診療のご案内

下眼瞼切開術(ハムラ法)

若い時の印象に近づけたい・皺を減らし、ふくらみを整えより若い印象に

下まぶたは皮膚が薄いところなので老化とともに皺、タルミが目立ちやすい場所と言えます。下眼瞼のふくらみは老化とともに前に出てきた眼窩脂肪が原因です。
また加齢とともに頬にあった脂肪が下垂し、ふくらみの下にくぼみを作ってしまいます。

下眼瞼切開術(ハムラ法) 当院の特徴

局所麻酔は34G極細針を採用(針の細さ0.2mm)、痛みは最小限です。
少しの痛みも怖く不安な方には、表面麻酔、静脈麻酔をおこないます。
6-0 PDSという極細吸収糸で中縫いをしっかりと行うため、抜糸は4〜5日目に可能です(形成外科的縫合)。そのため傷あとは最小限となります。
脂肪をしっかりと下方に移動させ固定することで、目袋の改善と深いしわの改善をおこないます。
外反(あかんべー状態)予防のため筋肉の吊り上げをおこないます。
抜糸翌日より下まぶたの化粧ができます。

下眼瞼切開術(ハムラ法) 方法

当院のスタンダードな固定法です。ループを重ねてダブルで固定する方法で、内側から外側まで綺麗なラインをしっかりと強力に作ることが可能です。控え目なラインから、派手なラインまで対応でき、非常にはずれにくい方法です。

タルミはまつ毛の際で皮膚を切除し取り除きます。取り過ぎると外反となることがありますので注意が必要です。皮膚を切除後、眼輪筋の下を剥離し眼窩脂肪を露出させます。余分な眼窩脂肪は切除しても良いのですが、目の下のくぼみの部分に移してくぼみの改善に役立てるハムラ法をおこなうと一石二鳥の効果が得られます。
脂肪を移動させた後、眼輪筋を外側に引き上げ下まぶたの引き締めを行います。この時点で皮膚がまだ余っていれば切除を追加します。
吸収される糸で中縫いを丁寧におこない、皮膚縫合は極細の糸で軽く縫合するため、傷あとが目立つことはありません。

もっと頬にかけての張りを出したい場合は、脂肪注入あるいはヒアルロン酸注入をおこなうことで更なる若返りが達成できます。

下眼瞼切開術(ハムラ法) 症例写真

C 下眼瞼切開(ハムラ法) 症例経過写真

70歳女性

B 下眼瞼切開術(ハムラ法) 症例経過写真

73歳女性

下眼瞼切開術(ハムラ法) Q&A

質問なのですが、渡部いずみさんのブログによると「術後カサブタがあると傷跡が残りやすい」とのことだったのですが、 まぶたの手術後はいつから洗顔した方が良いのですか? それと洗顔はどのようにしたら良いでしょうか?(水洗いなのか、石鹸を使うのか、触れるように洗うのかなど) 詳しく教えていただけないでしょうか?

洗顔はまぶたの手術(埋没法、全切開、小切開、目頭切開、蒙古襞形成術、二重修正術、目尻切開、眼瞼下垂手術、下眼瞼拡大術、下眼瞼脱脂術、逆さまつ毛手術、下眼瞼切開術、上眼瞼リフト、ブローリフトなど)を終えたその夜から可能となっております。
ただし手術後の夜は水洗いでお願いしております。
洗顔フォームは翌日の朝より利用可能となります。
洗顔方法ですが、通常の洗顔方法で大丈夫です。
ごしごしとこすらず、泡で優しく洗うように洗顔をしてください。

傷は目立ちますか?

手術後1~3か月間は術後の炎症による赤みや硬さがありますが、皮膚の傷はとても綺麗に治る場所で、落ち着けば目立つことはあまりないところです。赤みの続く体質の方には術後検診で適切な治療をさせていただきます(無料)。

術後はどのくらいから化粧ができますか?

手術部位以外は当日からメイクOKです。通常術後5日目に抜糸を行います。抜糸翌日から下眼瞼のメイクもOKとなります。

腫れはどのくらい続きますか?

