診療のご案内

目頭切開

目をとにかく大きくしたい・目を横方向に大きく、バランス良く拡大

目頭切開は内側方向に目を大きくしたい場合に有効な術式です。
プリモ麻布十番クリニックではZ形成術による目頭切開を行っております。
傷跡が最小限で、仕上がりが自然な術式です。もしも目頭切開手術前の目に戻したくなった場合にも、ほぼ形態を戻すことのできる安全な術式です。

モウコヒダという余剰皮膚があることが多いため、目と目の間の距離が長く、目が離れてみえてしまいます。
またこのヒダの影響で二重のラインの形が末広型になってしまいます。このため目の横幅が小さく見えたり、キツイ目つきといわれることがあります。また内側のまつげが目に入りやすいという機能的問題もあります。
これら症状を改善するために、モウコヒダを切除する目頭切開術が効果的です。この手術を行うことで、目の横幅が大きくなると同時に、目と目の間の距離が狭くなり、目もとのバランスが良くなります。また平行型の二重ラインにこだわりのある方にも有用な手術となります。

目頭切開 当院の特徴

平行型二重にしたい、離れている目と目の間を狭くしたいなどの希望に応じ、二種類の方法を使い分けております。
局所麻酔は34G極細針を採用(針の細さ0.2mm)、痛みは最小限です。
少しの痛みも怖く不安な方に、表面麻酔、静脈麻酔をおこないます。
翌日からシャワー、洗顔、目頭以外の化粧ができます。
6-0 PDSという極細吸収糸で中縫いをしっかりと行うため、抜糸は4-5日目に可能です(形成外科的縫合)。そのため傷あとは最小限となります。
抜糸翌日より目頭の化粧ができます。

目頭切開 方法

当院の目頭切開術はZ形成術を基本としております。Z形成術には、通常のZ形成術と、Dr.Parkが報告した方法とがあります。 Park法はZ形成による皮膚の入れ替えとともに余剰皮膚を切除する方法です(Z形成術+余剰皮膚切除)。二重の内側の幅を広げたい場合、まつ毛側に余った皮膚をすっきりとさせたい場合、平行型二重の作成に有利です。

Z形成術のみの場合、皮膚の切除を行わないので、傷が最小限で、腫れも早く引きやすい方法です。最大のメリットは、万一術後の形態が気に入らない場合、術前のイメージに戻しやすい点です。
両方法ともに、傷あとがまぶたの辺縁に隠れやすく、非常に目立ちにくい方法です。0.1mm単位で計測をおこない、細部用のメスで切開をすべて行います。皮膚の入れ替えを緊張なくおこなうとともに、皮膚の下の繊維組織を丁寧に必要最小限切除します。吸収される糸での中縫いのあとに8-0ナイロンという極細の糸でさらに細かく皮膚縫合をします。傷あとは目の辺縁に隠れるため、ほとんど目立たなくなります。

Z形成術

Park法

目頭切開 症例写真

R 眼瞼下垂手術+目頭切開+目尻切開+下眼瞼脱脂術+下眼瞼拡大術 症例経過写真

眼瞼下垂手術、目頭切開、目尻切開、下眼瞼拡大術、下眼瞼脱脂術を併用しています。21歳女性(eye_07_13)(eye_08_4)(eye_10_7)(eye_15_6)

K 目頭切開 症例経過写真

26歳女性(eye_08_1)

T 目頭切開+眼瞼下垂手術 症例経過写真

眼瞼下垂手術、目頭切開を併用しています。23歳女性(eye_08_2)

H 目頭切開 症例経過写真

21歳女性(eye_08_3)

U-目頭切開+右重瞼修正切開術 症例経過写真

右二重修正術、下眼瞼脱脂術も併用しております。25歳女性(eye_08_5) (eye_15_5)

G 目頭切開 症例経過写真

23歳女性(eye_08_6)

P 目頭切開+二重埋没法6点固定

二重埋没法6点固定+目頭切開を行っています。31歳女性(eye_08_7)

H 上眼瞼リフト+目頭切開 症例経過写真

目頭切開、上眼瞼リフトを併用しています。35歳女性(eye_12_7)

目頭切開 Q&A

質問なのですが、渡部いずみさんのブログによると「術後カサブタがあると傷跡が残りやすい」とのことだったのですが、 まぶたの手術後はいつから洗顔した方が良いのですか? それと洗顔はどのようにしたら良いでしょうか?(水洗いなのか、石鹸を使うのか、触れるように洗うのかなど) 詳しく教えていただけないでしょうか?

洗顔はまぶたの手術(埋没法、全切開、小切開、目頭切開、蒙古襞形成術、二重修正術、目尻切開、眼瞼下垂手術、下眼瞼拡大術、下眼瞼脱脂術、逆さまつ毛手術、下眼瞼切開術、上眼瞼リフト、ブローリフトなど)を終えたその夜から可能となっております。
ただし手術後の夜は水洗いでお願いしております。
洗顔フォームは翌日の朝より利用可能となります。
洗顔方法ですが、通常の洗顔方法で大丈夫です。
ごしごしとこすらず、泡で優しく洗うように洗顔をしてください。

目頭切開の施術を考えているのですが、もとから目と目の距離が近いタイプです。 目の間の距離は近くならず目頭切開をして大きな目になることは可能ですか? やはり目が寄った印象に変わってしまいますか?

目頭切開術をご希望とのことでございますね。
どの程度の切開をご希望かにより異なってまいりますが、
目頭切開術を行うことによって多少は目が寄った印象に感じられる可能性がございます。
しかし、目元のご状態によっては目頭切開術以外の施術方法も適応の可能性も考えられますため、
まずは専門医とのカウンセリングをお勧めいたします。

目尻切開と下眼瞼拡大術を行いたいのですが、 目をタレ目にするために下に広げる手術ということで、 目が下に引っ張られ、上まぶたの開きが少しでも狭まったりしないでしょうか?

