乳房縮小術 胸整形 | プリモ麻布十番クリニック

診療のご案内

 

乳房縮小術

大きすぎるバストを体系に合う大きさに

大きすぎる乳房の形を小さく整える方法は乳房縮小術になります。体の大きさに対しアンバランスに大きすぎるバストは、肩こりの原因になることもあります。乳房縮小術は余分な皮膚、乳腺を適量切除し、乳輪、乳頭の位置も調節し、バストの形態を整えます。

乳房縮小術 方法

余剰皮膚、および過剰な乳腺組織を切除し乳房の形を整えます。切除デザインは、乳房の大きさや年齢を考慮して決定します。

余剰皮膚の比較的少ない場合、Goes法という、乳輪周囲を楕円形に切除し縫合する方法を選択します。皮膚切除量が多い場合、乳房下溝まで切開線を延長するVertical法を用います。更に余剰皮膚が多い場合、皮膚を逆T字型に縫合する乳房縮小術を選択します。

当院は内部処理として中縫いを高性能吸収性極細糸でしっかりと行い、外縫いはさらに極細非吸収糸で行う、創傷治癒に最良な形成外科的縫合を採用しております。

乳房縮小術の処置期間・アフターケア

《手術当日》

患部の状態

バストの乳輪周囲に傷があります。通常7日目で抜糸となります。

乳房下縁にドレーンと呼ばれる溜まった血液を抜く管を挿入させていただきます。溜まっていらなくなった血液や組織液を排出することで、腫れや内出血を最小限にする大切なものです。ご自身で抜いたり外したりしないでください。通常術後1~2日目に抜去します。

バストの形を安定させるため、胸に包帯が巻いてあります。

一時的に感覚が鈍くなることがあります。通常3~6か月程度で改善していきます。

全身麻酔で手術された方は、麻酔の影響により、のどが痛くなることがあります。通常数日で改善します。

術後処置・アフターケア

手術当日帰宅直前に医師による検診があります。

抗生剤(細菌感染予防のため)・鎮痛剤・胃薬(鎮痛剤などによる副作用を抑制するため)を術後4日間、被膜拘縮予防の内服薬を術後3か月間内服していただきます。

日常生活

ドレーンが抜けるまでは、下半身のみシャワー浴が可能です。入浴は1週間お控え下さい。

術後は安静が必要です。激しい運動は3か月お控え下さい。

就寝時はクッション等を用いて上半身を高くして仰臥位でお休みください。うつ伏せ、横向きでの就眠はバストにストレスがかかります。

飲酒・喫煙は1週間程度お控えください。

《翌日~3日目》【点滴のためご来院】

患部の状態

乳房の形を安定させるため、胸に包帯が巻いてあります。

腫れはまだある時期です。およそ10~14日で引いていきます。仕上がりは6か月です。

内出血が生じると乳輪周囲~胸全体などが紫あるいは黄色っぽくなります。個人差はありますが、通常1~2週間で自然に吸収され消失します。

手術後に血が溜まって乳頭や乳輪が腫れることがあります。血が溜まったままにしておくと感染やしこりができる恐れがあります。必要に応じて、溜まった血液を排出する処置をいたします。

