診療のご案内

蒙古襞形成(目頭切開修正)

術後の修正・蒙古襞を取りすぎた場合など

目頭切開術により蒙古襞を切除しすぎ、目と目の距離が近くなりすぎた場合などが適応になります。
蒙古襞を新しく作り、目の内側を隠すようにします。

蒙古襞形成(目頭切開修正) 当院の特徴

涙湖(目の内側のピンクの部分)が出すぎたので隠したい、近すぎる目と目の間を広くしたいなどの希望に応じデザインを行います。
局所麻酔は34G極細針を採用(針の細さ0.2mm)、痛みは最小限です。
少しの痛みも怖く不安な方に、表面麻酔、静脈麻酔をおこないます。
翌日からシャワー、洗顔、目頭以外の化粧ができます。
6-0 PDSという極細吸収糸で中縫いをしっかりと行うため、抜糸は4-5日目に可能です(形成外科的縫合)。そのため傷あとは最小限となります。
抜糸翌日より目頭の化粧ができます。

蒙古襞形成(目頭切開修正) 方法

目頭切開のZ形成術の術式をそのまま逆に切って戻す方法でおこないます。内眼角の鼻側の皮膚で皮弁を作成し、ロール状に縫合した皮弁を下眼瞼方向に引き下ろし固定することで、蒙古襞を形成します。
この皮弁の大きさ、位置、角度などの調節によって希望の形態に近く形成いたします。縫合は6-0 PDSを用いた形成外科的縫合を行い内部処理をしっかりとおこないます。術後の傷痕も目立ちにくく修正できる方法です。

状態と希望によっては目頭切開修正にY-V advancement法を用いることもあります。
目立つ瘢痕を目立ちにくく形成したいという希望で、目と目の間の距離がより狭くなる方向で修正したい場合などには瘢痕切除+筋皮弁法などにより修正を行う場合もございます。この場合も縫合は6-0 PDSを用いた形成外科的縫合により内部処理をしっかりとおこないます。術後の傷痕を目立ちにくく修正できる方法です。

蒙古襞形成(目頭切開修正) 症例写真

D 蒙古襞形成術(目頭切開修正) 症例経過写真

術前は他院で目頭切開を受けていらっしゃいましたが、 目の内側の部分が出すぎてしまったということで、 当院で蒙古襞形成術を行いました。29歳男性(eye_17_1)

C 蒙古襞形成術(目頭切開修正) 症例経過写真

蒙古襞形成術1回目。他院で目頭切開を2度行っていましたが切り過ぎてしまい、 マイルドに蒙古襞を再建したいということで修正を行いました。23歳女性(eye_17_2)

C 蒙古襞形成術2回目 症例経過写真

蒙古襞形成術2回目。当院で蒙古襞形成術を行い、蒙古襞をマイルドに再建しましたが、 もう少し戻して末広型の二重にしたいということで、 2回目の蒙古襞形成術を行いました。23歳女性(eye_17_3)

K 蒙古襞形成術 症例経過写真

他院で行った目頭切開の傷あとが気になるということで、 当院で蒙古襞形成術を行いました。 22歳女性(eye_17_4)

蒙古襞形成(目頭切開修正) Q&A

以前三日月法(切除法)、リドレープ法と2回目頭切開を行い、 今年3月にVY法で蒙古襞形成をしました。 ですが、もう少しずつ戻したいのと三日月法(切除法)の傷が目立ち、 その傷を目立たなくしつつ蒙古襞を尖らせて少しずつ戻したいと考えていて、 VY法を行ったクリニックへもう一度カウンセリングしてもらったところ、 皮膚が足らないと目頭を尖らせることは出来ない、丸い目頭になると言われたのですが、 その通りで不可能でしょうか?

