メラニン | プリモ麻布十番クリニック

皮膚で作られる色素。メラニン色素ともいう。
メラニンは主に黒褐色の真性メラニンと橙赤色の亜メラニンの2種類に分類される。
表皮の最下層である基底層や毛根に存在するメラノサイトと呼ばれる細胞により生成される。
メラニンは細胞を傷つける有害な紫外線を吸収し、身体を紫外線から守る役割を果たしている。
日焼けにより肌が黒くなるのは肌を紫外線から守るためにメラニンが生成されるため。
ただし、強い紫外線を浴びることでメラニンが過剰に発生すると、しみやそばかすの原因になってしまう。


Author 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

More posts by 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

© 2018 Primo All rights reserved.