診療のご案内

鼻翼基部プロテーゼ手術

鼻翼基部とは鼻翼(小鼻)の付け根の部分のことです。
鼻翼基部の位置が低いと、立体感のない顔立ちになります。また、法令線が深くなり老けて見えたり、口元が出て見えてしまいます。
鼻翼基部プロテーゼを挿入することで、立体的な顔立ちになり、法令線を浅くすることができます。

鼻翼基部プロテーゼ手術 当院の特徴

プロテーゼは患者様に合わせてフィットするように、形をオーダーメイドで調整します。
プロテーゼの挿入は口腔内から行います。外見上傷が目立つことはありません。
手術は気道の確保を安全に行うため、静脈麻酔下におこないます。

鼻翼基部プロテーゼ手術 方法

口腔内犬歯窩あたりの粘膜をおよそ1.5cm程度、左右1箇所ずつ切開します。
上顎骨の骨膜下を剥離し、鼻翼基部プロテーゼを挿入するポケットを形成いたします。
希望に応じ形をオーダーメイドでフィットするように形成したプロテーゼを挿入します。

プロテーゼを最適な位置に固定します。 粘膜切開部を吸収糸で縫合します。

鼻翼基部プロテーゼ手術 Q&A

手術後の腫れはどのくらいでひきますか?

手術後およそ1週間でひいてしまいます。

お化粧はいつからできますか?

手術直後からそのまま化粧OKです。

プロテーゼはレントゲンに写りますか?

プロテーゼはレントゲン、CT、MRIなどで判別できます。

手術は痛いですか?

手術は基本的に静脈麻酔で行っておりますので、痛みを感じることはありません。

傷は目立ちますか?

口の中から手術を行いますので、外見上傷ができることはありません。

鼻翼基部プロテーゼ手術 料金

鼻翼基部プロテーゼ手術 ¥300,000

※価格は全て税別です。

鼻翼基部プロテーゼ手術 術後経過・リスク・副作用・合併症

起こり得る可能性のあることを列挙しております。
当院ではこれらの症状を起こさないよう、それぞれについてしっかりと対策をとり、細心の注意を払い施術を行っております。
万一症状が起きた場合にも対処法をご用意しております。症状の改善を図るよう全力で診療を行います。

術後経過について

手術後の腫れ
7~10日程度でひいていきます。仕上がりは4~6ヶ月です。
手術後の内出血
稀にでることがあります。個人差はありますが、通常1~2週間で自然に吸収され消失いたします。
手術後の違和感
手術後鈍い痛み、違和感を生じることがあります。数日で消失することが多いです。

リスク・副作用・合併症について

プロテーゼの動揺
上唇や頬の動きによってプロテーゼの位置がずれてしまうことがあります。必要に応じ修正手術で矯正いたします。
上唇の感覚異常
上唇にしびれや麻痺が生じることがあります。通常1~6ヶ月で消失いたしますが、稀にしびれが残ることがあります。
感染
稀ですがどのような手術でも感染のリスクがあります。感染した場合、抗生物質点滴、洗浄処置、場合によっては異物の除去などの処置が必要です。
鼻が上向きになる
鼻翼基部へプロテーゼを入れることで、鼻が持ち上がりやや上向きに見えることがあります。必要に応じ向きを調整する修正手術をおこないます。
小鼻の形の左右差
手術後に小鼻の形の左右差が生じることがあります。元々の鼻の形や大きさ、プロテーゼのズレなどが原因と考えられます。できるだけ左右対称になるよう行いますが、わずかな左右差については、必要に応じ修正手術で矯正いたします。

鼻翼基部プロテーゼ手術 最新情報

© 2017 Primo All rights reserved.