診療のご案内

QスイッチYAGレーザー

ルートロニック社製QスイッチYAGレーザーSPECTRA(スペクトラ)は、FDAが認可した安全な治療機器です。

532nm、1064nmの2つの波長が選択できます。532nmの波長は表在性色素病変に、1064nmの波長は深在性病変に威力を発揮します。

しみ、あざ、刺青の治療、色素沈着、毛穴の開きや赤ら顔、毛細血管拡張症の治療、ニキビ治療、肝班の治療を効果的に行うことができます。

従来製品のレーザービームは照射部位に対し、中心部のエネルギーが一番高く、外側になるほど弱く照射されます(ガウシアンモード型)。そのため中心部は炎症を起こし、外側は弱くなり効果があまり期待できませんでした。ルートロニック「スペクトラ」は、トップハットモードで照射径内へ均一にレーザービームが照射されるので、安定した効果が期待できます。
他社のQスイッチレーザーに比べると、パルス幅が短く、ピークパワーが高く、正常組織のダメージを最小限に抑える事ができます。

QスイッチYAGレーザー 当院の特徴

しみ

刺青

にきび

肌のくすみ

そばかす

肝班

毛穴の開き

QスイッチYAGレーザー 方法

01

洗顔でメイクを落としていただきます。

02

医師がお肌の状態をチェック。

03

ベッドに横になり、眼のまぶしさをやわらげるゴーグルを載せます。

04

お肌の状態に合わせた波長のレーザーをあてます。

05

軟膏を塗布し保護のテープを貼付いたします。

QスイッチYAGレーザー 症例写真

雀卵斑
Tatoo(1064nm)

QスイッチYAGレーザー 料金

シミ 1cm2 ¥10,000
(1shot ¥2,500)
刺青 (長径cm+短径cm)×¥10,000
(または1shot ¥500)
レーザートーニング 顔全体 1回 ¥24,000
肝班部 1回 ¥16,000

※価格は全て税別です。

QスイッチYAGレーザー 術後経過・リスク・副作用・合併症

起こり得る可能性のあることを列挙しております。
当院ではこれらの症状を起こさないよう、それぞれについてしっかりと対策をとり、細心の注意を払い施術を行っております。
万一症状が起きた場合にも対処法をご用意しております。症状の改善を図るよう全力で診療を行います。

術後経過について

施術後の痛みと赤み
直後は赤くただれたようになり、ひりひりした痛みも伴います。通常2〜3時間程度で痛みは収まってきますが、稀に翌日、2日目までひりひりした感じが続く方もいっしゃいます。
かさぶた
通常は2〜3日でかさぶたが作られます。日常生活(洗顔や入浴)を送るうちに1〜2週間
で自然に剥がれ落ちていきます。絶対にこすったり爪で引っかいたりしないでください。
施術後の日焼け予防
直後〜医師の指示があるまでの間は、SPF30以上の日焼け止めを使用し、こまめに塗りなおしてください。レジャーに行かれる時や、長時間野外にいる場合にはSPF50+++の日焼け止めを使用し、帽子や日傘なども併せて使用することをおすすめいたします。
洗顔
直後から優しく洗顔して頂く事は可能です。しかし、かさぶたが形成されているのでススクラブ洗顔や、ピーリング石鹸の使用は1か月程度控えてください。

リスク・副作用・合併症について

シミが濃くなる(色素沈着)
特に黄色人種の肌の場合、レーザー照射後に治療前よりも病変の色が濃くなってしまうことがあります。
肝斑が隠れていたり、照射後に日焼けをするなどで治療前よりも病変の色が濃くなってしまうことが稀にあります。

*対処方法
ハイドロキノンや、ディフェリンというお肌の漂白剤や、ターンオーバーを促す塗り薬を使用したり、内服薬(ビタミンC、トラネキサム酸など)を使用したりすることで早期の改善が見込めます。
効果が実感できない
稀に1回の治療だけでは効果を実感しづらい患者様もいらっしゃいます。肌の状態によっては安全のためパワーを落とし照射しなければならないこともございます。

*対処方法
肌のコンディションを整えるよう治療し、次回照射時にパワー設定を見直し照射を行います。
瘢痕
照射パワーを上げることで深いやけどになり瘢痕形成をきたすことがあります。刺青を除去する際などで稀に起きることがあります。
刺青が残る
刺青の濃さ、深さ、色などによってすべて除去しきれないことがあります。

QスイッチYAGレーザー 最新情報

2013年9月4日 in QスイッチYAGレーザー, お知らせ, しみ・くすみ治療, にきび治療, 刺青除去術(タトゥー除去)

YAGレーザーSPECTRAを導入

No related posts.

Read More

© 2017 Primo All rights reserved.