通常、1~2週間前後でほとんど腫れは解消します。

術後痛いですか?

術後の痛みはほとんどありません。念のため軽い鎮痛消炎剤を服用いただきます。

手術中は痛いですか?手術時間はどのくらいですか?

麻酔は静脈麻酔で行いますので、意識、痛みはありません。手術時間はおよそ2時間です。

内出血はでますか?

まれに内出血がでることがあります。皮膚に出た場合はコンシーラーで隠せますが、吸収されるまでに1~2週間を要します。

術後の注意点などはありますか?

術後、まれに目が乾燥しやすくなります。点眼剤の使用、就寝時には眼軟膏をしばらくの間使用していただくことがあります。

下眼瞼切開術(ハムラ法) 料金

下眼瞼切開術(ハムラ法) ¥400,000

※価格は全て税別です。

下眼瞼切開術(ハムラ法) 術後経過・リスク・副作用・合併症

起こり得る可能性のあることを列挙しております。
当院ではこれらの症状を起こさないよう、それぞれについてしっかりと対策をとり、細心の注意を払い施術を行っております。
万一症状が起きた場合にも対処法をご用意しております。症状の改善を図るよう全力で診療を行います。

術後経過について
手術後の腫れ
手術後およそ3~7日で大きな腫れは引いていきます。浮腫みは1週間程度気になる場合があります。
手術後の内出血
稀に出現することがあります。白目の部分に出ることも極稀にあります。1~2週間で消失していきます。
瞼の違和感
下眼瞼切開術を行ったすぐは、瞼に違和感を生じます。時間の経過とともに緩和する症状です。
傷跡
まつ毛の生え際に残ります。術後1~2か月は赤みが分かります。経過とともに目立たなくなっていきます。
感覚異常
感覚が鈍くなることがありますが多くは一時的です。通常は手術後半年までに自然回復していきます。
リスク・副作用・合併症について
埋没した吸収糸の露出
抜糸を行う、または露出部分を切除し対処いたします。
白目の腫れ
むくみにより、白目が一時的にゼリー状になる場合がありますが、時間の経過とともに消失していきます。点眼剤、眼軟膏で治癒を早めます。
外反
術後の腫れ、皮膚の取り過ぎなどによりまぶたが外反しアカンベー状態になることがあります。程度は個人差がありますが、約3~6ヶ月で落ち着きます。改善しない場合は植皮術が必要となる場合があります。
くま
くまが改善する手術ですが、色などの症状は残ります。
また、小じわやたるみは完全にはなくなりません。取りすぎると外反のリスクが高まりますので、状況に応じ最適な切除量を設定いたします。
複視
外眼筋に手術の影響が及ぶと起こることがあります。手術中に外眼筋を損傷しないよう確認し行います。
ドライアイ
目の開きがよくなることで、乾きやすくなることがあります。
流涙
術後涙が流れやすくなることがあります。術後の腫れの影響で涙小管が閉塞した場合おこります。腫れが引くとともに改善いたします。
まぶたの形態
若干つり目傾向になる場合があります。まぶたの硬さ、違和感を生じる場合があります。移動させた脂肪もはじめ硬さがあります。移動した脂肪の量が足りない場合、ヒアルロン酸や脂肪の注入を必要とする場合があります。
たるみが残る
小じわやたるみは完全にはなくなりません。取りすぎると外反のリスクが高まりますので、状況に応じ最適な切除量を設定いたします。

下眼瞼切開術(ハムラ法) 最新情報

2016年7月27日 in 下眼瞼切開術(ハムラ法), 目整形

C下眼瞼切開(ハムラ法)手術後3ヶ月の経過写真

下眼瞼切開(&#…

Read More
2016年5月27日 in 下眼瞼切開術(ハムラ法), 目整形

C下眼瞼切開(ハムラ法)手術後1ヶ月の経過写真

下眼瞼切開(&#…

Read More
2016年5月6日 in 下眼瞼切開術(ハムラ法), 目整形

C下眼瞼切開(ハムラ法)手術後1週間の経過写真

下眼瞼切開(&#…

Read More

© 2017 Primo All rights reserved.