TESS LIFT(切らないフェイスリフト) エイジングケア | プリモ麻布十番クリニック

診療のご案内

TESS LIFT(切らないフェイスリフト)

TESS LIFTは、吸収性の医療用PDO(ポリディオキサノン)糸です。

針孔から皮下組織内へ埋め込み、たるみを引き上げ輪郭を改善させます。

TESS LIFT(切らないフェイスリフト) 形状

コグ(突起)のついた糸の周囲をメッシュが覆っている形状が特徴です。

コグが皮下組織に強力に引っ掛かり、たるみを引き上げ保持いたします。

周囲のメッシュは組織工学に基づいて引き上げる力を最大限に維持するようにデザインされています。

TESS LIFT(切らないフェイスリフト) 組織を引き上げ保持する強さの理由

TESS LIFTを挿入後、数時間以内に生体組織の細胞がメッシュ内部に入り込み、

異物反応によってメッシュの周囲を覆うように組織が成長し、メッシュと組織が癒着します。

メッシュは周囲の組織とTESS LIFTの糸をしっかりと繋ぎ、引き上げた状態を保持します。

組織学的研究によって、施術後2週間で糸周囲の組織は急速に成長し、74%の強度に到達することが示されています。

糸の周囲で成長した組織は、糸が吸収された後もたるみを防ぐ助けになります。

TESS LIFT(切らないフェイスリフト) 適応

法令線、頬、顎、首のしわ、たるみが気になる方
手術は怖い、腫れると困るという方
糸による引き上げには興味があるが、異物を入れるのに抵抗がある方

TESS LIFT(切らないフェイスリフト) 方法

TESS LIFT糸によって深部からしっかりと引き上げます。

もみあげ付近、側頭部生え際あたりから頬へ糸を通し引き上げます。

マリオネットライン、ほうれい線、頬全体のたるみの改善が期待できます。

01

皮下脂肪層を中心に糸を挿入します。

02

先端の重なって挿入された3Dメッシュ部分は周囲の組織の成長をさらに効果的に促します。

03

残りの糸を挿入します。

04

糸の最後方部分は方向を変えて挿入します。

05

三列に重なって並んだ部分の3Dメッシュはより強い定着力をもたらします。

たるみを引き上げる力を均等に分散し、不快感を軽減します。

TESS LIFT(切らないフェイスリフト) Q&A

術後は痛いですか?

痛みはほとんどありませんが、念のため鎮痛剤を処方しております。押さえると軽い圧痛が数日ありますので、あまり強いフェイスマッサージなどはお控えください。

運動はいつからできますか?

直後から軽めの運動OKです。激しい運動は念のため1週間ほど控えていただいております。

入れた糸が動いたり、ずれたりしないですか?

刺入した糸が動いたり、ずれたりすることはありません。

手術は痛いですか?

基本的に静脈麻酔を行っておりますので、術中痛みを感じることはありません。ご希望により局所麻酔でも施術可能です。当院の局所麻酔は、痛みを最小限とする極細針を使用し、場所に応じ持続時間の長い麻酔剤を使用するなど痛みを和らげる様々な工夫をいたしております。

傷は目立ちますか?

糸を通した針穴が初めのうち多少赤みがありますが数日で目立たなくなります。翌日からメイクが可能になります。

TESS LIFT(切らないフェイスリフト) 料金

TESS LIFT   ¥60,000/本
  6本以上 ¥45,000/本
  10本以上 ¥30,000/本

※価格は全て税別です。

TESS LIFT(切らないフェイスリフト) 術後経過・リスク・副作用・合併症

起こり得る可能性のあることを列挙しております。
当院ではこれらの症状を起こさないよう、それぞれについてしっかりと対策をとり、細心の注意を払い施術を行っております。
万一症状が起きた場合にも対処法をご用意しております。症状の改善を図るよう全力で診療を行います。

術後経過について

手術後の腫れ
手術後およそ7~10日で大きな腫れはひいていきます。
手術後の内出血
糸を通した部分に内出血が出現することがあります。1~2週間で消失していきます。
違和感
鈍い痛み、違和感を生じることがあります。時間の経過とともに緩和していきます。
傷跡
コグリフトの傷跡は、針穴の様なもので、数週間赤みがありますが、徐々に白く目立ちにくくなっていきます。

リスク・副作用・合併症について

糸の露出
挿入した糸が皮膚の表に出てくることがあります。その場合は表に出た部分の糸をカットして中に埋める処置をします。
肌の凹凸が気になる
糸を使ったリフトでは、限られたポイントを引き上げることになるので、強く引き上げると、皮膚に凹みが生じます。深い凹みが目立つ場合は、凹んだ部分の皮膚を引っ張って糸の引掛りを外すことで凹みを修復することができます。術後早い時期に引掛りを緩めてしまいますと、リフト効果が減ってしまう可能性があります。
感染
埋め込んだ糸が感染を起こすことがあります。抗生剤投与、必要に応じて糸の除去をなどの処置を行います。
左右差
人の身体は元々左右差があるため、完全な左右対象は困難です。また、たるみを引き上げる量には限界があります。手術で修正可能な場合、修正手術を行います。
手術の効果が少ない
糸のリフトは強く引き上げることで、皮膚に凹凸が生じたり、余った皮膚が盛り上がったりする可能性があります。また糸の本数が少ないとリフト効果が少ないと感じることがあります。その場合は、糸の追加挿入をお勧めいたします。糸での引上げには限界があるので、より強い効果をご希望の場合は外科的フェイスリフトをお勧めいたします。

TESS LIFT(切らないフェイスリフト) 最新情報

© 2018 Primo All rights reserved.

0120-062-069
お問い合わせ