診療のご案内

BNLS(脂肪溶解注射)

BN LIPOSCULPTING SOLUTION

BNLS(脂肪溶解注射/BN LIPOSCULPTING SOLUTION)とは、植物、海藻などから抽出した
有効成分によって組織の血行を促進させ、浮腫を消退させ、脂肪を燃焼させる注射です。

BNLS(脂肪溶解注射) 成分

セイヨウトチノキ(マロニエ)

サポニンなどの成分が豊富に含まれており血液循環の改善を促す働きがあり、血行促進し、引き締め効果が高く、また人体の組織間に沈着してしまっている老廃物に対しても分解を促し、むくみを解消する働きがあります。マロニエエキスがデトックスやセルライト対策にも効果を発揮すると言われているのは、これらの根拠に基づくものです。

ペルシアグルミ

α-リノレイン酸(オメガ-3脂肪酸)は血流を改善させる作用があります。

アデノシン三リン酸(ATP)

代謝賦活薬で組織の血管を拡張し血流を改善します。エネルギー代謝サイクルを活性化する効果があります。

チロシン

アミノ酸の一種。アドレナリンやノルアドレナリン、ドーパミンなどの神経伝達物質や、甲状腺ホルモンの原料になります。甲状腺ホルモンは脂質を燃焼させエネルギーを産生させる働きがあります。

ヒバマタ抽出物

海藻の一種、甲状腺ホルモンの材料となるヨウ素を豊富に含む。新陳代謝を活発にする効果がある。ヒバマタに含まれているアルギン酸は有害物質を吸着して排出する効果があります。

BNLS(脂肪溶解注射) 効果

リンパ循環促進作用
脂肪分解作用
肌のひきしめ作用

BNLS(脂肪溶解注射) 方法

注入は1週間おきに3回程度が推奨されています。
注入量の目安は、頬片側2〜3cc、アゴ下4〜6ccとなっています。
一度の施術で20ccまで注入可能です。
ボディに注入することも、もちろん可能です。

BNLS(脂肪溶解注射) 他の脂肪分解溶液との違い

浮腫を生じない

通常、フォスファチジルコリンやほかの脂肪分解溶液では注入部位に浮腫が2-4日持続したり、熱感が生じたりします。

迅速な効果

他の脂肪分解溶液では脂肪量の変化を確認するのに最低でも2-3週間を要します。
BNLSではわずか2-3日で脂肪量の変化を確認することができます。

治療間隔の短縮

他の脂肪分解溶液での治療間隔は通常2-3週間を要します。
BNLSの治療は1週間の間隔で行うことができます。

BNLS(脂肪溶解注射) Q&A

BNLSの効果を実感できるのは注射後どれ位経過してからですか?

患者様の状態にもよりますが、大体3日後くらいです。

BNLSの注射後に脂肪が元に戻ることはありますか? (リバウンドはありますか?)

基本的にリバウンドはありませんが、患者様の食生活や生活環境によりリバウンドすることもあります。

1回の治療でも十分な効果を期待できますか?

1回の治療でも効果は期待出来ますが、十分な効果を出すには3回程度の治療をお勧めいたします。

凹凸になることはありますか?

カニューラを使用しないと凹凸になる可能性があるので、カニューラの使用が推奨されます。

脂肪溶解注射のように硬いしこりが残ることがありますか?

非常にまれにしこりが残る場合がありますが、これは血腫によるものと考えられます。BNLSによるものではなく、注入テクニックによるものと考えられます。

BNLSを繰り返し使用する場合、どの位の期間を空けますか?

1週間以上空ければ注入可能です。

顔全体(顎の部分を含む)広範囲に注射したいのですが、1回の施術で何㏄まで 使用可能ですか?

約20ccが目安となります。

注射後翌日以降は有酸素運動の代わりに顔のマッサージは有効でしょうか? マッサージは推奨されますか?

マッサージや、有酸素運動は良い結果につながります。マッサージすることでBNLSが皮膚内によく広がり効果的です。有酸素運動は、BNLSで溶けた脂肪を燃焼し減少させると考えられます。

有酸素運動を3日間するのとしないのとでは、どの程度効果に違いがありますか?

数値化するのは難しいのですが、運動をした方がより良い結果が出ています。

注射後に推奨する施術はありますか?

高周波温熱療法(CET)など、BNLSの治療の3〜5日後からの治療を推奨します。

BNLSで一番効果の出る部位はどこですか?

顎の下、耳の下(肥大した唾液腺)、まぶた、鼻、頬などです。

BNLS(脂肪溶解注射) 料金

BNLS 10,000円/cc

BNLS(脂肪溶解注射) 注意事項

あざができても、1週間で消失します。
注射当日は注入部位に触れたり、こすったりしないで下さい。
洗顔や化粧は当日から可能です。
飲酒は控えて下さい。
治療後3日間はサウナを控えて下さい。
治療後3日間の有酸素運動(エアロビクス)を推奨します。少なくとも1時間は行って下さい。
RF(ラジオ波)治療を行う場合は、リンパ排液を介して身体から溶解した脂肪を排出させるために、本治療の3-5日後を推奨します。

BNLS(脂肪溶解注射) 最新情報

2015年7月15日 in BNLS(脂肪溶解注射), 痩身(ダイエット・部分痩せ), 顔の整形

BNLSリポスカルプティング注射

BNLS(脂肪溶解&#2788…

Read More
2015年2月1日 in BNLS(脂肪溶解注射), お知らせ

脂肪溶解注射BNLSの取り扱いを開始

No related posts.

Read More
2014年8月3日 in BNLS(脂肪溶解注射), プチ整形・注入治療, 痩身(ダイエット・部分痩せ)

脂肪溶解注射

 リポリシス &#6…

Read More

© 2017 Primo All rights reserved.