッチを行っていただきます。

術後のバストへのご自身によるマッサージは禁止しております。行うことで被膜拘縮のリスクが高まると考えております。

就寝時はクッション等を用いて上半身を高くして仰臥位でお休みください。うつ伏せ、横向きでの就眠はバストにストレスがかかります。プロテーゼの位置異常の原因にもなる可能性がありますのでご注意ください。

飲酒・喫煙は1週間程度お控えください。

《7日目》【抜糸のためご来院】

患部の状態

プロテーゼの位置を適切にするために、バストバンドを付けていただきます。

傷跡に赤み、盛り上がりがあります。赤み、盛り上がりは個人差がありますが、通常約6か月以内に落ち着きます。

手術後、腕の挙上がある程度制限されます。徐々にストレッチなどによって可動域を改善させるようにいたします。

術後バストの感覚が鈍くなることがありますが、多くは一時的です。プロテーゼのサイズを大きなモノにした場合、稀に感覚低下やしびれなどの症状が永続する場合があります。

腫れはまだある時期です。10~14日でおおよそ引いていきます。仕上がりは6か月です。

内出血が生じるとバスト周囲などが紫あるいは黄色っぽくなります。個人差はありますが、通常1~2週間で自然に吸収され消失します。

術後処置・アフターケア

医師による診察があります。

腋の下またはバストのアンダーの抜糸を行います。バストのアンダーでの場合、抜糸後、傷口に専用テープを貼付します。6カ月は継続していただきます。

被膜拘縮予防の内服薬を継続して服用ください。

日常生活

術後7日目以降、通常通り入浴が可能になります。

術後のバストへのご自身によるマッサージは禁止しております。行うと被膜拘縮のリスクが高まると考えております。

バストバンドの固定を術後2週間は24時間装着してください。

引き続き脇のストレッチを行っていただきます。

就寝時は仰向けのみでお休みください。

重いものを持ったり、腕に負担のかかることは避け、胸は強く触らないようにしてください。

《2週間目》【高周波温熱療法のためご来院】

患部の状態

プロテーゼの位置異常を予防するために、バストバンドを付けていただきます。

腫れはおおよそ引いてきます。仕上がりは6か月です。

術後処置・アフターケア

医師による診察があります。

手術後の浮腫みや腫れ・硬さの改善の促進、拘縮予防のために行っている高周波温熱療法CETを1回サービスで施術させていただいております。(2回目以降10分5000円税別)

被膜拘縮予防の内服薬を継続して服用ください。

日常生活

術後のバストへのご自身によるマッサージは禁止しております。行うと被膜拘縮のリスクが高まると考えております。

バストバンドの固定を術後2週間以降は夜間就寝時に装着してください。

ワイヤー入りなどバストへ負担のかかるブラジャーは、位置異常の予防や、褥瘡(床ずれ)の予防のため禁止させていただいております。

引き続き脇のストレッチを行っていただきます。

バストのアンダーで切開した場合、傷口に専用テープを貼付してください。

就寝時は仰向けのみでお休みください。

《1~3ヶ月》【検診のためご来院】

患部の状態

徐々に完成に近づきますが、まだ若干の浮腫みや腫れがございます。

傷跡の赤み、盛り上がりは個人差がありますが、通常約6か月以内に落ち着きます。

術後処置・アフターケア

医師による検診があります。

術後処置はございません。

必要に応じ、高周波温熱療法(10分5000円税別)を行います。

術後3か月間は被膜拘縮予防の薬を継続して内服してください。

日常生活

術後のバストへのご自身によるマッサージは禁止しております。行うと被膜拘縮のリスクが高まると考えております。

ワイヤー入りなどバストへ負担のかかるブラジャーは、位置異常の予防や、褥瘡(床ずれ)の予防のため禁止させていただいております。

バストのアンダーで切開した場合、傷口に専用テープを貼付してください。

就寝時は仰向けのみでお休みください。

《6ヶ月》【検診のためご来院】

患部の状態

違和感はほぼなくなります。 バストはとても柔らかく触れるようになってきます。

通常傷の赤みもなくなり、傷は脇のしわに隠れるように目立たなくなります。

術後処置・アフターケア

医師による検診があります。

術後処置はございません。

 

10年間補償制度

極めて稀ですがシリコンプロテーゼが破損することがあります。万一破損した場合、10年以内であれば、無料で交換いたします。ただし通常の生活動作において、当院の指示する治療、手術後の通院を守った場合に限ります。被膜拘縮、故意の損傷、事故、他の疾患や手術の影響がある場合、損傷が当院の手術と関連が乏しい場合を除きます。

