おとがい形成術(アゴ骨切り術) | アゴ整形 | アゴの輪郭形成 | プリモ麻布十番クリニック

診療のご案内

おとがい形成術(アゴ骨切り術)

アゴの輪郭の改善するため、下顎骨のおとがい部分を短縮したり、前に出したり、後ろに下げたりすることができます。

おとがい形成術 当院の特徴

口腔内から主に手術操作を行うため、傷はほとんど分からなく治癒します。

下顎骨おとがい部(アゴ)を安全に形成します。

手術は気道の確保を安全に行うため、全身麻酔下におこないます。

おとがい形成術 方法

口腔内からアプローチし、下顎骨骨膜下に剥離しおとがい部(アゴ)の骨を露出展開します。

長いアゴを短くする場合、おとがい神経を保護しながら、ボーンソーにより下顎骨を切断します。

エラへの移行部をなだらかに形成し、おとがい部は前に出す量を決めチタンプレートで固定します。

アゴがとても小さく、後退している場合、

下顎骨が小さく傾斜があるため、単にプロテーゼを入れるだけで前に出そうとすると

アゴが少し下方向にも延長されます。

そうすると顔が大きくなったり、アゴが長く感じる可能性があります。

そういった場合、下顎骨を中抜きし、下の骨片を上に持ち上げながら前に出す方法を用いることで、より美しい形態を得ることができます。

おとがい形成術 症例写真

J 頬フェイスリフト+オトガイ形成術+アゴプロテーゼ手術 症例経過写真

J 頬フェイスリフト+オトガイ形成術+アゴプロテーゼ手術 症例経過写真

頬のたるみを改善し、アゴのラインをシャープにしたいというご要望から、当院で頬フェイスリフト+オトガイ形成術+アゴプロテーゼ手術を行いました。

費用(税込、麻酔代別)
頬部フェイスリフト¥990,000
頬顎脂肪吸引¥440,000
おとがい形成術(アゴ骨切り術)¥1,100,000
アゴプロテーゼ¥385,000
特別注文プロテーゼ+¥110,000
リスク・副作用(起こり得る可能性のあること)
腫れ、内出血、違和感、傷跡、血種、感覚異常、顔面神経麻痺、埋没した吸収糸の露出、皮膚の壊死、肥厚性瘢痕、耳介変形、左右差、創の赤み、盛り上がり、かゆみ、皮膚の張りの低下、吸引部位のしびれ、知覚低下、開口制限、段差、プロテーゼの動揺、位置異常、骨吸収
A おとがい形成術 症例経過写真

A おとがい形成術 症例経過写真

アゴ先が長く、前に出ているのを気にされ、 当院でおとがい形成術を行いました。 上下方向で6.0mm幅を短くしています。 すべて口腔内から手術を行っております。

費用(税込、麻酔代別)
おとがい形成術(アゴ骨切り術)¥1,100,000
リスク・副作用(起こり得る可能性のあること)
腫れ、内出血、傷跡、血種、感覚異常、開口制限、たるみ、神経麻痺、段差、左右差

おとがい形成術 Q&A

手術後の腫れはどのくらいでひきますか?

手術後およそ2週間でひいてしまいます。

お化粧はいつからできますか?

輪郭の手術後、傷は顔にありませんので翌日から化粧を行ってもOKです。

手術は痛いですか?

手術は基本的に全身麻酔で行っておりますので、痛みを感じることはありません。術後の痛みも強力な鎮痛剤を処方しておりますので、それほど痛みを感じることはありません。

全身麻酔で手術を行う理由はなんですか?

手技が細かく、ポイントの多い手術で、2〜3時間ほどの手術時間を要します。その間の気道を確実に確保し、手術を安全に遂行するために全身麻酔で行っております。大きな痛みを伴う手術ではなく、麻酔の濃度は低く維持されますので、術後2〜3時間回復室でお休みいただき帰宅可能です。

傷は目立ちますか?

