診療のご案内

ゼニカル(オーリスタット)脂肪吸収抑制剤

メディカルダイエット(ダイエット補助薬)

アメリカでは肥満防止の処方薬としてFDA(食品医薬局)の認可を受け、最も安全なダイエット補助薬として処方されております。
食事に含まれる脂肪分を体内で分解・吸収するのにはリパーゼという酵素が必要です。

ゼニカルはリパーゼの働きを強力に抑え、脂肪の吸収を抑制します。
食事中の脂肪分の約30%の吸収を抑えると言われています。

吸収されなかった脂肪は便に混じって排泄されます。
ゼニカルの成分そのものも99%がそのまま腸管から排泄されてしまうため、全身的な副作用少ないとされています。

ゼニカル(オーリスタット)脂肪吸収抑制剤 適応

脂肪の多い(こってり、脂っこい)食材が好きな方
外食が多い方
過食症

ゼニカル(オーリスタット)脂肪吸収抑制剤 服用方法

1日3回、食事の前に1回1カプセルを内服します。食直後でも効果はあります。
初めての方は1日1カプセルから開始することをお勧めしています。
通常、服用から2週間以内に体重減少が始まり、6か月から12カ月間減量効果が認められます。

ゼニカル(オーリスタット)脂肪吸収抑制剤 Q&A

ゼニカルを服用してはいけない状態はありますか?

妊婦、授乳中、慢性吸収不良症候群など。

副作用を教えてください。

急激な便意を催す、ガスによる膨満感、脂分を含んだ排便などの消化管症状が出現することがあります。これらの症状は、通常は軽微で服用初期に起こりやすい症状で、短期間で改善することが多いようです。

ゼニカルを服用するときの食事の注意点はありますか?

ゼニカルを服用すると、脂溶性ビタミンA、D、E、Kが不足しがちになります。ビタミン製剤、サプリメントを同時に摂取する事をお勧めしております。

ゼニカル(オーリスタット)脂肪吸収抑制剤 料金

ゼニカル(オーリスタット)
脂肪吸収抑制剤
1カプセル ¥400

※価格は全て税別です。

ゼニカル(オーリスタット)脂肪吸収抑制剤 術後経過・リスク・副作用・合併症

起こり得る可能性のあることを列挙しております。
当院ではこれらの症状を起こさないよう、それぞれについてしっかりと対策をとり、細心の注意を払い施術を行っております。
万一症状が起きた場合にも対処法をご用意しております。症状の改善を図るよう全力で診療を行います。

術後経過について
毎日の体重測定
体重測定は毎日決まった時間に行うようにしてください。これによってダイエットや薬服用の効果を知ることができます。
食生活の管理
あくまでも、ダイエット補助の役割となりますので、ご自身でも過食を抑えるようにこころがけてください。
穏やかな体重減少効果
数か月かけて徐々に痩せます。急激な体重減少はリバウンドしやすいようです。
リスク・副作用・合併症について
急にトイレに行きたくなる
急に便意をもよおしたり、ガスによる胃腸の膨満感、頻回の放屁などがあります。治療の初期に起こりやすい症状ですが、通常症状は軽く短期間で解消することが多いようです。
肌が乾燥する
ゼニカルはベータカロチンやビタミンEといった脂肪に溶けやすい栄養素の吸収を抑えるため、頻用しているとお肌がかさかさすることがあります。脂溶性ビタミンの補給や、果物や野菜を多く含む食生活を心がけて下さい。

ゼニカル(オーリスタット)脂肪吸収抑制剤 最新情報

2011年9月11日 in ゼニカル(オーリスタット)脂肪吸収抑制剤, 痩身(ダイエット・部分痩せ)

ゼニカル(Xenical)に助けてもらって^^

ゼニカルはス&#…

Read More

© 2017 Primo All rights reserved.