Eシリコンプロテーゼによる豊胸術手術後1週間の経過写真

 

シリコンプロテーゼによる豊胸術手術後一週間の経過写真です。

 

腕とバスト外側に内出血が認められますが、

 

あと1?2週間で吸収され消失すると思われます。

 

 

手術前の正面写真です。

 

もともとほんの少し右のバストが大きいようです。

 

 

術後1週間の斜めからです。

 

やや内出血が派手に見えますが、

 

時間とともに完全になくなる症状です。

 

アナトミカルタイプの240ccシリコンプロテーゼを

 

大胸筋筋膜下に入れています。

 

 

手術の前の斜めからです。

 

 

手術後1週間の横からです。

 

プロテーゼのポジションは良い感じで、

 

アナトミカルタイプの良い形が出ています。

 

 

手術前の横からです。

 

体型にあったサイズが選ばれたと思います。

 

 

 


Author 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

More posts by 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

Leave a Reply

© 2017 Primo All rights reserved.