術後処置・アフターケア

創部の状態をチェックいたします。

術後1日目、2日目に抗生剤の点滴投与をいたします。

術後1日目、必要に応じ2日目以降もドレーンの状態を確認いたします。ドレーンからの排出量が少なくなれば抜去いたします。

胸の包帯が緩んでいる場合、巻き直しを行います。通常7日間胸に包帯を巻いて固定いたします。

手術当日に処方された内服薬を継続して内服してください。副作用などを疑うような症状があればお申し出ください。

日常生活

ドレーンが抜けるまでは、下半身のみシャワー浴が可能です。ドレーン抜去の翌日から全身のシャワー浴が可能です。傷口は強くこすらないようにして下さい。

術後は安静が必要です。激しい運動は1か月お控え下さい。

就寝時はクッション等を用いて上半身を高くして仰臥位でお休みください。うつ伏せ、横向きでの就眠はバストにストレスがかかります。

飲酒・喫煙は1週間程度お控えください。

《7日目》【抜糸のためご来院】

患部の状態

乳房の形を安定させるため、胸に包帯が巻いてあります。

傷の赤みは数カ月かけて薄茶色から白っぽい瘢痕になります。

腫れはまだある時期です。術後10~14日で引いていきます。仕上がりは6か月です。

内出血が生じると乳輪周囲~胸全体などが紫あるいは黄色っぽくなります。個人差はありますが、通常1~2週間で自然に吸収され消失します。

術後処置・アフターケア

医師による診察があります。

胸に巻いている包帯を外し、縫合創の抜糸を行います。

抜糸後は創に傷跡を保護する専用テープを貼付いたします。およそ6か月程度継続していただきます。

被膜拘縮予防の薬を継続して内服してください。

日常生活

術後7日目以降、通常通り入浴が可能になります。

1か月間はスポーツブラを装着していただきます。2か月目後以降は下着の制限はございません。

就寝時は仰向けでお休みください。

《1~3ヶ月》【検診のためご来院】

患部の状態

徐々に完成に近づきますが、まだ多少の浮腫みや腫れがございます。

傷の赤みは数カ月かけて薄茶色から白っぽい瘢痕になります。

体質によって、傷跡がケロイドのように盛り上がったり、段差ができることがあります。傷跡が気になる場合は傷クリームやハイドロキノンの使用やステロイド注射などを行います。

術後処置・アフターケア

医師による検診があります。

術後処置はございません。

術後3か月間は被膜拘縮予防の薬を継続して内服してください。

創に傷跡を保護する専用テープを貼付いたします。およそ6か月程度継続していただきます。

日常生活

1か月間はスポーツブラを装着していただきます。2か月目後以降は下着の制限はございません。

就寝時は仰臥位でお休みください。

《6ヶ月》【検診のためご来院】

患部の状態

傷の赤みは数カ月かけて薄茶色から白っぽい瘢痕になります。

柔らかさも出てきて、ほぼ完成となります。

術後処置・アフターケア

医師による検診があります。

術後処置はございません。

日常生活

すべて通常通り可能ですが、念のため胸をぶつけたり、潰したりしないよう守るようにしてください。

乳房縮小術 症例写真

BM 乳房縮小術 症例経過写真

BM 乳房縮小術 症例経過写真

乳房のボリュームはあまり小さくせず、 乳房、乳輪形態、位置を整えたいとのご希望でした。 乳輪の縮小量が比較的大きいことを考慮して、ご本人と相談の上、 逆T字型の傷跡になる乳房縮小術を選択しました。 乳輪乳頭の位置はご本人の希望に沿ってやや頭側に設定しました。

乳房縮小術 Q&A

手術後の腫れ、内出血はどのくらいでひきますか?

手術後およそ2週間でひいてしまいます。高周波温熱療法(CET)を行うことで腫れ、内出血の消退を早めます。

術後は痛いですか?どのくらいで仕事に復帰できますか?

筋肉痛の様な痛みは出現しますが、強力な鎮痛剤を使用しますので、日常生活は翌日から普通におくれます。デスクワークなどは術後2-3日より復帰可能です。腕をよく使う仕事の方は1週間程度お休みがあると安心です。

運動はいつからできますか?

激しい運動は1カ月ほど控えていただいております。

手術は痛いですか?

基本的に全身麻酔と硬膜外麻酔の併用で行っておりますので、術中痛みを感じることはありません。    

傷は目立ちますか?

当院では、傷跡は最小限とするために、皮膚縫合を丁寧に形成外科的におこない、抜糸後は専用テープを用いてメンテナンスを行います。乳輪周囲にギャザーと言われる余剰皮膚の辺縁がしわになりますが、これも経過とともに目立ちにくくなります。
ただし、乳房全体の形態を整える手術なので、程度にもよりますが、傷の範囲はやや大きくなります。大きなものを小さくする手術は縫合部に緊張がかかりますので、傷が成熟するまでの時間もやや長く要することが通常です。

授乳に影響しますか?

