目頭切開 | プリモ麻布十番クリニック

まぶたの目頭側にある 蒙古襞 (もうこひだ)と呼ばれる皮膚の余分な部分を切開して目を大きくする手術。
日本人には蒙古襞がある人が多く、目と目の間が離れて見えてしまうことがある。
また、二重のラインに影響を与え、蒙古襞があると末広型の二重になる傾向がある。
目頭切開は目を内側方向に大きくし、目と目の間隔を狭くしたり、目を開きやすくしたり、二重のラインを平行型に整えたい場合に有効である。


Author 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

More posts by 美容形成外科医 大場 理事長 ブログ

© 2018 Primo All rights reserved.