蒙古襞形成術は皮膚が足りない場合、戻せる量に限りがありますが、
少しで宜しければ可能な場合があります。
皮膚に余裕があれば目立つ傷跡も隠せる可能性があがります。
くぼんだ傷を治す方法は、蒙古襞形成術の他にも筋皮弁を用いた方法もございます。

蒙古襞形成Bの方はZ法を用いた術式と書いてありましたが、 この方は元にあった傷も形も綺麗に自然になられてますが、 Z法を用いた術式でも傷によっては隠すことは可能なのでしょうか? 傷を平らにする場合は皮弁法がありますとお答え頂いたのですが、 私も同じような傷なのでZ法を用いた術式が可能かもと思いました。 新たに付く傷は皮弁法の方が大きそうに思ったのですが、 Z法を用いた術式とどちらが新たに付く傷が大きいかは現時点でわかりますでしょうか?

当院の目頭切開修正は蒙古襞形成術を用いることが多い様です。
この方法はZ形成を応用した方法で、しっかりと戻す場合、
もともとの目立つ傷痕を目立ちにくく隠す効果があります。
筋皮弁法は傷痕は新たに増えない方法です。
適応があるかどうかは実際に見てみないとわからないかもしれません。
実際に触ってみないと皮膚の伸びや硬さなどが分りません。
どちらが適しているかは目的とする形や質感にもよって変わりますので、
専門医の診察が必要かと思われます。

目の距離が近いのですが蒙古壁があります。 下向きで鋭く目がきつくみえます。 丸い形にしたいのですが、 寄り目なほうなのでこの場合は蒙古壁形成を受ければいいのでしょうか?

目頭切開を受けていなくても蒙古襞形成術は施術可能です。
襞の形成する向き、大きさを調整し丸い感じの目頭を形成することも可能です。
これによって目と目の距離は広がり柔らかい印象に近くなるかと考えます。

蒙古襞形成で丸い目頭ではなく、自然に尖らせつつ戻したいのですが、 皮膚が足りないとやはり段々経過とともに丸くなってしまう可能性は高くなるのでしょうか?

皮膚に余裕がある場合は尖らせるなどの修正も可能な場合がございます。
基本的にはその場合でも尖らせるような形態にする場合、
戻し方としては軽度になる可能性があります。
しっかりと戻す場合は丸い形態になる可能性が高いと思います。

他院にて平行型から末広型への二重になるために目頭修正をしたのですが、 平行型のラインには何ら変化無く蒙古襞だけが出来ました。 蒙古襞の形や大きさは気に入っています。 先生の目頭修正は蒙古襞の大きさを増やさずに(増えたとしても0.5ミリ以内)、 目頭からはみ出た平行型のライン(目頭切開の傷)を覆い隠すことは可能ですか?

蒙古襞形成術は基本的に襞を作って目頭切開の傷を隠して参ります。
そのため蒙古襞の大きさを増やさずにこれ以上傷を隠すことは難しいかも知れません。
蒙古襞を形成しても二重が平行型のままという事であれば、
二重を積極的に狭くする方法が有効かと考えます。
二重修正術によって狭くすることが可能です。
これによって末広型二重に形成できる可能性が高いかと考えます。

目頭修正の手術を受けましたが、 右目の目頭先端に出来たイボのような盛り上がりに悩んでいます。

目頭部分のイボ状の物は、以前に戻された皮膚の余剰(ドッグイアー)かと思われます。
時間とともにある程度改善すると思われますが、
最終的に残った部分がやはり気になるようでしたら、
その部分を最小限で切除する形がもっとも綺麗な目頭にできると考えます。

以前他医院で目頭切開をしていただきました。 出来る限り最小限でお願いしたのですが、平行型希望だったためか、 w方3ミリ切開で1ミリくらいの変化になるようにしていただいたようです。 元から横幅は切れ目で尖っていて鋭角に皮が張った細い目だったので、 希望通り横幅は変えず上に開きを良くしていただけで、 バランスと形はとても良いのですが、 涙道の赤い部分がかなり見えているのが気になり、執刀医に相談したところ、 2、3週間で突っ張りが融和され狭くなると聞いたのですが、 1ヶ月たった今でも変わった気はせずかなり露出しています。 3ヶ月まで少しずつは戻り半年以降は戻らないと言われましたが、 実際戻りがあることは期待していいのでしょうか? 実際戻る様子もないのでとても不安で、 まだ1ヶ月ですが、術後経過を見て修正を考えています。 また最小限で平行型の変化を希望した上で、 先ほど書いた私の目からw方というのは適していたのでしょうか?