当院では乳頭から乳腺へのつながりを温存して手術を行うため、不必要に乳腺組織を損傷することはありません。乳腺組織の減量が必要な場合、乳腺下部などの末梢組織から減量しますので、授乳は可能です。またシリコンプロテーゼを用いた場合も、授乳には影響はありませんのでご安心ください。

乳房縮小術のQ&Aをもっと見る

乳房縮小術 料金

乳房縮小術   ¥ 1,320,000

※価格は全て税込です。

乳房縮小術 術後経過・リスク・副作用・合併症

起こり得る可能性のあることを列挙しております。
当院ではこれらの症状を起こさないよう、それぞれについてしっかりと対策をとり、細心の注意を払い施術を行っております。
万一症状が起きた場合にも対処法をご用意しております。症状の改善を図るよう全力で診療を行います。

術後経過について

手術後の腫れ
手術後およそ7〜14日で大きな腫れは引いていきます。完成は約6か月です。
手術後の内出血
乳輪周囲〜胸全体に内出血が出現することがあります。1〜2週間で消失していきます。
ドレーン
術後の血液や浸出液を対外に排出するためにいれます。翌日検診に来ていただき、必要に応じて2日目、3日目と通院が必要な場合があります。
傷跡
切開部に傷が残ります。傷の赤みは数か月かけて薄茶色から白っぽい瘢痕になります。

リスク・副作用・合併症について

血腫
手術後に血が溜まって乳頭や乳輪が腫れることがあります。血が溜まったままにしておくと感染やしこりを作る恐れがあります。必要に応じて、溜まった血液を排出する処置をいたします。
埋没した吸収糸の露出
抜糸を行う、または露出部分を切除し対処いたします。
感染
稀ですがどのような手術でも感染のリスクがあります。感染が起きた場合、抗生剤による治療や、膿がたまっている場合は小切開排膿を行い、感染源の摘出が必要となる場合があります。
壊死
手術により、患部の血流が悪くなり、乳頭や乳腺、皮下脂肪、皮膚などが壊死する可能性があります。術後、血行不良が疑われる場合は壊死する前に処置する必要があります。壊死した場合は、感染の原因となりますので、壊死した組織を切り取る必要があります。タバコはお控え下さい。部分的な壊死の場合、経過とともに治癒し目立たなくなります。やや大きい範囲で壊死をきたした場合は乳房再建術が必要となる可能性があります。
術後の違和感、感覚異常
手術によって知覚神経が傷つくことがあるので、一時的に感覚が鈍くなることがあります。3〜6ヵ月程度で改善してきます。
左右差
切除する組織の量や元々の左右の位置づれでの左右差が生じることがあります。術前のデザイン時、できる限り左右の大きさを合わせるように調整はしておりますが、もともと左右差が大きい場合は、術後も左右差が残りやすくなります。人の身体は元々左右差があるため、完全な左右対象は困難です。手術で修正可能な場合、修正手術を行います。
傷跡が気になる
体質によって、傷跡がケロイドのように盛り上がる、段差が気になる、ギャザーができるなどが起こります。傷跡が気になる場合は、傷クリームやハイドロキノンの使用やステロイド注射投与などを行います。
乳房が小さくなりすぎた
壊死などが起きるとご希望よりも乳頭が小さくなる可能性があります。必要に応じ乳房再建術を行います。
手術後も乳房が大きいと感じる
術後3〜6か月は浮腫みがあるため、予定より大きく見えます。むくみが落ち着くまで経過をみていただく必要があります。経過を待っても、大きいと感じる場合は乳房の追加切除を行います。

乳房縮小術 最新情報

2018年2月22日

BM 乳房縮小術手術後6か月の経過写真

2017年12月1日

BM 乳房縮小術手術後3か月の経過写真

2017年10月5日

BM 乳房縮小術手術後2か月の経過写真

© 2018 Primo All rights reserved.

メールで相談 カウンセリング予約 公式LINE 0120-062-069