日常生活

運動、姿勢などの制限はなくなります。

ワイヤー入りなどバストへ負担のかかるブラジャーは、位置異常の予防や、褥瘡(床ずれ)の予防のため禁止させていただいております。

豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン) 料金

豊胸術(ソフトコヒーシブシリコン)   ¥ 770,000

※価格は全て税込です。

豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン) 術後経過・リスク・副作用・合併症

起こり得る可能性のあることを列挙しております。
当院ではこれらの症状を起こさないよう、それぞれについてしっかりと対策をとり、細心の注意を払い施術を行っております。
万一症状が起きた場合にも対処法をご用意しております。症状の改善を図るよう全力で診療を行います。

術後経過について

手術後の腫れ、内出血
手術後およそ2〜3週間で引きます。当院では高周波温熱療法(CET)を行うことで腫れ、内出血の消退を早める対策をおこなっております。
術後の痛み
筋肉痛の様な痛みは出現しますので、強力な鎮痛剤を使用いたします。プロテーゼを大胸筋下に入れた場合、筋膜下に比べて痛みがやや強くでますが、デスクワークなどは術後2〜3日より復帰可能です。腕をよく使う仕事の方は1週間程度お休みがあると安心です。
皮膚のツッパリ感、テカリ
皮膚に余裕がない方、あるいは非常に大きなプロテーゼを選択した方は、皮膚がのばされるため突っ張る感じやテカリが生じることがあります。時間の経過とともに緩和する症状です。
脇の可動域制限
脇の下からプロテーゼを入れる場合、脇の可動域が制限されます。術後から伸展、回旋運動をおこないます。これにより徐々に元通りの可動域に戻ります。
バストや上腕のしびれ、知覚低下
術後に出現することがあります。時間の経過とともに改善してまいります。
脇の創の赤み、盛り上がり
赤みは2〜3か月の経過で落ち着いていきます。吸収性糸の縫合による盛り上がりは術後6か月前後で平らになってまいります。

リスク・副作用・合併症について

入れたプロテーゼが動く、ずれる
術後2週間程は動く可能性がありますので、その間バストバンドをしていただいております。一度落ち着いたプロテーゼが動いたり、ずれたりすることはありません。位置異常が発生した場合は、外科的に治療が必要となることがあります。
被膜拘縮
被膜拘縮の原因は感染、血腫、漿液腫などが言われております。被膜拘縮が発生すると硬く感じる、位置異常が生じるなどがあります。治療はプロテーゼの被膜を拡大する方法、プロテーゼの層を入れ替える方法などがあります。
リップリング、プロテーゼの輪郭がわかる
皮下脂肪が薄い方、もともとの乳腺が小さい方で発生することがあります。発生した場合、ヒアルロン酸注入などで改善を図ることができます。
感染
感染が起きた場合、プロテーゼの抜去が必要となります。経過を見ながら落ち着いたら再挿入が可能です。
プロテーゼの破損
プロテーゼが破損した場合、摘出、入れ替えが必要となります。
大きさが気に入らなくなった
入れ替えを行い対応します。当院では手術中にご自身でおこなうサイズチェックを行っており、大きさに対するイメージ違いは皆無となりました。
知覚異常
肋間神経外側皮枝、内側皮枝、上腕皮神経などを損傷すると、知覚異常が生じることがあります。大きなサイズのプロテーゼを選択するとリスクは高くなります。
左右差
もともと左右差が大きい場合は、左右でサイズの違うプロテーゼを選択します。もともとの微妙な大きさの左右差、乳頭位置の左右差、胸郭の左右差などは調節が難しい場合があります。プロテーゼを左右同じサイズで豊胸した場合、元の左右差は残ります。
豊胸術後の形の不満
もともとの乳腺の大きさがいびつであったり、下半分にボリュームが不足していたり、乳輪、乳頭が変形している場合、希望の形に豊胸できない場合があります。

豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン) 最新情報

2021年4月7日 in 豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン)

CB シリコンプロテーゼによる豊胸術 術後2週間の経過写真

術前の正面からです。 2~3カップくらいバストアップしたいと... Read More
2021年4月6日 in 豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン)

BZ シリコンプロテーゼによる豊胸術 術後3か月の経過写真

術前の正面からです。 2~3カップくらいバストアップしたいと... Read More
2021年3月26日 in 豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン)

CB シリコンプロテーゼによる豊胸術 術後1週間の経過写真

術前の正面からです。 2~3カップくらいバストアップしたいと... Read More

© 2018 Primo All rights reserved.

メールで相談 カウンセリング予約 公式LINE 0120-062-069