当院では目頭切開はZ法、またはPark法を用いており、W法は採用しておりません。
用いる方法により経過は異なってまいりますので、残念ながら正確なことはわかりません。
一般的には傷は6カ月でほぼ完全に落ち着きます。
それまでは微妙な変化があると考えても不思議ではございません。
6カ月経過した時点でもう少し変化を求めるようであれば修正を行うと良いかもしれません。
蒙古襞形成術(目頭切開修正術)は術前の形態に近づける有効な方法です。

目尻切開の適応はだれにでもありますか? 目頭の蒙古襞は細かい希望の形を再現できますか?

目尻切開は眼窩の骨までが切開の限界になります。
目の外側から骨までの距離が大きい方ほど目尻切開の効果が大きくなります。
どなたにも適応はありますが、良い適応かどうかは診察しないとわかりません。
程度の差はありますが、どなたも目尻切開で目は外側に大きくなります。
目頭の蒙古襞は細かい希望の形を再現することは難しい場合もございます。
目頭切開で蒙古襞をどの程度切除するか、
あるいは蒙古襞形成術でどの程度蒙古襞を作るかという選択になります。
デザインも希望に合わせ、それぞれの患者様で長さを計測し調整しております。
それでも目頭は3次元的に立体の構造物ですので、
完全に希望通りにするのは難しい場合があります。
ただ当院の目頭切開は皮膚切除を行わないため、修正が容易で、
術後の微調整も行える調節性に優れた方法になります。
一度で理想の形に近づくよう、具体的なイメージなどがあればとても役に立ちます。

2年ほど前に他院にて三日月法(単純切開法)による目頭切開をうけました。 その後、眼が寄り目になったりなどはしていないのですが形があまり気に入らず、 ネット上で三日月法による切開は術後3年も経過すると段々崩れると目にしました。 その後不安で夜もよく眠れずに悩んでいます。 出来たら目頭切開前の目に出来る限り戻したいのですが、 目頭修正によって蒙古襞を形成し直せば崩れなどは防げるでしょうか? また今の傷は2cmほどの大きな傷ですが目頭修正によって隠すことは出来ますか? それとも更に目立つことになるでしょうか?

三日月法による目頭切開を当院では採用しておりませんので、
経過については不明ですが、通常手術後6カ月~1年で形が安定すれば、
それ以上変化が起こることは考えにくいことと思われます。
もしも現在の形が不満であれば、
蒙古襞形成術(目頭切開修正術)により蒙古襞を作成すること手術前の印象に近づけることが可能です。
いまの目立つ傷は蒙古襞形成術により目立ちにくくできる可能性が高いと考えます。

1ヶ月半ほど前、他院で目頭切開を受け、顔が激変してバランスもおかしくなり悩んでいます。 W法で皮膚切除を行ったなら、時間が経てば多少元に戻ると耳にしたのですが本当ですか?

目頭切開の修正についてW法で皮膚切除を行った場合、
縫合法によっては傷が広がって多少形が戻ることがあるようです。
ただしこの場合は傷がくぼんで目立つことがあります。
目頭切開の方法によっては元の形近くに戻せることもありますが、
戻せない方法の場合は、新たに蒙古襞形成術が必要になります。

4年前に他院で目頭切開の手術を受けました。 W法です。右目の皮膚を切られ過ぎ、今は斜視のような状態です。 赤い部分が見え過ぎて痛いし、死にたいくらい悩んでいます。 早く修正をしたいです。 切られ過ぎた場合も修正可能でしょうか?

