陥没乳頭 胸整形 | プリモ麻布十番クリニック

診療のご案内

陥没乳頭

陥没した乳首を引き出したい

乳首が突出せず、埋まっている状態の乳首を陥没乳頭といいます。重症度は教科書的には3つに分類されています。

グレード 1

陥没乳頭を簡単に徒手的に整復できるが、いずれまたもとに戻る。

グレード 2

何とかピンセットなどで引き上げると整復できるが、離すと陥没する。

グレード 3

手術によらなければ乳頭は出てこない。

手術の目標として、陥没している乳頭を突出させること、そして授乳機能を温存するということが大切になってきます。

陥没乳頭 方法

グレード1、2に対しては、Teimourian法を用いて手術を行います。乳輪基部2か所に笹の葉状に皮弁を作成し、皮弁の表皮を切除します。それぞれの皮弁を乳頭直下に作成したトンネルの下を通して交差させ、再陥没を予防します。傷あとは乳輪内におさまり目立ちにくい方法です。
グレード3に対しては酒井法を用いて手術を行います。乳頭を中央で切開し、内部の繊維組織を処理します。切開部の両サイドに笹の葉状の皮弁を作成し、表皮を切除します。両側から皮弁を交差させ再陥没の予防をします。

陥没乳頭 Q&A

術後は痛いですか?どのくらいで仕事に復帰できますか?

触れると軽い痛みはありますが、日常生活は翌日から普通におくれます。仕事は翌日から通常通り可能です。

運動はいつからできますか?

運動は抜糸までの1週間ほど控えていただいております。

手術は痛いですか?

基本的に静脈麻酔で行っておりますので、術中痛みを感じることはありません。ご希望に応じ局所麻酔で行うこともあります。

傷は目立ちますか?

乳頭は傷の最も目立ちにくい場所といえます。手術終了時の縫合も形成外科的縫合を行いますので、傷は最小限となります。

授乳に影響しますか?

陥没乳頭の重症度にもよります。授乳にまったく影響ないとは言えない治療なので、機能温存に最大限配慮し、可能な限り乳管を守りながら手術をおこないます。

陥没乳頭 料金

陥没乳頭術 ¥400,000

※価格は全て税別です。

陥没乳頭 術後経過・リスク・副作用・合併症

起こり得る可能性のあることを列挙しております。
当院ではこれらの症状を起こさないよう、それぞれについてしっかりと対策をとり、細心の注意を払い施術を行っております。
万一症状が起きた場合にも対処法をご用意しております。症状の改善を図るよう全力で診療を行います。

術後経過について

手術後の腫れ
手術後およそ7〜14日で引いていきます。完成は約6か月です。
内出血
乳輪周囲〜胸全体が黄色〜紫色になりますが、1〜2週間程度で引いていきます。
術後の違和感・感覚低下
一時的に乳頭の感覚が鈍くなることがありますが、数か月かけて徐々に改善していきます。
傷跡
傷の赤みは数か月かけて薄茶色から白っぽい瘢痕になります。

リスク・副作用・合併症について

埋没した吸収糸の露出
抜糸を行う、または露出部分を切除し対処いたします。
感染
稀ですがどのような手術でも感染のリスクがあります。感染が起きた場合、抗生剤による治療や、膿がたまっている場合は小切開排膿を行い、感染源の摘出が必要となる場合があります。
血腫
手術後に血が溜まって乳頭や乳輪が腫れることがあります。血が溜まったままにしておくと感染やしこりを作る恐れがあります。必要に応じて、溜まった血液を排出する処置をいたします。
乳頭の壊死
乳頭の血行が悪くなると壊死が起きることがあります。タバコはお控え下さい。部分的な壊死の場合、経過とともに治癒し目立たなくなります。やや大きい範囲で壊死をきたした場合は乳頭再建術が必要となる可能性があります。
再発
乳管の癒着が強い場合、手術後に再発する可能性があります。再発が起きた場合は再度より効果を出すための手術を行います。
効果が少ない
乳管が短く十分に引き出せない可能性があります。必要に応じ再度より効果を出すための手術を行います。
左右差
切除する組織の量や元々の左右の位置づれでの左右差が生じることがあります。術前のデザイン時、できる限り左右の大きさを合わせるように調整はしておりますが、もともと左右差が大きい場合は、術後も左右差が残りやすくなります。人の身体は元々左右差があるため、完全な左右対象は困難です。手術で修正可能な場合、修正手術を行います。

陥没乳頭 最新情報

© 2018 Primo All rights reserved.