ご希望頂いております下眼瞼拡大術と目尻切開術を行う事によって上瞼の開きが狭まることは考えにくいかと思われます。
しかしながら、術直後は腫れの影響で、上瞼も浮腫みがでますので、
狭まって感じられる場合がございます。

目尻切開は元に戻りやすいそうなので、 目を大きく見せたいので目頭切開を検討しています。 でももともと目と目の間が比較的狭いほうです。 目頭切開しても目と目の間が狭くならない方法はありますか? W法、Z法、内田法など目頭切開にもいろいろやり方が数種類あるようですが、よくわかりません。 目と目の間が狭くならない方法を知りたいです。

目頭切開についてのご質問ですね。 デザインを控えめにすることで、目と目の間の距離を狭くしにくく襞を改善させることはできると思います。 当院ではZ形成術を採用しております。 それでも目を大きくさせようとすれば、その分目と目の間の距離は狭くなります。 目尻切開は単独では効果が小さい場合がありますが、下眼瞼拡大術と併用することでかなり大きな効果が永続します。 目頭側に大きくしにくい場合は、やはり外側、下方に目を大きくするとバランスが改善することが多い様です。

目と目の距離が広いのが気になります。

目と目の間の距離を狭くする方法は目頭切開で改善できます。
まぶたの内側にモウコヒダがあるために、目と目の間が広く見えます。この距離の平均は日本人女子で33~34mmと言われています。これよりも狭いからと言って手術の適応がないとは言えません。顔のバランスを整える目的、目の形をハーフっぽくしたいなどのご要望にこたえる場合も、目頭切開術をおこないます。

傷は目立ちますか?

手術後1~3か月間は術後の炎症による赤みや硬さがありますが、お化粧でカバーできる程度です。
当院の方法はZ形成術を応用した方法なので、皮膚を緊張なく入れ替えるため、また縫合も吸収性糸(6-0 PDS)を用いた形成外科縫合でおこなうため、術後の傷あとはとても綺麗に仕上がります。赤みの続く体質の方には術後検診で適切な治療をさせていただきます(無料)。

術後はどのくらいから化粧ができますか?

手術部位以外は当日からメイクOKです。通常術後4~5日目に抜糸を行います。抜糸翌日から目頭のメイクもOKとなります。

目頭切開Z形成のメリットを教えてください。

Z形成術による目頭切開のメリットは、皮膚切除を行わず、皮膚を立体的にずらしモウコヒダを解除するため、皮膚縫合部に対する張力がかからず傷がとても綺麗に仕上がるところです。
また得られる形態変化も程度の調節が可能で、とても自然な形態となります。万一術後に元に戻したくなった場合も、皮膚の位置を元に戻すことで対応が可能です。

ほんの少しの変化で良いのですが、微調整は可能ですか?

Z形成術の良い点は、目頭を全開にして目を最大に見せることも、微妙にモウコヒダを減らすのみで、顔の印象を大きく変えないという程度にも対応できるデザインの自由度の高さです。微妙な変化にもしっかりと対応可能です。

腫れはどのくらい続きますか?

通常、目頭切開だけだと1週間前後でほとんど腫れは解消します。

術後痛いですか?

術後の痛みはほとんどありません。念のため軽い鎮痛消炎剤を服用いただきます。

手術中は痛いですか?手術時間はどのくらいですか?

麻酔は静脈麻酔で行いますので、意識、痛みはありません。手術時間はおよそ30~40分です。

目頭切開 料金

目頭切開 ¥250,000

※価格は全て税別です。

目頭切開 術後経過・リスク・副作用・合併症

起こり得る可能性のあることを列挙しております。
当院ではこれらの症状を起こさないよう、それぞれについてしっかりと対策をとり、細心の注意を払い施術を行っております。
万一症状が起きた場合にも対処法をご用意しております。症状の改善を図るよう全力で診療を行います。

術後経過について
手術後の腫れ
手術後およそ2~4日で大きな腫れは引いていきます。浮腫みは1~2週間気になる場合があります。完成は約6か月です。
手術後の内出血
稀に出現することがあります。1~2週間で消失していきます。
瞼の違和感
目頭切開を行ったすぐは、瞼に違和感を生じます。時間の経過とともに緩和する症状です。
傷跡
術後1~2か月は赤みが分かります。経過とともに目立たなくなっていきます。
リスク・副作用・合併症について
埋没した吸収糸の露出
抜糸を行う、または露出部分を切除し対処いたします。
感染
稀ですがどのような手術でも感染のリスクがあります。感染が起きた場合、抗生剤による治療や、膿がたまっている場合は小切開排膿を行い、感染源の摘出が必要となる場合があります。
蒙古襞が残る、なさすぎる
再度目頭切開を行うか、蒙古襞形成術で蒙古襞の再建をするなどの調整を行います。
瞼の形態の変化
蒙古襞が減る、なくなることで、大人っぽい雰囲気になります。目と目の間の距離が狭くなります。目は横方向に大きくなります。顔の印象に変化が生じます。

目頭切開 最新情報

Z二重埋没法6点固定+目頭切開+目尻切開手術後6ヶ月の経過写真
2016年12月21日
BB全切開+上眼瞼脱脂術、目頭切開手術後3ヶ月の経過写真
2016年12月5日
L目頭切開手術後6ヶ月の経過写真
2016年11月13日

© 2017 Primo All rights reserved.