W法による目頭切開後の修正は蒙古襞形成術(目頭切開修正術)で可能です。
片目の場合も十分に対応可能です。
どの程度戻したいかの理想写真を持参いただければ参考に修正する事ができます。

質問なのですが、渡部いずみさんのブログによると「術後カサブタがあると傷跡が残りやすい」とのことだったのですが、 まぶたの手術後はいつから洗顔した方が良いのですか? それと洗顔はどのようにしたら良いでしょうか?(水洗いなのか、石鹸を使うのか、触れるように洗うのかなど) 詳しく教えていただけないでしょうか?

洗顔はまぶたの手術(埋没法、全切開、小切開、目頭切開、蒙古襞形成術、二重修正術、目尻切開、眼瞼下垂手術、下眼瞼拡大術、下眼瞼脱脂術、逆さまつ毛手術、下眼瞼切開術、上眼瞼リフト、ブローリフトなど)を終えたその夜から可能となっております。
ただし手術後の夜は水洗いでお願いしております。
洗顔フォームは翌日の朝より利用可能となります。
洗顔方法ですが、通常の洗顔方法で大丈夫です。
ごしごしとこすらず、泡で優しく洗うように洗顔をしてください。

二重瞼の全切開手術と目頭切開の手術をしているのですが、 目つきがきつくなってしまい困ってます。 蒙古襞形成で今平行二重なのですが、末広二重に変えられないですか? また、同日に眼瞼下垂の手術を一緒に行うことはできますか?

蒙古襞形成術(目頭切開修正)によって末広型の二重、あるいは末広型に近い二重を作ることは可能です。 蒙古襞形成術と同時に眼瞼下垂手術を行う事も可能です。 目元に蒙古襞を形成することでやや童顔なイメージになり、きつさの緩和につながる可能性があります。 眼瞼下垂手術によって目の開きが改善し、丸い目の傾向になることでやはりきつさの改善につながる可能性があります。

1.5ヶ月前に目頭切開w法と部分切開を受けたのですが、 切開線がミミズ腫れになりラインが崩れているので修正を考えております。 細菌感染の疑いがあるのでフロモックスを2週間飲みましたが、 ラインは膨らんだままで切開の内側で折り込まれています。 修正は可能でしょうか。

目頭切開修正のご相談ですね。
ご希望の修正内容をお伺いいたし、最適な術式をご提案させていただきます。
修正は術後3カ月の経過後に可能となるかと思います。

目頭切開の修正をしたいのですが、 目頭切開をしたときに抜糸をせずに放置したままの場合でも目頭切開の修正をすることは可能ですか?

目頭切開の修正についてですが、まだ抜糸をしていないご状態でも、 戻す手術は可能な場合がございます。 もちろん一度抜糸をおこなって経過を待ち修正する場合もございます。

今年の3月に広島の某美容外科で目頭切開(Z法)と埋没3点どめで平行二重にしたのですが、 整形だとばれたくないのでわからない程度にとお願いしたのですが、 明らかに術前とは別人の顔になってしまい、外国人のような目元になってしまいました。 周りの人たちには「整形したでしょ!」と言われ日々引きこもりたい気持ちでつらいです。 元々一重に近い奥二重で、アイテープで幅広の奥二重にしていました。 今は、目頭切開をしたことを大変後悔しています。 整形前の目頭に戻したいです。 でもやはりまた周囲に「顔が変わった」と言われるのが怖いです。 なので二重はそのままで目頭だけを修正したいです。 二重幅がアイテープ時代とだいぶ違って「そんなにくっきり二重だったっけ?」とよく言われるのですが、 今は幅が落ち着いて自然になってきているので二重は治したいとは考えていないです。 しかし、平行型にしたことにより目頭切開の傷とつながって余計目が寄って見えます。 二重の幅はこのままでできれば奥二重になりたいです。 目頭だけを元に戻したらこのままの二重幅で平行から奥二重になるのでしょうか? こちらの医院の蒙古襞形成の症例写真を拝見させていただいたのですが、 皆さん平行二重から奥二重になってらっしゃるので、 私もそうなればいいなと思ったのですが、 この二重は埋没で作ったものなのでやはり難しいのでしょうか?