おとがい形成術(アゴ骨切り術)は、ほとんど口の中から手術をおこないます。口腔内の傷は見えにくく、傷も目立ちにくく治る部位といえます。

おとがい形成術 料金

おとがい形成術(アゴ骨切り術)   ¥ 1,100,000

※価格は全て税込です。

おとがい形成術 術後経過・リスク・副作用・合併症

起こり得る可能性のあることを列挙しております。
当院ではこれらの症状を起こさないよう、それぞれについてしっかりと対策をとり、細心の注意を払い施術を行っております。
万一症状が起きた場合にも対処法をご用意しております。症状の改善を図るよう全力で診療を行います。

術後経過について

手術後の腫れ
手術後およそ7〜14日で大きな腫れは引いていきます。浮腫みは2〜3週間気になる場合があります。完成は約6か月です。
手術後の内出血
稀に出現することがあります。1〜2週間で消失していきます。
傷跡
口腔内の傷は見えにくく、傷も目立ちにくい部位ですが、歯磨きの際には当てないようにし、毎食後うがいをして下さい。
感覚異常
頤の感覚が鈍くなることが稀にありますが多くは一時的です。通常は手術後半年までに自然回復していきます。
開口制限
術後手術の炎症などの影響から口が開きにくくなりますので、開口訓練を行います。これにより徐々に開いていきます。

リスク・副作用・合併症について

感染
稀ですがどのような手術でも感染のリスクがあります。感染が起きた場合、抗生剤による治療や、膿がたまっている場合は小切開排膿を行い、感染源の摘出が必要となる場合があります。
血腫
血腫を生じると除去が必要な場合があります。
たるみ
下顎骨を大きく縮小すると、皮膚のたるみが出現することがあります。フェイスリフト手術、注入などで対応いたします。
神経麻痺
極稀ですが、口周囲の表情筋を支配する顔面神経が損傷すると麻痺が出現することがあります。無理して短くしたり整える場合に、稀に頤神経の麻痺が残ることがあります。
顎が長すぎる、短すぎる
骨、皮膚、粘膜やその他の要因により、できる縮小、幅の調整には限界があります。手術で修正可能な場合、修正手術を行います。
段差
骨の微妙な段差が生じることがあります。手術で修正可能な場合、修正手術を行います。
左右差
人間の身体は元々左右差があるため、手術においても完全な左右対象を保証することは困難です。手術で修正可能な場合、修正手術を行います。

おとがい形成術 最新情報

2021年4月4日 in おとがい形成術(アゴ形成術), アゴプロテーゼ, フェイスリフト, 輪郭整形

J 頬フェイスリフト+オトガイ形成術+アゴプロテーゼ手術後6ヶ月の経過写真

手術前の正面です。 頬のたるみを改善し、アゴのラインをシャー... Read More
2021年1月4日 in おとがい形成術(アゴ形成術), アゴプロテーゼ, フェイスリフト, 輪郭整形

J 頬フェイスリフト+オトガイ形成術+アゴプロテーゼ手術後3ヶ月の経過写真

手術前の正面です。 頬のたるみを改善し、アゴのラインをシャー... Read More
2020年12月4日 in おとがい形成術(アゴ形成術), アゴプロテーゼ, フェイスリフト

J 頬フェイスリフト+オトガイ形成術+アゴプロテーゼ手術後2ヶ月の経過写真

手術前の正面です。 頬のたるみを改善し、アゴのラインをシャー... Read More

監修医師

当院の形成外科専門医による監修のもと、医療広告ガイドラインに準じて、WEBサイトを運営しております。

大場教弘 理事長/院長

資格・所属学会

医学博士

日本形成外科学会認定 形成外科専門医

日本美容外科学会認定 美容外科専門医(JSAPS

日本美容外科学会認定 美容外科専門医(JSAS

厚生労働省麻酔科標榜医

国際美容外科学会(ISAPS)正会員

アメリカ形成外科学会(ASPS)国際会員

頭蓋骨顔面外科学会会員

日本レーザー医学会会員

経歴

1996年 大阪市立大学医学部卒業

1996年〜1999年 大阪市立大学医学部付属病院 形成外科

1999年〜2003年 大阪市立大学大学院医学研究科

2003年〜2005年 大阪市立大学医学部付属病院 形成外科

佐野記念病院 形成外科(非常勤)

大東中央病院 形成外科(非常勤)

2005年〜2008年 リッツ美容外科 東京院

2009年〜 プリモ麻布十番クリニック

2011年 医療法人社団プリモ 理事長

2020年 神戸大学医学部附属病院 美容外科 非常勤講師

神戸大学医学部附属病院 美容外科

2020年〜 プリモ麻布十番クリニック 理事長、院長兼務

© 2018 Primo All rights reserved.

メールで相談 カウンセリング予約 公式LINE 0120-062-069