多汗症 | プリモ麻布十番クリニック

発汗が異常に多くなる症状のこと。
全身に発生する全身性多汗症と、身体の特定の部位に発生する局所性多汗症に分類される。
汗腺が多い腋の下や手足に発生することが多い。
汗の量については汗腺のひとつであるエクリン腺が関係しており、もともとエクリン腺の数が多かったり、汗の分泌を促す自律神経が乱れることにより多汗症になることがある。
症状がひどい場合、日常生活や対人関係に悪影響を及ぼすことがある。
治療法としては、ボトックス注入により筋肉や汗腺組織の働きを弱め、汗の量を減少させることが可能。


Author 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

More posts by 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

© 2018 Primo All rights reserved.

0120-062-069
お問い合わせ