目頭切開修正のご希望ですね。 当院の蒙古襞形成術により元の目頭に近い形に戻したいということですが、 十分に戻せる可能性があると思われます。 二重はそのままで大丈夫です。 埋没法で行った二重でも蒙古襞形成術を行うことは問題ございません。 術後は平行型二重から末広型二重になる、あるいは近くなります。

切られすぎて凹んだ目頭切開の修正を考えているのですが、 福岡に住んでいる為、何度も通うのが困難なのです。 写真を添付して修正が出来る可能性がある目なのか判断して頂く事は可能でしょうか。 可能でありそうならカウンセリングに行きたいと思うのですが。

目頭切開の修正についてのお問い合わせですね。 写真をお送り頂ければ、医師が確認させていただき返答いたします。 目の状態が詳しく分かるように撮影いただき、メールで添付頂ければ確認いたします。 そのうえで診断結果をメールで回答させていただきます。 写真をお待ち致しております。

3年前、他院にて眼瞼下垂、たれ目形成(2回)、目尻切開、鼻の軟骨移植手術を受けました。 たれ目は元々つり目だったこともあり2回受けたものの戻りがあり満足できず、 眼瞼下垂の手術は上まぶたの見開きは大きくなったものの二重は狭くなってしまいました。 私は元々蒙古襞が少なく目と目の距離が近くて、すごくコンプレックスです。 修正手術によって、たれ目と二重の幅を広げ蒙古襞を形成して少し目と目の距離を離すことはできますか?

お伝え頂きましたご状態の場合、当院の修正手術によって、さらにたれ目にすること、 二重の幅を広げること、蒙古襞を形成して少し目と目の距離を離すことは同時に十分可能な手術と思います。 眼瞼下垂修正術、下眼瞼拡大術修正術、蒙古襞形成術というコンビネーションで手術時間はおよそ4時間程度かと思われます。目頭切開をしていない元々近い方も、蒙古襞形成術によって目と目の距離を離す手術は行っております。

他院にて一年以上前に全切開と目頭切開をしました。 まず目頭切開の傷跡(くぼみなど)を治したい、またできれば少し戻したいこと。 全切開では左目のラインがガタガタしているので、 一本線に縫い直して頂きたく思っております。 最後に右目の目尻側が織り込まれづらいので、埋没もして頂きたいです。 子供がいる為、カウンセリング日に埋没一点どめは希望しております。 先生の修正を拝見いたしましたが、 とても傷が目立たず、是非カウンセリングをお願いしたく思っております。

目頭切開、全切開の修正のご希望ですね。 目頭の傷跡と少し戻し形態を整える方法は蒙古襞形成術(目頭切開修正)で可能です。 当院の手術はすべて縫合にしっかりと時間をかけて丁寧に形成外科縫合を行いますので、 仕上がりは綺麗になると考えます。 切開を行った後の目尻側の折れ込み不足の原因は、 切開処理の問題、脂肪の問題、眼輪筋などの軟部組織の問題等が考えられます。 もしも埋没法で解決しそうであれば、カウンセリングの際に対応可能な可能性もあります。 ただし埋没法では難しい場合は、切開による修正をお勧めいたします。 一度拝見させていただければ正確な診断が可能かと思いますので、 お時間がある際にご考慮頂ければと思います。

目と目の距離が狭くなりすぎたのが気になります。

目と目の間の距離を広くする方法は蒙古襞形成術で改善できます。モウコヒダをとりすぎたため、目と目の間が狭くなっているのでモウコヒダを形成します。
目と目の間の距離の平均は日本人女子で33~34mmと言われています。顔のバランスを整える目的、ハーフっぽくなってしまった目の形を修正したいなどのご要望にも、蒙古襞形成術をおこないます。

傷は目立ちますか?

手術後1~3か月間は術後の炎症による赤みや硬さがありますが、お化粧でカバーできる程度です。当院の方法はZ形成術を応用した方法で、吸収性糸(6-0 PDS)を用いた形成外科縫合でおこなうため、術後の傷あとは目立ちにくくなります。
赤みの続く体質の方には術後検診で適切な治療をさせていただきます(無料)。

術後はどのくらいから化粧ができますか?

