シリコンプロテーゼの適切な大きさについて|豊胸・バストアップ | プリモ麻布十番クリニック

豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン)の解説コラム

シリコンプロテーゼの適切な大きさについて

プロテーゼのサイズ選択は豊胸術において関心の高いポイントのひとつです。

プロテーゼの大きさについて

プロテーゼのサイズ選択は豊胸術において関心の高いポイントのひとつです。折角行っても、小さすぎ、あるいは大きすぎては満足度が下がってしまいます。

事前に計測を行いサイズを決める、あるいはプロテーゼのサンプルを下着の中にいれてみてサイズを決めるなどの方法もありますが、当院では最も確実に最適なサイズを決めることができる手術中自己決定法を用いております。

サイズの選択における注意点

皮膚の伸展性 皮下脂肪の厚み 体の幅(体格) 授乳歴など、術前の診療の際に上記の状態を診断したうえで最適な大きさの目安を決めます。

プロテーゼの大きさを最終決定するにあたり大事な点として、どのくらいのバストサイズを希望しているか、その大きさを得るためにどの程度の不利益な点を受け入れられるか、ということがあります。

体型に合っていない大きすぎるプロテーゼを入れた場合、見た目にわかるバストの変形をきたしたり、中央でプロテーゼが接して不自然な谷間が生じたりすることがあります。また、リップリングというプロテーゼ表面の波うちが分かりやすかったり、感覚神経を障害してしびれ、感覚低下を生じたりと、無理して大きなサイズを選ぶとそれによる不利益が生じてしまいます。通常そういった合併症を生じないサイズを推奨いたします。

また反対に、控えめなサイズを選びすぎても不満足な結果につながってしまいます。

当院の方法

もっとも確実にイメージ通りの大きさを選択するために、当院では術中にご自身でサイズを確認していただき、最適なサイズを納得して選択する方法を採用しております。

まずは術前の診察、計測から体形に合ったベストなサイズを提案させていただき、それよりも大きいものが良いのか、小さくて良いのかを、手術中マンマリーサイザーを用いてサイズを変化させ、ご自身で選択していただきます。静脈麻酔からは完全に覚めた状態で見ていただきますので、しっかりとはっきりと選択することができます。優柔不断な性格の方は自分一人で選ぶのが心配な場合、ご家族、友人の方などと手術室でご一緒に相談しながら選択していただくことも可能です。

我々スタッフもプロとして適切なアドバイスをさせていただきますので、最適なサイズの選択が後悔なく行えます。

マンマリーサイザーの様子を動画でもご覧いただけます

サイズのラインナップ

当院では100cc台後半から300ccまでのプロテーゼを常時取り揃えております。

それを超えるようなご希望の場合は事前に発注が必要となり、2~3週間程度のお時間が必要です。

ドクターが答える深掘りQ&A

人によって違うと思いますが、プロテーゼによる豊胸術を選択する方がもっとも多く選ばれているサイズはどのサイズでしょうか

当院での豊胸術においては200cc台前半が一番多いですね。サイズとしては2カップくらいのサイズアップになります。続いて人気が高いのが200cc台後半です。

当院では300cc、400ccといった大きめのプロテーゼの症例も多いので、ご希望の方はカウンセリングでお申し出ください。

400ccを超えるサイズを入れる場合、大きすぎるということはありませんか? また一般的にバッグサイズが大きくなればなるほどオペに技術が必要でしょうか

400ccというとかなり大きめのプロテーゼになります。ここまで大きくなると人によっては体とのバランスが悪くなってしまう可能性があります。

体に対して不釣り合いな大きいプロテーゼを入れると、見た目も不自然になってしまうリスクがあり、被膜拘縮や位置異常などのトラブルも少し可能性が上がり、場合によっては入れ替えが必要になってしまうこともあるようです。

大きいプロテーゼを入れる場合、腋の切開口からスムーズに挿入し、胸の神経を傷つけないようにするために技術が必要になりますが、当院では400cc以上の大きいプロテーゼもしばしば対応しています。

50ccの控えめなプロテーゼでまずは様子を見てみたい方など、小さなサイズも用意できるのでしょうか

シリコンプロテーゼの大きさは100cc程度のモノからあります。当院で常時揃えているサイズは100cc台後半からになっています。プロテーゼ豊胸術を希望される方はしっかりサイズアップしたいなど、変化を求められることが多いので、当院では100cc後半から選ばれる方が多いです。まず小さいものを入れてみて様子を見るというような類の手術ではないと考えており、一度の施術で理想の大きさにするために当院では術中サイズチェックで試着感覚で大きさを実際に見てサイズを決定していただいております。

マンマリーサイザーでの調節中、痛みがあるということはありませんか

当院ではマンマリーサイザーを使用するために、静脈麻酔と局所麻酔の一種である硬膜外麻酔を併用しています。

本来、硬膜外麻酔は意識がはっきりしているのですが、手術中は恐怖心もあるため、静脈麻酔を使用して眠ったような状態になっていただきます。

サイズ確認の際には静脈麻酔を止めて意識がはっきりした状態で判断をしていただきますが、この際も患部の痛みをしっかりとブロックする硬膜外麻酔は効いているので、痛みはありません。ご安心ください。

 

マンマリーサイザーはサイズチェック用のプロテーゼですが、実際のプロテーゼを入れた場合、術中確認した見た目通りになると思っていいでしょうか

マンマリーサイザーはバルーンのようなバッグをバストに入れて、サイズを変化させながら大きさを確認していく装置です。

まずは体にあったベストサイズのバッグの大きさを確認していただき、それより大きい方がいいか小さい方がいいかをご判断いただきます。

実際のプロテーゼを入れたときにもほぼマンマリーサイザーで術中確認した通りのイメージに仕上がり、術後、イメージと違ったということがなくなります。

大きさはもちろん、乳房の高さ(横からみた美しさ)にこだわる患者さんにはどのような提案をしていますか

シリコンプロテーゼの種類には大きさの違いだけではなく、プロファイルと呼ばれる高さの違いもあります。

平べったいロープロファイル、中間のモデレートプロファイル、高さのあるハイプロファイルなどです。当院ではご希望の応じすべてのプロファイルを対応いたします。

高さのあるバストにしたいという方にはハイプロファイルが適していますが、もともとの体形によってはやはり見た目がやや不自然になってしまう可能性があります。

ロープロファイルはボリューム感があまり出ないので、当院では使用することはほとんどありません。

実際にはほとんどの方が中間であるモデレートを選ばれますが、ご本人の希望と体とのバランスを考えて、ベストなサイズ・高さのプロテーゼ選びをご提案しています。

豊胸・バスト整形 最新情報

2020年3月12日 in 豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン)

BX シリコンプロテーゼによる豊胸術後1ヶ月の経過写真

手術前の正面です。 バストを大きくしたいというご要望から、 ... Read More
2020年2月22日 in 豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン)

BX シリコンプロテーゼによる豊胸術後2週間の経過写真

手術前の正面です。 バストを大きくしたいというご要望から、 ... Read More
2020年2月14日 in 豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン)

BX シリコンプロテーゼによる豊胸術後1週間の経過写真

手術前の正面です。 バストを大きくしたいというご要望から、 ... Read More

© 2018 Primo All rights reserved.

メールで相談 カウンセリング予約 0120-062-069