手術部位以外は当日からメイクOKです。通常術後4~5日目に抜糸を行います。抜糸翌日から目頭のメイクもOKとなります。

ほんの少しの変化で良いのですが、微調整は可能ですか?

Z形成術の良い点は、微妙にモウコヒダの量の調節が可能で、顔の印象を大きく変えないという程度にも対応できるデザインの自由度があります。微妙な変化にもしっかりと対応可能です。

腫れはどのくらい続きますか?

通常、目頭切開だけだと1週間前後でほとんど腫れは解消します。

術後痛いですか?

術後の痛みはほとんどありません。念のため軽い鎮痛消炎剤を服用いただきます。

手術中は痛いですか?手術時間はどのくらいですか?

麻酔は静脈麻酔で行いますので、意識、痛みはありません。手術時間はおよそ30~40分です。

蒙古襞形成(目頭切開修正) 料金

蒙古襞形成(目頭切開修正 ¥350,000

※価格は全て税別です。

蒙古襞形成(目頭切開修正) 術後経過・リスク・副作用・合併症

起こり得る可能性のあることを列挙しております。
当院ではこれらの症状を起こさないよう、それぞれについてしっかりと対策をとり、細心の注意を払い施術を行っております。
万一症状が起きた場合にも対処法をご用意しております。症状の改善を図るよう全力で診療を行います。

術後経過について

手術後の腫れ
手術後およそ3〜7日で大きな腫れは引いていきます。浮腫みは1〜2週間気になる場合があります。完成は約6か月です。
手術後の内出血
稀に出現することがあります。1〜2週間で消失していきます。
瞼の違和感
蒙古襞形成を行ったすぐは、瞼に違和感を生じます。時間の経過とともに緩和する症状です。
傷跡
術後1〜2か月は赤みが分かります。経過とともに目立たなくなっていきます。

リスク・副作用・合併症について

埋没した吸収糸の露出
抜糸を行う、または露出部分を切除し対処いたします。
感染
稀ですがどのような手術でも感染のリスクがあります。感染が起きた場合、抗生剤による治療や、膿がたまっている場合は小切開排膿を行い、感染源の摘出が必要となる場合があります。
形成した蒙古襞が足りない・ありすぎる
腫れが引くのを待ったうえ形を評価し、再度蒙古襞形成術を行うか、目頭切開術で蒙古襞の切開をするなどの調整を行います。
瞼の形態の変化
蒙古襞ができることで、子供っぽい雰囲気になります。目と目の間の距離が広くなります。目は横方向に小さくなります。顔の印象に変化が生じます。
傷跡
白くテカテカした瘢痕を生じた場合、光の加減で目立ったり、お化粧の乗りがやや悪くなることがあります。傷跡が赤く盛り上がることがあります。傷の治りを良くするクリーム、注射、内服薬などで治療を行います。必要があれば切除再縫合で改善を図ります。
ドッグイヤー(dog ear)
縫合部の両端にdog earという皮膚の高まりができます。短い切開で余剰皮膚を多くとればとるほどドッグイヤーが目立ちます。切開線を長くすることでドッグイヤーは目立たなくなります。
二重の形
蒙古襞ができることで二重は末広型になる、あるいは近くなります。平行型の二重が希望の場合、さらに重瞼手術で形成する必要があります。

蒙古襞形成(目頭切開修正) 最新情報

2017年11月29日 in 蒙古襞形成(目頭切開修正)

N 左蒙古襞形成術手術後3ヶ月の経過写真

関連項目:M蒙古…

Read More
2017年11月28日 in 蒙古襞形成(目頭切開修正)

O 蒙古襞形成術(目頭切開修正)術後1ヶ月の経過写真

関連項目:K 蒙&#21476…

Read More
2017年11月14日 in 蒙古襞形成(目頭切開修正)

O 蒙古襞形成術(目頭切開修正)術後2週間の経過写真

関連項目:K 蒙&#21476…

Read More

© 2017 Primo All rights reserved.